乾燥肌対策におすすめの美容液とは?

乾燥肌対策におすすめの美容液とは? post thumbnail image

加齢やライフスタイルなどの内部的な要因、紫外線ダメージや外気の乾燥などの外部的な要因によって乾燥肌は生じます。乾燥肌の予防や改善のためには、「肌の水分を保持する」はたらきを十分に発揮してくれる、美容液を活用することが大切になります。

そこで今回は、乾燥肌におすすめの美容液についてご紹介します。

乾燥肌対策の美容液の選び方

乾燥肌対策の美容液で重要視するポイントは、保湿力と安全性です。

乾燥肌には、保湿力の高い処方の美容液を選ぶことはもちろん、バリア機能が低下して刺激に弱くなっているので、低刺激で安全なものを選びましょう。

おすすめの保湿成分としては、まず、ヒト型セラミドがあげられます。

セラミドは、保湿成分の代表格であり、とても高い保湿効果があることで有名ですが、なかでもヒト型セラミドは、もともと人が持っているセラミドに近い構造でできており、肌のラメラ構造を形成するサポートをします。

低刺激なのでバリア機能が低下した乾燥肌や敏感肌、インナードライ肌の方にもおすすめです。

また、スフィンゴシン、コレステロール、水添レシチンなどはセラミドに近い成分で、水溶性のセラミドとしてグルコシルセラミドやユズセラミドがあります。

ヒアルロン酸と同等あるいはそれ以上の保湿力があることで知られているプロテオグリカンもおすすめです。

I型コラーゲンとヒアルロン酸を増やすデータなどが基礎試験で示されており、保湿だけではなくエイジングケア効果も期待できます。

ほかにも、表皮で水分を抱え込むタイプの保湿成分であるヒアルロン酸やコラーゲン、水分を吸着する保湿成分のグリセリンやアミノ酸もおすすめです。

一方、保湿剤として美容液に配合されることがあるPGは、刺激が比較的強い成分です。

アルコールは、刺激が強めで、蒸発するときに水分も一緒に持っていってしまう特徴があります。

合成香料や合成着色料の中には、刺激性のある成分もあります。オーガニック成分や植物由来の成分は、植物本来の力が強ければ刺激性も高くなります。

また、美容液に配合されているフェノキシエタノールやパラベンなどの防腐剤は安全性が高く、美容液の品質保持のために最低限の濃度しか配合されていませんが、乾燥肌にとっては刺激になってしまう可能性があります。

これらの成分が配合された美容液は、乾燥肌の方は避けた方がよいでしょう。

乾燥肌対策におすすめの美容液

乾燥肌対策におすすめの美容液は、「ナールス ネオ」です。特に、肌が薄いため乾燥しやすく刺激に弱い、目元や口元に使う美容液としておすすめです。

保湿成分では、プロテオグリカン、6種のヒト型セラミド、9種のアミノ酸を配合しています。保湿成分に加え、ナールスゲン、ネオダーミル、2種のビタミンC誘導体、複数の抗酸化成分などのエイジングケア化粧品成分も配合しています。

さらに、レスベラトロール、ブドウ葉/種子/皮エキス、アセチルデカペプチド-3の3つの成分を追加し、抗酸化と抗シワが強化されました。

一方、無香料・無着色、旧指定成分は配合しておらず、パラベンフリー、フェノキシエタノールフリーに加え、アルコール性防腐剤無添加で、アルコールフリー化粧品です。

まとめ

乾燥肌対策において、保湿成分が凝縮された美容液はとても重要なアイテムなので、配合成分をしっかりチェックして選びましょう。

また、美容液でスキンケアをしながら、同時に食事や運動など身体の内側からも乾燥肌対策のサポートをして、総合的にケアしていくことも大切です。

Related Post

Finding a New DentistFinding a New Dentist

Have you been scared of the dentist? Do you see closing your visit days before, or not arriving at all? Do you are feeling dependent and uncomfortable in the cleaning

エイジングケアは早めがおすすめエイジングケアは早めがおすすめ

エイジングケアっていつから始める? みなさんは、すでにエイジングケアを始めていますか? それとも、まだ若いので必要ないと思っていますか? 「エイジングケアって何歳から始めればいいのか」は、20代後半〜30代前半くらいの女性にとっては大きな関心事ではないでしょうか。 また、始めようと思い立っても、どんなエイジングケア化粧品を選べばいいのか、迷ってしまいますね。 そこで、この記事では、「エイジングケアは早めがおすすめ」というテーマで、エイジングケアはいつから始めれば良いのか、エイジングケア化粧品の選び方、また効果的な進め方などを幅広くご紹介します。 エイジングケアの定義とは? 「エイジングケア(Aging Care)」は、一般的な意味・定義では、「年齢に応じたお肌のお手入れ」のことをいいます。 男性であれ女性であれ、からだやお肌は年齢とともに衰えます。 これが老化ですが、お肌では30代前後からシワやシミをはじめ、ほうれい線、毛穴のたるみや開き、くすみなどが目立ち始めます。 エイジングケアとは、加齢にともなう肌老化を意識して行うスキンケアや化粧品によるケアのことです。 ただし、エイジングケアを「スキンケア」の範囲だけの言葉としてとらえると、お肌が健やかで若々しい状態でいることについての情報の範囲が狭まってしまいます。 なぜなら、お肌もからだの一部である以上、化粧品やスキンケアだけで老化を予防することはできないからです。 エイジングケアとは、単なる「化粧品によるケア」だけではなく、それ以外の心身のケアを含めた広い範囲で考え、「ゆっくりと健やかに歳をとれるように、からだやお肌のことを考えた生活を続けること」ととらえるといいでしょう。 始めるタイミングは? 「最近、どうも “しわ” が目立ってきたのでは・・・?」 「去年はなかった “しみ” が、今年は気になる・・・」 こんな経験は多くの女性にあるでしょうし、目で見て気になることがあってから、エイジングケアを考える方も多いのではないでしょうか? しかし、こうしたエイジングサインの前兆は、自分で気付く前から始まっています。 日々の生活習慣や誤ったスキンケアが原因で、知らず知らずのうちに、エイジングを進行させてしまっているケースがあるのです。 エイジングケアのポイントは、それを意識するかどうかは別として、年齢に関係なく、正しい生活習慣や正しいスキンケアを実践し続けることです。 もし、悪い生活習慣があるなら、今すぐやめるべきですし、間違ったスキンケアに気付いたら、すぐに改めるべきですね? だから、「エイジングケアを始めるタイミングは?」といえば、答えは「今」。 つまり、その必要性を感じた時が、エイジングケアを始めるタイミングなのです。 すでにしわやしみが目立ってしまっていても、「もう遅い」とあきらめるより、前向きに考えてエイジングケアに取り組むことは、心身の健康にもお肌にもよいことです。

人気のプロテオグリカンってどんな成分?人気のプロテオグリカンってどんな成分?

最近、プロテオグリカン配合の化粧水や美容液をよく見かけますが、プロテオグリカンとはそもそもどんな成分なのかご存じですか? そこで今回は、プロテオグリカンとはどんな成分なのかご紹介します。 プロテオグリカンとは? プロテオグリカンは、1970年に多糖類であるグリコサミノグリカンの研究中に発見された、たんぱく質と糖が結合してできた成分です。 ある特定のたんぱく質に何本かの糖鎖であるグリコサミノグリカンが結合しているものの総称を「プロテオグリカン」と呼んでいます。そのため、グリコサミノグリカンを構成している糖鎖の種類によって、プロテオグリカンもいくつかのタイプに分類されます。 プロテオグリカンは、脳、皮膚、臓器などを身体全体の組織中にあり、軟骨の主成分でもあります。 真皮では、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどと一緒に、肌のハリや弾力のもとになる細胞外マトリクスを形成しています。 細胞外マトリクスは、細胞と細胞の間を埋めて皮膚の構造を支えたり、毛細血管から出た酸素や栄養素、ホルモンなどを一旦保持して、必要なものが必要な場所に移動できるようにはたらいたりしていますが、肌老化により細胞外マトリクスが衰えると、この機能も低下します。 そのため、細胞外マトリクスであるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸とともに、プロテオグリカンは、エイジングケアにとって大切なのです。 プロテオグリカンのはたらき プロテオグリカンは、単体としても、肌のエイジングケアや身体のアンチエイジングにとって重要な役割を担っています。 まず、グリコサミノグリカンが水分を吸収することで、ヒアルロン酸と同等か、それ以上の高い保湿効果を発揮します。 また、コラーゲンとヒアルロン酸を増やすはたらきもあります。コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンは真皮にあって、肌のハリやツヤ、弾力を維持するために異なるはたらきがあるので、どれも大切な成分です。 そのため、プロテオグリカンの、コラーゲンとヒアルロン酸を増やすはたらきは、エイジングケアにとって重要です。 さらに、細胞の成長促進をつかさどる因子であるEGFの様にはたらく、EGF様作用という機能があります。EGFが20代後半から急激に減少すると、ターンオーバーが遅くなって、肌老化をもたらす一因になりますが、プロテオグリカンがEGFの様にはたらくことで、アンチエイジングの効果が期待できるのです。 ほかにも、ひざなどの関節では、軟骨にあるプロテオグリカンは、外からかかる力を緩衝するクッションとしてのはたらきや、骨と骨の間の潤滑油的なはたらきがあります。また、抗酸化作用や、体内で炎症を起こす細胞の生成を抑える炎症抑制作用があることもわかっています。 まとめ エイジングケア化粧品成分として人気のプロテオグリカンが、肌のハリツヤ、弾力をキープするために大切な成分であることがお分かりいただけたと思います。 乾燥肌対策やエイジングケアにプロテオグリカン配合の化粧品を取り入れて、美肌づくりをしましょう。

エイジングケアを始めるのは今!エイジングケアを始めるのは今!

多くの場合、30代前後から、たるみ、ほうれい線、毛穴、しみ、しわなどのエイジングサインが気になってきます。 では、このようなエイジングサインが気になってからエイジングケアを始めればよいのでしょうか? また、肌老化が進行してからエイジングケアをしても意味がないのでしょうか?そこで今回は、エイジングケアを始めるタイミングについてご紹介します。 エイジングケアを始めるタイミング エイジングサインの前兆は、自分で気付く前から始まっています。 日々の生活習慣や誤ったスキンケアが原因で、知らず知らずのうちに、エイジングを進行させてしまっているケースがあるのです。 肌の内部では、エイジングサインが目に見える前から老化が始まり、肌のハリやツヤ、キメや透明感をキープするために必要な成分が減り始めています。 25歳になるとセラミド、コラーゲン、エラスチンなどが少しずつ減りはじめ、30歳ではコラーゲン、エラスチンの減少は顕著になり、肌の水分量や皮脂量も減ってきます。 だから、一般的な目安としては、30歳前後でエイジングケアを始めるのがよいのではないでしょうか。 一方、すでにしわやしみが目立ってしまってからでも、エイジングケアを始めるのに遅いことはありません。 なぜなら、肌の老化を遅らせたり、エイジングサインを目立たないようにしたりすることは可能だからです。 エイジングケアのポイントは、年齢に関係なく、正しい生活習慣や正しいスキンケアを実践し続けることです。 したがって、エイジングケアを始める時期は、自分がそれを意識した瞬間なのです。 エイジングケア化粧品を使うメリット 肌の老化の状況は人それぞれなので、エイジングケア化粧品を使い始める年齢に決まりはありません。 また、洗顔、紫外線対策、保湿が十分で、肌が健やかな状態をキープできていても、エイジングケア化粧品を使う意義はあります。 1つには、エイジングサインが目立つ前からエイジングケア化粧品を使うことで、よりエイジングケアを意識することができるから。 もう1つは、エイジングケア化粧品には、機能性の高い成分が配合されるケースが多く、それが肌悩みの予防や改善に期待できるからです。 エイジングケア化粧品は、ターンオーバーの正常化に役立つ、バリア機能の維持に役立つ、抗酸化に役立つ、コラーゲンやエラスチンなどのサポートに役立つ、刺激が少ないということを意識して選ぶのがポイントです。 これらの効果が期待できるおすすめのエイジングケア化粧品成分は、ナールスゲン、ビタミンC誘導体、プロテオグリカン、ヒト型セラミド、ヒアルロン酸、シアバター、スクワランです。 まとめ エイジングケアを始めるタイミングは「今」です。 おすすめの成分が配合された化粧品でエイジングケアするだけでなく、スキンケアの基本である、清潔・保湿・紫外線対策や、美肌のための食生活など正しい生活習慣も心がけて、いつまでも健やかで美しい肌をキープしましょう。