ノンケミカルの日焼け止めのメリット

ノンケミカルの日焼け止めのメリット post thumbnail image

日焼け止めはノンケミカルが人気?

紫外線対策の必須アイテムである日焼け止め。

ただし、サンバーンや光老化を防ぐ一方で、肌への負担もあります。

だから、バリア機能の低下している敏感肌やインナードライ肌、乾燥肌などの肌質の方やエイジングケア世代にとっては優しいタイプを選ぶことが大切です。

そこでおすすめの日焼け止めが、紫外線吸収剤不使用のノンケミカルのタイプ。

肌に優しいことに加え、使い勝手がよいものも増えてきたので、最近では人気が高くなっています。

では、ノンケミカルの日焼け止めにはどんなメリットがあるのでしょうか。

この記事では「ノンケミカルの日焼け止めのメリット」をテーマに、ノンケミカルの日焼け止めの特徴や効果、また選び方のポイントについて詳しくご紹介します。

ノンケミカルの日焼け止めとは?

日焼け止めの成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

この成分のうち、紫外線吸収剤を使わず、紫外線散乱剤だけを使った日焼け止めがノンケミカルです。

紫外線散乱剤は、お肌の上で紫外線を跳ね返して散乱させる成分です。

代表的な成分としては、酸化チタンや酸化亜鉛、酸化鉄、酸化セリウムなどがあります。

ノンケミカルの日焼け止めは、ノンケミカル処方やノンケミ処方と呼ばれることもあります。

ノンケミカルの日焼け止めのメリット・デメリット

メリットは、次の3つです。

① 肌への負担が少ない

ノンケミカルの日焼け止めは、紫外線を反射させても熱や刺激が少ないことが特徴。

お肌への負担が少ないことが大きなメリットで、乾燥肌や敏感肌の方にも使いやすい日焼け止めです。

② 幅広い波長に対応

波長の長いUVAは、肌の奥まで浸透し、シミやたるみによるほうれい線、シワの発生に大きく関わっています。

中でもロングUVAは真皮の奥まで浸透します。UVBは、肌が赤くなる日焼けの主な原因と考えられています。

ノンケミカルの日焼け止めは、UVA、UVBの両方の幅広い波長の紫外線に対応できることがメリットです。

さらに、最近では酸化セリウムや酸化鉄配合のものでは、ブルーライトをカットできるものもあります。

③ 効果が長持ち

ノンケミカルの日焼け止めは、化学変化を起こさないので、効果が長持ちする点は嬉しいポイントの一つです。

汗で落ちたりタオルで拭ったりしない限り、塗り直す必要はありません。

デメリットとしては、白浮きやベタつきといった「使用感が悪い」こと、ケミカルの日焼け止めに比べて「紫外線防御効果があまり高くない」といった点が挙げられます。

ノンケミカルの日焼け止めの選び方は?

ノンケミカルの日焼け止めの選び方のポイントをご紹介します。

パッケージに「紫外線吸収剤不使用」や「ノンケミカル」と表示されていますので、まずは、ノンケミカルであることを確認しまししょう。

ただし、いまやノンケミカルの日焼け止めといっても、さまざまです。

SPFやPAが高くて、紫外線ブロック力の高いものもありますし、テクスチャーも改良されて塗り心地がよく、白浮きしにくいものもあります。

基本的には、SPFとPAをチェックすることと全成分表示をチェックすることが大切です。

その上で、次のポイントをチエックして選びましょう。

◎紫外線ブロック力

季節、使用シーン、ライフスタイルなどで、必要な日焼け止めの紫外線ブロック力が異なります。

ご自身が紫外線をブロックするのに十分なノンケミカルの日焼け止めを選びましょう。

◎好みのテクスチャーや使い心地

最近では、ノンケミカルの日焼け止めのテクスチャーや使用感も改良が進んできます。

さらっと伸びるクリームタイプやすっと馴染みやすいジェルタイプなどがあります。

◎保湿や抗炎症効果

ノンケミカルの日焼け止めには、保湿成分が配合されたタイプもあり、お肌の潤いをキープするのに役立ちます。

◎エイジングケアができる

エイジングケア世代の方には、エイジングケアができることも大切な要素です。ナールスゲンやビタミンC誘導体など、お肌の酸化を防ぐエイジングケア化粧品成分がおすすめです。

◎余分な成分が含まれていない

合成香料や着色料、アルコールなど、人によっては肌に負担がかかるような成分があります。

これらの成分が無配合の日焼け止めを選ぶようにしましょう。

おすすめのノンケミカルの日焼け止めって?

おすすめは、京都大学と大阪市立大学で共同開発されたナールスゲンを推奨濃度で配合した「ナールス ヴェール」。

ノンケミカルですが、SPF50+、PA++++という高いUVカット力を実現しています。

ナールス ヴェールの特徴を整理すると、次のとおりです。

 SPF50+&PA++++でどの季節でも日常生活や外出時の紫外線をしっかりカット

 敏感肌の方にもオススメのノンケミカル&ノンパラベンでお肌に優しい処方

 お肌になじみやすい独自処方の肌色で白浮きしない

 べとべとしないノンオイリー処方でとても軽いつけ心地

 汗や水でもメイクが崩れにくいウォータープルーフ処方

 ナールスゲン&ビタミンC誘導体配合でエイジングケアもできる

 スクワランやグリセリンなどの保湿成分配合でうるおいをキープ

また、ナールス ヴェールにはブルーライトをカットする効果があることもわかっています。

まとめ

紫外線対策の基本アイテム日焼け止めの中でもノンケミカルの日焼け止めについて、特徴やメリット・デメリットについてご説明しました。

また、ノンケミカルの日焼け止めの選び方のポイントをまとめてみました。

さらに、おすすめのノンケミカルの日焼け止め「ナールス ヴェール」についてもご紹介しました。

この記事「ノンケミカルの日焼け止めのメリット」を参考にして、ご自身のお肌にあった日焼け止めを上手に選び、しっかり紫外線対策をしてくださいね!

Related Post

エイジングケアは早めがおすすめエイジングケアは早めがおすすめ

エイジングケアっていつから始める? みなさんは、すでにエイジングケアを始めていますか? それとも、まだ若いので必要ないと思っていますか? 「エイジングケアって何歳から始めればいいのか」は、20代後半〜30代前半くらいの女性にとっては大きな関心事ではないでしょうか。 また、始めようと思い立っても、どんなエイジングケア化粧品を選べばいいのか、迷ってしまいますね。 そこで、この記事では、「エイジングケアは早めがおすすめ」というテーマで、エイジングケアはいつから始めれば良いのか、エイジングケア化粧品の選び方、また効果的な進め方などを幅広くご紹介します。 エイジングケアの定義とは? 「エイジングケア(Aging Care)」は、一般的な意味・定義では、「年齢に応じたお肌のお手入れ」のことをいいます。 男性であれ女性であれ、からだやお肌は年齢とともに衰えます。 これが老化ですが、お肌では30代前後からシワやシミをはじめ、ほうれい線、毛穴のたるみや開き、くすみなどが目立ち始めます。 エイジングケアとは、加齢にともなう肌老化を意識して行うスキンケアや化粧品によるケアのことです。 ただし、エイジングケアを「スキンケア」の範囲だけの言葉としてとらえると、お肌が健やかで若々しい状態でいることについての情報の範囲が狭まってしまいます。 なぜなら、お肌もからだの一部である以上、化粧品やスキンケアだけで老化を予防することはできないからです。 エイジングケアとは、単なる「化粧品によるケア」だけではなく、それ以外の心身のケアを含めた広い範囲で考え、「ゆっくりと健やかに歳をとれるように、からだやお肌のことを考えた生活を続けること」ととらえるといいでしょう。 始めるタイミングは? 「最近、どうも “しわ” が目立ってきたのでは・・・?」 「去年はなかった “しみ” が、今年は気になる・・・」 こんな経験は多くの女性にあるでしょうし、目で見て気になることがあってから、エイジングケアを考える方も多いのではないでしょうか? しかし、こうしたエイジングサインの前兆は、自分で気付く前から始まっています。 日々の生活習慣や誤ったスキンケアが原因で、知らず知らずのうちに、エイジングを進行させてしまっているケースがあるのです。 エイジングケアのポイントは、それを意識するかどうかは別として、年齢に関係なく、正しい生活習慣や正しいスキンケアを実践し続けることです。 もし、悪い生活習慣があるなら、今すぐやめるべきですし、間違ったスキンケアに気付いたら、すぐに改めるべきですね? だから、「エイジングケアを始めるタイミングは?」といえば、答えは「今」。 つまり、その必要性を感じた時が、エイジングケアを始めるタイミングなのです。 すでにしわやしみが目立ってしまっていても、「もう遅い」とあきらめるより、前向きに考えてエイジングケアに取り組むことは、心身の健康にもお肌にもよいことです。