セラミド化粧水とは?セラミドの役割と正しい選び方

セラミド化粧水とは?セラミドの役割と正しい選び方 post thumbnail image

セラミドは健やかな素肌づくりに欠かせない成分。セラミド化粧水の人気も高まっています。でも、セラミドがどうお肌に良いのかをご存知の方は、もしかしたらそんなに多くはないのかもしれません。

そこで、そもそもセラミドとはどんな成分なのか。また、セラミド化粧水とはどんなものなのか。セラミド化粧水の選び方に至るまでお伝えできればと思います。

セラミドってどんな成分?

セラミドは、もともと私たちのお肌に存在する成分です。

皮膚は表皮・真皮・皮下脂肪からできていますが、セラミドは表皮の1番外側の角質層という部分にあります。

角質層にはたくさんの角質細胞があり、その細胞と細胞の間にセメントのようにびっしりと詰まっている角質細胞間脂質というものがあります。

セラミドは、この角質細胞間脂質50%以上を占めおり、細胞と細胞をつなぐとともに、スポンジのように水分や油分を抱え込んで、お肌の保湿を強力にサポートしています。

保湿成分には、

・水分をはさみ込むタイプ

・水分を抱え込むタイプ

・水分を吸着するタイプ

がありますが、なかでも、「水分をはさみ込むタイプ」の水分保持力は、最強といわれています。

セラミドは、この、水分をはさみ込むタイプの保湿成分になります。

セラミド化粧水とは?

セラミド化粧水には、実は決まった定義はありません。

化粧品成分のセラミドを配合した化粧水のことを一般的にセラミド化粧水とよびます。

と言っても、必ずしもセラミドだけが配合されているわけではなく、他の成分も複数配合されているものがほとんどです。

先ほどもお伝えした通り、セラミドは健やかなお肌にとって必要不可欠な成分ですが、年齢とともに減少していきます。

そのため、セラミド化粧水などでセラミドを補うことは美肌のためにもエイジングケアのためにも有効な手段の一つになります。

セラミド化粧水の選び方

セラミドにはいろいろな種類があります。

その中で最もヒト型セラミドは、人のお肌にあるセラミドと同じ構造をしているため、浸透しやすく、高い保湿効果が期待できます。

セラミド配合化粧水を購入するときはヒト型セラミドが入ったものがおすすめです。

また、セラミドが少しでも配合されていたらセラミド化粧水と言うことができます。

ですが、ほんの少ししか入っていなければ、思うような効果が期待できないかもしれません。

そのため、まずはセラミドの配合量を確認しましょう。

また、今さらになるのですが、セラミドは水にも油にもなじみやすい成分ですが、基本的には脂溶性の要素が強いです。

なので、化粧水だけで補おうとせず、美容液や保湿クリームで補う方が効率的です。

このことを踏まえ、セラミド化粧水には水溶性の優秀な保湿成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。

具体的には、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどです。

まとめ

セラミド化粧水は健やかな素肌づくりに役立つアイテムです。

配合されているセラミドの種類や配合量、セラミド以外の保湿成分をチェックして、自分に合う商品を見つけてみてください。

また、セラミドは油に溶けやすいので、化粧水だけではなく、セラミド配合の美容液やクリームを使うことも検討してみてください。

Related Post

マスクが原因でシミができる!しっかりと予防しようマスクが原因でシミができる!しっかりと予防しよう

新型コロナウイルス感染予防の対策として、マスク生活が当たり前になっています。そのマスクが原因のシミに悩んでいる方もいるのでは? そこで今回は、マスクジミの原因と予防の対策をご紹介します。 マスクジミの原因 マスクの摩擦は肌への刺激になり、炎症が起こります。 そして、肌を守るためにメラニンの分泌が増え、色素沈着が起こる、炎症性色素沈着になります。 マスクがこすれやすい目の下から頬骨の上にかけては、リスクが高くなります。毛穴に炎症が起こると、ニキビが悪化し、ニキビ跡の色素沈着でシミになってしまうこともあります。 また、マスクによるバリア機能の低下で、肌荒れやターンオーバーの乱れが起き、シミが目立ちやすくなります。 さらに、マスクでカバーしているパーツにUV化粧下地や日焼け止めを塗り忘れることで、焼けむらになったり、日焼けをしてシミが目立つ老人性色素斑が生じます。 マスク生活による精神的なストレスは、女性ホルモンのバランスの乱れの原因になり、活性酸素が増えて酸化の原因にもなります。 酸化によって、メラノサイトが刺激されて、黒色メラニンの生成を促しシミができることもあります。 マスクジミの予防の対策 マスクをしていても紫外線対策は必要です。特に夏は10時から14時の外出を避ける、帽子や日傘などでも紫外線対策を行う、できるだけ日陰を歩くなど、物理的な紫外線予防の対策を行いましょう。 その上で、マスクで隠れているパーツにも日焼け止めを使いましょう。特にシミやシワ、たるみを招くUVAカットの指標のPAをチェックし、夏場なら、PA+++以上のものを選びましょう。 肌に優しく、光劣化しないノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄を配合すれば、シミの原因になるブルーライトもカットすることができます。適切な使用量をしっかりムラなく塗り、1日に何度か塗り直すことも必要です。 さらに、メラニンの生成を抑えるはたらきのあるビタミンC誘導体やプラセンタエキス、アルブチン、トラネキサム酸、ナイアシンアミドなどが配合された美白化粧品を使うこともおすすめです。 また、バリア機能を守り、肌のターンオーバーを正常化するために、保湿ケアをしっかり行うことが、シミ予防には大切です。 おすすめの保湿成分は、水分を挟み込む成分のセラミド、水分を吸着する成分のグリセリンやアミノ酸、水分を抱え込む成分のヒアルロン酸やプロテオグリカン、コラーゲン、エラスチンなどです。 そして、しっかりと汚れを落としながらも優しい洗顔やクレンジングを行いましょう。 乾燥肌や敏感肌でも安心して使えるクレンジング料がおすすめです。 ほかにも、ターンオーバーが遅くて、肌がゴワゴワしている場合には、メラニンの排出を促すために、ピーリングや酵素洗顔での適度な角質オフのケアもよいでしょう。 シミ予防ができるビタミンABCEを食べ物で摂って、からだの内側から予防することも大切です。 これらの栄養素を食べ物から十分に摂れない場合は、サプリメントで補うのもよいでしょう。 まとめ スキンケアや食べ物でのマスクジミの予防の対策をご紹介しました。 ほかにも、摩擦が軽減される素材やサイズのマスクを選ぶこと、マスクにガーゼを挟んだり、長時間の着用を避ける工夫をすることも大切です。 まだまだマスク着用が必須である生活が続くので、しっかりシミ予防を行いましょう。

自分に合った毛穴悩みの治療法を知ろう!自分に合った毛穴悩みの治療法を知ろう!

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の 「毛穴の開き・黒ずみ・たるみの治療!費用と美容クリニックの選び方」を参考に、毛穴の開き・黒ずみの治療の種類や費用、クリニックの選び方をご紹介します。 「毛穴治療にはどんな種類があるの?」 「毛穴治療のクリニックの選び方は?」 など、気になる方はぜひご覧ください。 治療法の種類と費用 毛穴治療には2種類あり、毛穴の開き・黒ずみの原因が、ニキビや湿疹などの皮膚の病気であった場合は健康保険適応の皮膚科治療となり、明確に原因となる皮膚病がない場合は自費による美容治療となります。 美容医療による治療法には次のようなものがあります。 ①イオン導入 高濃度のビタミンC誘導体や毛穴収縮作用のあるグリシルグリシンをお肌の奥に浸透させる治療法で、費用は1万円前後です。 ②エレクトロポーション導入 電気の力で細胞膜に一時的に微細な穴をあけてプラセンタエキスやAPPSなどのビタミンC誘導体、トラネキサム酸、グリシルグリシンを肌の奥に浸透させる治療法で、費用は1万5000円から2万円程度です。 ③ケミカルピーリング 皮膚にグリコール酸やサリチル酸などの薬品を塗り、不要な角質や老廃物や汚れなどを除去する治療法で、費用は6000円~7000円位です。 ④フラクショナルレーザー 肌のハリを保つ真皮層のコラーゲンを増やすために刺激を与えるレーザーを照射する治療法で、1回の料金は7,000円~20,000円程度です。 ⑤フォトフェイシャル 広範囲の光を照射することで毛穴を引き締める治療法で、1回の料金は15,000円程度です。 ⑥高周波治療 RFという肌に安全な電磁波を用いる治療法で、費用は100,000円~300,000円程度です。 ⑦ポラリス RFとダイオードレーザーを組み合わせた治療法で、1回の料金は15,000円程度です。 ⑧ダーマペン 11本の超微細な針で肌に高密度の穴を開けてコラーゲンを増やし、EGFやFGFなどの成長因子、ヒアルロン酸などを直接注入する治療法で、費用は1回20000円程度です。 ⑨HIFU 高密度焦点式超音波をピンポイントで肌悩みのあるパーツへ当てる治療法で、費用は1回40000円~50000円程度です。 ⑩角栓除去 専用の溶剤を角栓に塗布した後に、スチーマーで蒸気をあてながら、複数本の吸引管を使って角栓を取り除く治療法で、費用は1回1か所6000円程度です。 美容クリニック・美容皮膚科の選び方 毛穴治療の美容医療に限らず、皮膚科、美容クリニック・美容皮膚科の選び方には次の5つのポイントがあります。

敏感肌の改善方法敏感肌の改善方法

敏感肌を改善するための対策とは? あなたは敏感肌でお悩みでしょうか? ちょっとした刺激でもお肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりする敏感肌。 もしそうなら、スキンケアやエイジングケアのアイテム選びには慎重になりますね。 そんな敏感肌は、なんとか改善したいですね。 では、そもそも敏感肌とはどんな状態をいうのか。 また、改善のためには、どのような対策をすれば良いのでしょうか。 そこで、この記事では、「敏感肌の改善方法」をテーマに、敏感肌の症状や原因をはじめ、予防や改善のためにはどのような方法があるのかを、エイジングケアの視点で詳しく解説します。 敏感肌の症状 そもそも、敏感肌とは、お肌のどんな症状のことをいうのでしょうか? 敏感肌とは、お肌のバリア機能が低下している状態のこと。 医学的に「敏感肌」という病名はありませんが、少しの刺激にも反応してヒリヒリしたり、かゆみを感じてしまう場合があります。 敏感肌の主な症状は次のとおりです。  肌荒れしやすい(特に生理前など)  大人ニキビになりやすい  洗顔料で顔を洗うと赤くなる  普通の化粧品を使っただけで、炎症が生じお肌がピリピリする  タオルや衣類などでも、刺激を感じる場合がある  季節の変わり目は、お肌の調子が悪く、普段使っている化粧品でも使えなくなる時がある  お肌がカサついたり、ゴワついたりすることが多い さらに、症状が酷くなると、乾燥によるかゆみなどの症状も現れます。 敏感肌の原因って? 敏感肌の主な原因は乾燥ですが、そのほかにも加齢によるお肌の水分量の低下や菲薄化、間違ったスキンケアなどいくつかの要因が考えられ、複数の原因が絡み合って症状が現れることもあります。