エイジングケアを始めるのは今!

エイジングケアを始めるのは今! post thumbnail image

多くの場合、30代前後から、たるみ、ほうれい線、毛穴、しみ、しわなどのエイジングサインが気になってきます。

では、このようなエイジングサインが気になってからエイジングケアを始めればよいのでしょうか?

また、肌老化が進行してからエイジングケアをしても意味がないのでしょうか?そこで今回は、エイジングケアを始めるタイミングについてご紹介します。

エイジングケアを始めるタイミング

エイジングサインの前兆は、自分で気付く前から始まっています。

日々の生活習慣や誤ったスキンケアが原因で、知らず知らずのうちに、エイジングを進行させてしまっているケースがあるのです。

肌の内部では、エイジングサインが目に見える前から老化が始まり、肌のハリやツヤ、キメや透明感をキープするために必要な成分が減り始めています。

25歳になるとセラミド、コラーゲン、エラスチンなどが少しずつ減りはじめ、30歳ではコラーゲン、エラスチンの減少は顕著になり、肌の水分量や皮脂量も減ってきます。

だから、一般的な目安としては、30歳前後でエイジングケアを始めるのがよいのではないでしょうか。

一方、すでにしわやしみが目立ってしまってからでも、エイジングケアを始めるのに遅いことはありません。

なぜなら、肌の老化を遅らせたり、エイジングサインを目立たないようにしたりすることは可能だからです。

エイジングケアのポイントは、年齢に関係なく、正しい生活習慣や正しいスキンケアを実践し続けることです。

したがって、エイジングケアを始める時期は、自分がそれを意識した瞬間なのです。

エイジングケア化粧品を使うメリット

肌の老化の状況は人それぞれなので、エイジングケア化粧品を使い始める年齢に決まりはありません。

また、洗顔、紫外線対策、保湿が十分で、肌が健やかな状態をキープできていても、エイジングケア化粧品を使う意義はあります。

1つには、エイジングサインが目立つ前からエイジングケア化粧品を使うことで、よりエイジングケアを意識することができるから。

もう1つは、エイジングケア化粧品には、機能性の高い成分が配合されるケースが多く、それが肌悩みの予防や改善に期待できるからです。

エイジングケア化粧品は、ターンオーバーの正常化に役立つ、バリア機能の維持に役立つ、抗酸化に役立つ、コラーゲンやエラスチンなどのサポートに役立つ、刺激が少ないということを意識して選ぶのがポイントです。

これらの効果が期待できるおすすめのエイジングケア化粧品成分は、ナールスゲン、ビタミンC誘導体、プロテオグリカン、ヒト型セラミド、ヒアルロン酸、シアバター、スクワランです。

まとめ

エイジングケアを始めるタイミングは「今」です。

おすすめの成分が配合された化粧品でエイジングケアするだけでなく、スキンケアの基本である、清潔・保湿・紫外線対策や、美肌のための食生活など正しい生活習慣も心がけて、いつまでも健やかで美しい肌をキープしましょう。

Related Post

自分に合った毛穴悩みの治療法を知ろう!自分に合った毛穴悩みの治療法を知ろう!

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の 「毛穴の開き・黒ずみ・たるみの治療!費用と美容クリニックの選び方」を参考に、毛穴の開き・黒ずみの治療の種類や費用、クリニックの選び方をご紹介します。 「毛穴治療にはどんな種類があるの?」 「毛穴治療のクリニックの選び方は?」 など、気になる方はぜひご覧ください。 治療法の種類と費用 毛穴治療には2種類あり、毛穴の開き・黒ずみの原因が、ニキビや湿疹などの皮膚の病気であった場合は健康保険適応の皮膚科治療となり、明確に原因となる皮膚病がない場合は自費による美容治療となります。 美容医療による治療法には次のようなものがあります。 ①イオン導入 高濃度のビタミンC誘導体や毛穴収縮作用のあるグリシルグリシンをお肌の奥に浸透させる治療法で、費用は1万円前後です。 ②エレクトロポーション導入 電気の力で細胞膜に一時的に微細な穴をあけてプラセンタエキスやAPPSなどのビタミンC誘導体、トラネキサム酸、グリシルグリシンを肌の奥に浸透させる治療法で、費用は1万5000円から2万円程度です。 ③ケミカルピーリング 皮膚にグリコール酸やサリチル酸などの薬品を塗り、不要な角質や老廃物や汚れなどを除去する治療法で、費用は6000円~7000円位です。 ④フラクショナルレーザー 肌のハリを保つ真皮層のコラーゲンを増やすために刺激を与えるレーザーを照射する治療法で、1回の料金は7,000円~20,000円程度です。 ⑤フォトフェイシャル 広範囲の光を照射することで毛穴を引き締める治療法で、1回の料金は15,000円程度です。 ⑥高周波治療 RFという肌に安全な電磁波を用いる治療法で、費用は100,000円~300,000円程度です。 ⑦ポラリス RFとダイオードレーザーを組み合わせた治療法で、1回の料金は15,000円程度です。 ⑧ダーマペン 11本の超微細な針で肌に高密度の穴を開けてコラーゲンを増やし、EGFやFGFなどの成長因子、ヒアルロン酸などを直接注入する治療法で、費用は1回20000円程度です。 ⑨HIFU 高密度焦点式超音波をピンポイントで肌悩みのあるパーツへ当てる治療法で、費用は1回40000円~50000円程度です。 ⑩角栓除去 専用の溶剤を角栓に塗布した後に、スチーマーで蒸気をあてながら、複数本の吸引管を使って角栓を取り除く治療法で、費用は1回1か所6000円程度です。 美容クリニック・美容皮膚科の選び方 毛穴治療の美容医療に限らず、皮膚科、美容クリニック・美容皮膚科の選び方には次の5つのポイントがあります。

夏の化粧水選びのポイント夏の化粧水選びのポイント

夏は、高温多湿で、紫外線量もピークであり、室内ではエアコンが効いている状態が続いているなど、夏の季節特有の原因で肌悩みが起こりやすく、また乾燥肌にもなりやすいのです。 そこで今回は、夏の化粧水選びのポイントをご紹介します。 夏におすすめの化粧水の特徴 化粧水は役割や目的でいくつかの種類がありますが、一般的に化粧水といえば保湿化粧水のことです。 化粧水は水分の割合が多いので、基本的には水溶性のヒューメクタントを中心に配合されます。 ただ、保湿力が強い成分が配合されている保湿化粧水を選べばよいというわけではなく、コラーゲンやヒアルロン酸、プロテオグリカンなどの水分を抱え込むモイスチャライザー成分と、BGやグリセリン、アミノ酸など、水分を吸着するヒューメクタントがバランスよく配合されているものがおすすめです。 基本的には、夏はサッパリタイプがおすすめですが、自分の肌質や肌状態に合うものを選ぶことが大切なので、しっとりが好きな方はそちらのテクスチャーを選んでもかまいません。 また、夏には、サッパリして気持ちがよい、清涼感がある、皮脂によるベタツキがなくなるといったメリットがあるアルコール配合化粧水を使いたいという方も多いかもしれません。 しかし、紫外線のダメージなどで肌のバリア機能が低下しているときに、アルコールがさらに刺激となって肌に負担を与えてしまうので、夏でもアルコール配合化粧水はあまりおすすめできません。 そして、紫外線などによるダメージを受けやすいからこそ、夏はエイジングケアを意識して化粧水を選ぶことも大切です。 ナールスゲン、ビタミンC誘導体、ネオダーミル、プラセンタエキス、そのほかコエンザイムQ10やエルゴチオネインなどの抗酸化成分がおすすめです。 夏におすすめの化粧水 夏におすすめの化粧水は、「ナールス ピュア」です。 コラーゲン、エラスチン、ヒートショックプロテイン47の産生をサポートする、表皮で抗酸化成分であるグルタチオンを増やし、紫外線ダメージから線維芽細胞を守ることで光老化を抑える、ヒアルロン酸やヒートショックプロテイン70を増やすといったはたらきのあるナールスゲンを推奨濃度で配合し、エイジングケアをサポートします。 さらに、肌の酸化を防ぐ、コラーゲンの生成をサポートする、メラニンの生成を抑制するといったはたらきのある両親媒性ビタミンC誘導体APPSを配合し、美肌効果が期待できます。 また、高保湿成分のプロテオグリカンとウィルブライドS-753を配合しています。 ほかにも、肌荒れなどを防ぐビタミンE誘導体を配合し、アルコールフリー、香料・着色料・鉱物油などエイジングケアに不要な成分が無添加、界面活性剤完全フリーで肌に優しい化粧水です。 まとめ 夏の化粧水は、保湿、エイジングケア、美白の3つを意識して選ぶことが大切です。 しかし、夏は、紫外線、高温多湿、エアコンなどの影響で肌が弱っています。エイジングケア効果が期待できても、刺激性のある成分には注意しましょう。