20代からのほうれい線対策で30代以降も若々しい肌に

20代からのほうれい線対策で30代以降も若々しい肌に post thumbnail image

20代はお肌のハリ・ツヤで輝いていて、たるみやほうれい線などとは無縁に思えますよね?

でも、目に見える変化はなくても、20代のお肌の内側では確実に老化が進んでいます。

そこで今日は、ナールスエイジングケアアカデミーの

「20代のほうれい線予防|30代以降の美肌キープのコツ!」を参考に、30代以降にほうれい線で悩まないために、20代からできる予防と対策をご紹介します。

20代のほうれい線予防の基本

ほうれい線ができる原因は、「顔のたるみ」です。だから、20代のお肌でほうれい線が目立つという人は少ないはずです。

でも、もしあなたが20代で、ほうれい線が目立っているなら、その原因は、お肌の乾燥や頬杖をつくなどの姿勢の悪さ、急激なダイエットなど日常生活や食生活によるものがほとんどです。

だから、「バランスのよい食事と摂り方」「十分な睡眠をとる」「適度な運動」「正しい姿勢を意識する」ということが、20代のほうれい線予防ではとても大切です。

食生活で気をつけるポイント

ポテトチップスや唐揚げ、とんかつなど揚げ物ってホント美味しいですよね。

油を使った料理を食べる時は、「良い油」で「作りたて」のものを「適度」に食べるようにしましょう

古い油だったり、調理後長い時間が経っているものは、酸化していることがあります。酸化した物質はからだの中の活性酸素を増やす原因なので、お肌にあるコラーゲンやエラスチンがダメージを受けるリスクが高くなります。

また、油ものには動物性脂肪や、たんぱく質と糖が加熱されてできるAGEs(終末糖化産物)が多く含まれています。AGEsはからだの「糖化」を招きます。糖化もお肌を老化させる原因の一つです。

つまり、お肌が酸化や糖化しないよう気をつけることが、ほうれい線の予防につながります。

甘いものを食べ過ぎず、肉・魚・大豆食品をバランスよくとって、ビタミンA、C、E、B群などのビタミン類もしっかり摂りましょう。

特にオススメなのが、オメガ3脂肪酸を含む食べ物です。イワシ、サバ、ウナギ、マグロなど手軽に食べられる食材に豊富ですよ。

もし食べ物から摂るのが難しければ、サプリメントで上手く取り入れるのもよい方法です。

質の良い睡眠をとるポイント

美肌をキープするためには、お肌のターンオーバーが正しいサイクルで働いていることが大切です。

20代のターンオーバーは約28日と言われていて、30~40代の約45日と比べて早い傾向にあります。

日中受けたお肌のダメージを回復するには、成長ホルモンが必要です。この美肌とも関係する成長ホルモンは、「眠りはじめの最初の90分」でもっとも多く分泌されます。

この睡眠が深くなる最初の90分できちんと眠れていなければ、成長ホルモンの分泌が不十分になってしまい、ターンオーバーの乱れにつながります。

そうなると、肌荒れやお肌の乾燥、お肌のハリ・ツヤに関わる真皮の栄養不足などを招きます。

最初の90分をしっかりと寝るために、就寝前は自分にあった方法でリラックスしたり、寝る1時間前にお風呂に入ったりストレッチするなどして体温を上げておけば、熱の放出で体温が下がっていき、眠りのスイッチが入りやすくなります。

正しい姿勢をキープする

長い時間デスクワークなどで、脚を組んだり、背中を丸めて座り続けていると血行不良を起こす原因となります。特に猫背は、頭の重力で顔が下に引っ張られるので、顔のたるみの現認となります。

その他にも頬杖をついたり、スマホを見続けてずっと下を向いた姿勢になっていたり、無表情で過ごすのもよくありません。

20代のうちから表情筋のエクササイズを取り入れて鍛えることで、ほうれい線の解消対策をしましょう。

適度な運動を日常に取り入れる

運動不足の人は、全身の血流も悪くなってしまい、老廃物もたまりやすくなります。

そのため、運動不足はお肌のターンオーバーにとってはよくありません。

毎日が難しければ、週に1,2回でもいいので、散歩や簡単なストレッチなど、できることを取り入れて、からだを動かすようにしましょう。

20代のためのほうれい線予防のスキンケアとコスメ

スキンケアの基本は、正しい「洗顔」「保湿」「紫外線対策」、この3つです。これは、20代に限らず、全世代共通です。

特にほうれい線と関係が深いのは「紫外線」です。ちょっとした外出や、室内でも日が当たる場所にいるならば、日焼け止めをしっかり塗って、帽子や手袋、UVカット効果のあるサングラスなどでしっかりと紫外線対策をしましょう。

また、洗顔はこすり過ぎてお肌に刺激を与えるのではなく、泡で優しく包んでなでるように洗います。

そして保湿は、プチプラでもいいので、保湿化粧水を使って、しっかり保湿ケアをしましょう。

保湿をしっかりしたければ、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、プロテオグリカン、エラスチン、プラセンタなどの保湿成分が入った化粧品を選びましょう。

もし、20代の方でお肌の衰えを感じている人は、コラーゲンやエラスチンを増やす成分のナールスゲンやネオダーミル、レチノール、レチノイン酸トコフェリル、ビタミンC誘導体やAPPS(両親媒性ビタミンC誘導体)入りのアイテムを選ぶのもよいでしょう。

まとめ

20代のうちからできるほうれい線予防と対策についてご紹介しました。「バランスのよい食事」「十分な睡眠」「適度な運動」「正しい姿勢」の4つは、ほうれい線を予防するだけでなく、からだやお肌の健康を維持するためのアンチエイジングの基本でもあります。

そして、20代からほうれい線予防を意識した日常生活を過ごすこと、そしてスキンケアの基本である「正し洗顔」「正しい保湿」「紫外線対策」をしっかりしていくことで、30代以降のエイジングケア世代になっても、ほうれい線だけでなく、顔のたるみ、しわやしみ、くすみといったお肌の悩みの予防にもつながります。

Related Post

シミのない美肌のために隠れシミさえつくらない!シミのない美肌のために隠れシミさえつくらない!

隠れシミとは、まだ肌表面で目立たない、表皮の内部にとどまっている、シミの予備軍のことです。だから、シミ予防のためには、隠れシミをつくらないことが、大切です。 そこで今回は、隠れシミの対策についてご紹介します。 スキンケアやエイジングケアでの隠れシミ対策 隠れシミの原因には、加齢、紫外線ダメージ、物理的な肌へのダメージなどがあります。 そのため、スキンケアやエイジングケアでの対策として、紫外線対策、保湿、正しい洗顔を心がけましょう。 隠れシミの予防で、最も大切なことは紫外線対策です。冬でも夏の1/3〜/1/4程度の紫外線が降り注いでいるので、さまざまな手段で1年中紫外線対策をすることが大切です。 エイジングケア世代なら、肌に優しいノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。目から入った紫外線もシミの原因になるので、UVカット機能のついたサングラスなどもかけましょう。 そして、肌のターンオーバーを正常な状態にキープすることやバリア機能を整えるためにも、紫外線を浴びた日はもちろん、日々のスキンケアで保湿をしっかり行うことは大切です。セラミドやヒアルロン酸、プロテオグリカンなど、高保湿成分を配合したエイジングケア化粧品でしっかり保湿しましょう。 また、メイクや皮脂が残ったままだと、肌表面で過酸化脂質が発生し、隠れシミや肌荒れなどの原因になります。だから、適切な洗顔やクレンジングでメイク、皮脂、汚れを落として、ターンオーバーを活性化させ、隠れシミの予防をしましょう。 さらに、美白化粧品や美白化粧水などを取り入れたスキンケアも隠れシミの予防に有効です。美白化成分としては、m-トラネキサム酸、プラセンタエキス、カモミラET、ビタミンCエチルほかビタミンC誘導体、ナイアシンミド、4MSK、アルブチンなどがあります。 日焼けをしてしまったら、アフターケアで炎症を鎮めることが大切です。炎症を早く鎮めれば、メラニンの生成も少なくなるので、結果的に隠れシミの予防ができます。 抗炎症成分としては、グリチルレチン酸ステアリル、グリチルリチン酸2K、アラントインなどがあり、肝斑の内服治療に使うm-トラネキサム酸にも炎症を鎮める作用があります。さらに、ビタミンEやトコフェリルリン酸Naは、血行を促進することで、紫外線による炎症や肌荒れを改善するのを助けます。 日常生活での隠れシミ対策 隠れシミの原因には、女性ホルモンの乱れ、活性酸素が増える生活などもあります。そのため、日常生活でも隠れシミ対策を心がけることが大切です。 まず、抗酸化を意識した栄養素を摂りましょう。特に、シミの原因となる活性酸素に効果的なβカロテンやコラーゲンを増やすビタミンCを積極的に摂りましょう。 また、ターンオーバーの正常化には、亜鉛や鉄、銅などのミネラルも大切です。 さらに、コーヒーに含まれるクロロゲン酸、緑茶に含まれるカテキンといったとポリフェノールは、酸化を防ぐことで、隠れシミの予防や改善に効果が期待されます。ただし、コーヒーや緑茶はカフェインを含むので、摂りすぎは要注意です。 ほかには、女性ホルモンのバランスを整える食べ物もおすすめです。 また、コラーゲンペプチドを摂取すると隠れシミが改善したという研究結果があるので、コラーゲンペプチドを摂るのもよいでしょう。 食生活に加えて、質が高い睡眠やストレスを減らす工夫をして、アンチエイジングや健康を意識した生活習慣を心がけましょう。 まとめ シミが肌表面に目立ち始めてからでは、改善は難しくなります。そのため、目立たない段階で予防・改善することが大切なのです。 スキンケアやエイジングケアでの対策と、アンチエイジングを意識した生活習慣で、隠れシミの段階での予防・改善を心がけましょう。

肌のツヤを取り戻したい!正しいエイジングケア方法とは肌のツヤを取り戻したい!正しいエイジングケア方法とは

お肌が潤っている人を見ると、とても若々しく見えませんか? シミやしわのないお肌のトーンも明るい“パンッ”としたお肌。 エイジングが進むと、若かりし頃のお肌がぷるんと潤っている肌が恋しくなりますよね。 年齢を重ねると、お肌のケアなどを諦めてしまう方も多いのですが、諦めずに正しいエイジングケアを行うと、取り戻すことができるんです。ぜひ、みなさんも諦めずに正しい方法でエイジングケアをしていきましょう! そこで今回は、エイジングケアアカデミー編集部さんの“肌のツヤとは?無くなる原因と改善・取り戻す方法と対策” を参考にして、お肌のツヤを取り戻す方法についてご紹介していきます。詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください! お肌のツヤとは? お肌のツヤとは「表皮の状態を反映した光の反射によるお肌の見え方」のことです。 光の反射状態によって、お肌にツヤを与えることができます。 その光の反射状態に影響を与えているのが、お肌のキメと角質層の状態です。お肌の状態が健康なほどツヤ肌をゲットできます。 お肌の表面全般で、皮丘と皮溝の落差がほどよくあると、お肌はふっくらした状態であり、角質の水分も十分な状態です。 そしてもう1つが、お肌の角質層の中に余計なものがなく、水分をはじめ必要なものが適度にあることも大切です。その余計なものというのが、メラニン。なので、スキンケア以外にも日々の紫外線対策はとても重要です。 お肌のキメも整い、メラニンによる反射の乱れもない状態が透明感のあるお肌がツヤ肌です。 お肌にツヤをもたらす方法とは? 上記で、お肌のツヤに大切なのは、お肌のキメとお伝えしました。 そして、お肌のキメを維持するためには、 ・肌のバリア機能が正常に保たれていること ・ターンオーバーが正常であること がとても重要です。 この状態を保てていると、お肌も十分に保湿されています。ターンオーバーを正常にすることは、スキンケア以外にも栄養の取れた食事、適度な睡眠と運動です。スキンケアだけではなく、日々の私生活も見直す必要があります。 ツヤ肌を取り戻すためのスキンケア方法は、 ・適切なクレンジングと洗顔でお肌を清潔に ・保湿を工夫してツヤ肌をキープ ・エイジングケアでお肌のツヤを取り戻す ・フェイスマッサージで血行促進 等があげられます。 洗いすぎはお肌によくないといいますが、擦り過ぎたり、洗浄力の高いクレンジングなどを使うとお肌のバリア機能の低下につながります。お肌が乾燥してしまう原因の1つです。そのため、お肌にやさしいアミノ酸系洗浄成分が配合されたクレンジングや洗顔料がおすすめとされています。 また、洗い終わった後のスキンケアもとても大切です。 お肌のツヤをキープするためのスキンケアには「水分を与える」「水分を保持する」「水分の蒸発を防ぐ」の3つのプロセスがあります。 この3点にしっかりとあてはまる成分が配合されている化粧品を使用することをおすすめです!エイジングケアに効果的な美容成分が配合されていると尚グッドですね!