肌のツヤを取り戻したい!正しいエイジングケア方法とは

肌のツヤを取り戻したい!正しいエイジングケア方法とは post thumbnail image

お肌が潤っている人を見ると、とても若々しく見えませんか?

シミやしわのないお肌のトーンも明るい“パンッ”としたお肌。

エイジングが進むと、若かりし頃のお肌がぷるんと潤っている肌が恋しくなりますよね。

年齢を重ねると、お肌のケアなどを諦めてしまう方も多いのですが、諦めずに正しいエイジングケアを行うと、取り戻すことができるんです。ぜひ、みなさんも諦めずに正しい方法でエイジングケアをしていきましょう!

そこで今回は、エイジングケアアカデミー編集部さんの“肌のツヤとは?無くなる原因と改善・取り戻す方法と対策” を参考にして、お肌のツヤを取り戻す方法についてご紹介していきます。詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください!

お肌のツヤとは?

お肌のツヤとは「表皮の状態を反映した光の反射によるお肌の見え方」のことです。

光の反射状態によって、お肌にツヤを与えることができます。

その光の反射状態に影響を与えているのが、お肌のキメと角質層の状態です。お肌の状態が健康なほどツヤ肌をゲットできます。

お肌の表面全般で、皮丘と皮溝の落差がほどよくあると、お肌はふっくらした状態であり、角質の水分も十分な状態です。

そしてもう1つが、お肌の角質層の中に余計なものがなく、水分をはじめ必要なものが適度にあることも大切です。その余計なものというのが、メラニン。なので、スキンケア以外にも日々の紫外線対策はとても重要です。

お肌のキメも整い、メラニンによる反射の乱れもない状態が透明感のあるお肌がツヤ肌です。

お肌にツヤをもたらす方法とは?

上記で、お肌のツヤに大切なのは、お肌のキメとお伝えしました。

そして、お肌のキメを維持するためには、

・肌のバリア機能が正常に保たれていること

・ターンオーバーが正常であること

がとても重要です。

この状態を保てていると、お肌も十分に保湿されています。ターンオーバーを正常にすることは、スキンケア以外にも栄養の取れた食事、適度な睡眠と運動です。スキンケアだけではなく、日々の私生活も見直す必要があります。

ツヤ肌を取り戻すためのスキンケア方法は、

・適切なクレンジングと洗顔でお肌を清潔に

・保湿を工夫してツヤ肌をキープ

・エイジングケアでお肌のツヤを取り戻す

・フェイスマッサージで血行促進

等があげられます。

洗いすぎはお肌によくないといいますが、擦り過ぎたり、洗浄力の高いクレンジングなどを使うとお肌のバリア機能の低下につながります。お肌が乾燥してしまう原因の1つです。そのため、お肌にやさしいアミノ酸系洗浄成分が配合されたクレンジングや洗顔料がおすすめとされています。

また、洗い終わった後のスキンケアもとても大切です。

お肌のツヤをキープするためのスキンケアには「水分を与える」「水分を保持する」「水分の蒸発を防ぐ」の3つのプロセスがあります。

この3点にしっかりとあてはまる成分が配合されている化粧品を使用することをおすすめです!エイジングケアに効果的な美容成分が配合されていると尚グッドですね!

まとめ

いかがでしたか?今回は最近話題のツヤ肌について簡単にご紹介しました!

もっと詳しくスキンケアの際に使用すべきおすすめ美容成分などを知りたい!という方はぜひ、エイジングケアアカデミー編集部さんの“肌のツヤとは?無くなる原因と改善・取り戻す方法と対策” をご覧ください!

役立つエイジングケア情報が盛りだくさんです。少しでも読者の皆さんのお役に立てていたら嬉しいです。

Related Post

人気のプロテオグリカンってどんな成分?人気のプロテオグリカンってどんな成分?

最近、プロテオグリカン配合の化粧水や美容液をよく見かけますが、プロテオグリカンとはそもそもどんな成分なのかご存じですか? そこで今回は、プロテオグリカンとはどんな成分なのかご紹介します。 プロテオグリカンとは? プロテオグリカンは、1970年に多糖類であるグリコサミノグリカンの研究中に発見された、たんぱく質と糖が結合してできた成分です。 ある特定のたんぱく質に何本かの糖鎖であるグリコサミノグリカンが結合しているものの総称を「プロテオグリカン」と呼んでいます。そのため、グリコサミノグリカンを構成している糖鎖の種類によって、プロテオグリカンもいくつかのタイプに分類されます。 プロテオグリカンは、脳、皮膚、臓器などを身体全体の組織中にあり、軟骨の主成分でもあります。 真皮では、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどと一緒に、肌のハリや弾力のもとになる細胞外マトリクスを形成しています。 細胞外マトリクスは、細胞と細胞の間を埋めて皮膚の構造を支えたり、毛細血管から出た酸素や栄養素、ホルモンなどを一旦保持して、必要なものが必要な場所に移動できるようにはたらいたりしていますが、肌老化により細胞外マトリクスが衰えると、この機能も低下します。 そのため、細胞外マトリクスであるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸とともに、プロテオグリカンは、エイジングケアにとって大切なのです。 プロテオグリカンのはたらき プロテオグリカンは、単体としても、肌のエイジングケアや身体のアンチエイジングにとって重要な役割を担っています。 まず、グリコサミノグリカンが水分を吸収することで、ヒアルロン酸と同等か、それ以上の高い保湿効果を発揮します。 また、コラーゲンとヒアルロン酸を増やすはたらきもあります。コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンは真皮にあって、肌のハリやツヤ、弾力を維持するために異なるはたらきがあるので、どれも大切な成分です。 そのため、プロテオグリカンの、コラーゲンとヒアルロン酸を増やすはたらきは、エイジングケアにとって重要です。 さらに、細胞の成長促進をつかさどる因子であるEGFの様にはたらく、EGF様作用という機能があります。EGFが20代後半から急激に減少すると、ターンオーバーが遅くなって、肌老化をもたらす一因になりますが、プロテオグリカンがEGFの様にはたらくことで、アンチエイジングの効果が期待できるのです。 ほかにも、ひざなどの関節では、軟骨にあるプロテオグリカンは、外からかかる力を緩衝するクッションとしてのはたらきや、骨と骨の間の潤滑油的なはたらきがあります。また、抗酸化作用や、体内で炎症を起こす細胞の生成を抑える炎症抑制作用があることもわかっています。 まとめ エイジングケア化粧品成分として人気のプロテオグリカンが、肌のハリツヤ、弾力をキープするために大切な成分であることがお分かりいただけたと思います。 乾燥肌対策やエイジングケアにプロテオグリカン配合の化粧品を取り入れて、美肌づくりをしましょう。