私もインナードライ肌?症状や原因をチェックしよう!

私もインナードライ肌?症状や原因をチェックしよう! post thumbnail image

肌はテカテカしているのに、洗顔後ツッパリを感じる・・・など、自分はもしかしてインナードライ肌なのかも、と感じている方も多いと思います。では、インナードライ肌とは具体的にどんな肌なのでしょうか?

そこで今回は、インナードライ肌の症状や原因、インナードライ肌を進行させる要因についてご紹介します。

インナードライ肌の症状

インナードライ肌とは、肌の表面は皮脂が多くテカテカして、一見、脂性肌と感じてしまうような状態ですが、肌の内側は水分不足で乾燥している状態の肌のことです。

肌のテカリが気になる、肌が乾燥している気がするのにニキビができる、皮脂が多いのに肌にツッパリを感じるといった症状が典型的なインナードライ肌の例です。

さらに、インナードライ肌はターンオーバーが乱れているため、吹き出物ができやすくなる、毛穴の黒ずみや開きが目立つ、シミが増える、肌がごわつく、肌がくすみがちでメイクのノリが悪いといった症状が出ることもあります。

インナードライ肌の原因

インナードライ肌の1番の原因は、肌の乾燥です。肌が乾燥する要因には、加齢、乱れた食生活、病気、間違った洗顔、刺激の強いクレンジング料の使用、誤った化粧品の使い方、不十分な紫外線ケアなどがあります。

今挙げたような何らかの原因で肌が乾燥すると、保湿がうまくいかず乾燥が進みます。そうすると、バリア機能も低下するので、さらに乾燥が進みます。

そして、肌が危険を察知し、これ以上水分が蒸発してはいけないと感じて、肌表面で蒸発を防ぐために、皮脂が過剰にできます。

このとき、肌の中ではバリア機能の低下により、天然保湿因子やセラミドなどが減っています。また、ターンオーバーが加速して、未成熟な角質がどんどん表皮の上まで上がってきているのです。これが、インナードライ肌が進行するプロセスです。

そのため、インナードライ肌を改善するためには、プロセスの最初の段階で、ひどくなる前に対策を実施することが大切なのです。

インナードライ肌を進行させるスキンケア

インナードライ肌は脂性肌とは違い、肌の内側は乾燥しているので、脂性肌のためのスキンケアや無理に皮脂を取るためのスキンケアをしてはいけません。

なぜなら、この状態で無理に皮脂を落としても、また、皮脂を分泌するように肌が作用すると同時に、乾燥がさらに進んでしまい、ターンオーバーも乱れることになり、その結果、改善するどころか、肌が刺激に弱い「敏感肌」になってしまうこともあるからです。

やってはいけないスキンケアは、まず、あぶら紙やティッシュなどで過剰に皮脂を拭き取ってしまうことです。

これは、肌からの水分の蒸発を促進するので逆効果です。

そして、強いクレンジング料の使用もやめましょう。肌に負担が少ない、クリームタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプや、アミノ酸系界面活性剤のクレンジングジェルがおすすめです。

同じように、刺激の強い洗顔料の使用もやめましょう。擦りすぎや回数の多い洗顔もやってはいけません。ダブル洗顔や酵素洗顔も避けましょう。

さらに、皮脂の分泌を抑える成分が入っている収れん化粧水、汚れや皮脂を洗浄するためのふき取り化粧水、アルコール配合の化粧水の使用は避けましょう。

スキンケアは保湿化粧水だけでなく、保湿力の高い美容液や保湿クリームも使いましょう。しかし、過度な美容オイルや油溶性成分の使用は、大人ニキビや肌荒れの原因になってしまうので注意しましょう。

まとめ

肌の悩みとしてよく聞くようになった、インナードライ肌の症状や原因についてご紹介しました。

インナードライ肌は、見た目はテカテカしていますが、その本質は乾燥肌であることがお分かりいただけたと思います。

そのため、インナードライ肌の改善には、乾燥肌のための対策、つまり保湿を行うことが大切なのです。

Related Post

エイジングケアは早めがおすすめエイジングケアは早めがおすすめ

エイジングケアっていつから始める? みなさんは、すでにエイジングケアを始めていますか? それとも、まだ若いので必要ないと思っていますか? 「エイジングケアって何歳から始めればいいのか」は、20代後半〜30代前半くらいの女性にとっては大きな関心事ではないでしょうか。 また、始めようと思い立っても、どんなエイジングケア化粧品を選べばいいのか、迷ってしまいますね。 そこで、この記事では、「エイジングケアは早めがおすすめ」というテーマで、エイジングケアはいつから始めれば良いのか、エイジングケア化粧品の選び方、また効果的な進め方などを幅広くご紹介します。 エイジングケアの定義とは? 「エイジングケア(Aging Care)」は、一般的な意味・定義では、「年齢に応じたお肌のお手入れ」のことをいいます。 男性であれ女性であれ、からだやお肌は年齢とともに衰えます。 これが老化ですが、お肌では30代前後からシワやシミをはじめ、ほうれい線、毛穴のたるみや開き、くすみなどが目立ち始めます。 エイジングケアとは、加齢にともなう肌老化を意識して行うスキンケアや化粧品によるケアのことです。 ただし、エイジングケアを「スキンケア」の範囲だけの言葉としてとらえると、お肌が健やかで若々しい状態でいることについての情報の範囲が狭まってしまいます。 なぜなら、お肌もからだの一部である以上、化粧品やスキンケアだけで老化を予防することはできないからです。 エイジングケアとは、単なる「化粧品によるケア」だけではなく、それ以外の心身のケアを含めた広い範囲で考え、「ゆっくりと健やかに歳をとれるように、からだやお肌のことを考えた生活を続けること」ととらえるといいでしょう。 始めるタイミングは? 「最近、どうも “しわ” が目立ってきたのでは・・・?」 「去年はなかった “しみ” が、今年は気になる・・・」 こんな経験は多くの女性にあるでしょうし、目で見て気になることがあってから、エイジングケアを考える方も多いのではないでしょうか? しかし、こうしたエイジングサインの前兆は、自分で気付く前から始まっています。 日々の生活習慣や誤ったスキンケアが原因で、知らず知らずのうちに、エイジングを進行させてしまっているケースがあるのです。 エイジングケアのポイントは、それを意識するかどうかは別として、年齢に関係なく、正しい生活習慣や正しいスキンケアを実践し続けることです。 もし、悪い生活習慣があるなら、今すぐやめるべきですし、間違ったスキンケアに気付いたら、すぐに改めるべきですね? だから、「エイジングケアを始めるタイミングは?」といえば、答えは「今」。 つまり、その必要性を感じた時が、エイジングケアを始めるタイミングなのです。 すでにしわやしみが目立ってしまっていても、「もう遅い」とあきらめるより、前向きに考えてエイジングケアに取り組むことは、心身の健康にもお肌にもよいことです。

ためしてガッテンで放送された目の下のたるみ解消法ためしてガッテンで放送された目の下のたるみ解消法

何とかしたい!目の下のたるみ 年齢を重ねると誰でもお肌はたるみがちがちになり、老け顔に…。 中でも、目の下のたるみは、顔のたるみの中でもエイジングケア世代に多い肌悩みの一つです。 目の下のたるみや下まぶたのたるみ、目袋があると、表情はより老けた印象になりますね。 そんな目の下のたるみは、早く改善または解消したいものです。 そこで、この記事では、「ためしてガッテンで放送された目の下のたるみ解消法」のテーマで、目の下のたるみの予防や改善、解消のための対策まで、幅広くご紹介します。 目のまわりの皮膚の特徴とは? 顔の皮膚の構造は、どのパーツでも基本的に同じです。 しかし、目の下をはじめ、目のまわりの皮膚は薄いことが大きな特徴です。そのため、さまざまな刺激に弱いのです。 そもそも、目のまわりは、お肌の乾燥、お肌を擦るなどの刺激、紫外線の影響を受けやすく、しわや小じわ、たるみが目立ちやすいのです。 だから、目のまわりはスキンケアなどでしっかり保護することが必要です。 また、目のまわりには眼輪筋(がんりんきん)と呼ばれる表情筋があるほか、眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる脂肪があります。 眼窩とは、眼球(目の玉)の入る骨の凹みのことで、眼窩脂肪は、この中に眼球を守るように入っています。 眼窩脂肪は、年齢を重ねると衰えてしまいます。 目の下のたるみは、こうした目のまわりのお肌や筋肉、皮下脂肪などが老化などによって複雑に絡み合いながら、その機能が低下することで目立ってくるのです。 目の下がたるむのは何が原因? たるみをはじめお肌悩みの多くは、お肌の老化のさまざまな原因が絡み合っています。 目の下のたるみの原因は、目のまわりの機能で考えれば、大きく3つに分けることができます。 目の下のたるみの原因の1つ目は、目の下の皮膚、中でも真皮の衰えです。 目の下のたるみの原因の2つ目は、眼窩脂肪の突出です。 そして、最後、3つ目の原因が、目の下の表情筋である眼輪筋の衰えです。 さらに、目の下のたるみを促進する要素もたくさんあります。 目の下のたるみを促進する要素としては、目元の乾燥をはじめ、目を酷使したりすることや睡眠不足、光老化、誤ったクレンジングや洗顔などです。 また、たるみが原因の肌老化といえば、ほうれい線やゴルゴライン、マリオネットライン、たるみ毛穴などですが、目の下のたるみも基本的には同じです。 こうしたエイジングサインは、簡単に取ることはできません。 目の下のたるみを予防するには 目の下のたるみの予防法は、原因に対する対策と促進の要因を未然に防ぐことになります。 1)お肌の乾燥対策 保湿は、スキンケア、エイジングケアの基本で、目の下のたるみの予防のためにも大切です。つまり乾燥肌の対策が、目の下のたるみの予防につながります。 だから、まず、乾燥肌の原因をできるだけ避けるように注意しましょう。