毛穴汚れにおすすめのクレンジング料を選ぶ3つのポイント

毛穴汚れにおすすめのクレンジング料

お顔の毛穴に汚れが残っていると、毛穴が黒ずんでみえたり、慢性的な黒ずみ毛穴や開き毛穴の原因になります。

また、もともと毛穴の目立ちが気になっている方は、毛穴汚れが残っていることで、一層毛穴が目立つことに。

毛穴の汚れをきちんと落とすには、上手にクレンジングを取り入れることからはじめましょう。

この記事を読んでいただければ、毛穴汚れにおすすめのクレンジング料を見つけられると思います。

毛穴汚れの種類は主に二つ

そもそも毛穴汚れにはどんな種類があるかご存知でしょうか?

大きく分けて二つありますので、それぞれ見ていきたいと思います。

1.メイクが毛穴につまっている

メイクをした日にクレンジングする際、メイクがきちんと落とせていなかったり、メイクしたまま寝てしまって、メイクが毛穴に詰まってしまうことが、一つ目の毛穴汚れです。

メイク汚れが残っていると、メイクに含まれる油分や皮脂が酸化して過酸化脂質となり、お肌の酸化をもたらし、肌老化の原因になります。また、角栓の原因にもります。

メイク汚れが残らないように、その日のうちにクレンジング料で洗浄しましょう。

2.古い角質や角栓

普段メイクをしていないのに、毛穴汚れが気になるという方もいらっしゃるかもしれないですね。

その場合は、酸化した皮脂や古い角質が毛穴に詰まっている可能性が。

この場合は、角栓にアプローチすることが必要なので、酵素などのたんぱく質を分解できる成分が入った洗顔料などが有効です。

毛穴汚れを落とすクレンジング料の選び方

それでは本題の、毛穴汚れを落とすクレンジング料の選び方についてお伝えしていきます。

まずは、大前提として意識していただきたいのが、どんなクレンジング料でも、大なり小なりお肌に刺激になるということ。

汚れをしっかり落とすには、しっかり落とせるクレンジングを選べば良いのですが、洗浄力が強いクレンジング料は、お肌への刺激も強くなります。

汚れは落ちてもお肌がカサカサのボロボロになっていたのでは本末転倒です。

お肌への刺激と毛穴汚れの落ち具合のバランスは、自分自身のお肌状態と相談しながら最適なものを選ぶようにしましょう。

そのうえでポイントになるのが次の3つ。

メイクの濃さやメイクアイテムの種類
年齢
肌質や肌状態
そえぞれ具体的にどういうことなのか、みていきましょう。

その日のメイクの濃さに合わせたクレンジング料を

薄化粧の方とばっちりメイクの方では、当然ながら、必要な洗浄力が異なります。

ばっちりメイクの日もあれば、そうでもない日もあるという方は、ばっちりメイクが落ちるものを選ぶというケースが多いのではないでしょうか?

もしそうなら、薄化粧の日用のクレンジングも用意しておくことをお勧めします。

というのは、先ほどの話の通り、洗浄力が強いとお肌への負担も強くなります。

本来ならそれほど強い洗浄力が必要ないメイクなのに、強いクレンジングを使うと、お肌に必要なうるおいまで取り去ってしまい、乾燥しやすくなります。

お肌が乾燥すると、余計に皮脂が分泌されて、かえって毛穴汚れがひどくなるリスクが。

そのため、その日のメイクの濃さにあった洗浄力のクレンジング料を使うようにしましょう。

肌質によって刺激への強さは異なる

肌質には、普通肌、脂性肌、乾燥肌、混合肌、敏感肌、インナードライ肌がありますが、それぞれの肌質によってどの程度刺激を受けても大丈夫かが異なります。

また、肌質は季節や年齢、その時の体調によって変化することもありますので、その時の肌質に合わせたクレンジング料を選ぶようにしましょう。

年齢に応じてクレンジング料を見直しましょう

年齢を重ねると、お肌の潤い成分(皮脂、天然保湿因子、セラミドなど)が減少します。

その結果、お肌が乾燥肌に傾きます。

もともと乾燥肌じゃなかった方も、年齢とともに乾燥肌や敏感肌に変わっていくこともあります。

そのため、年齢に合わせて、クレンジング料は優しいタイプに切り替えていきましょう。

まとめ

毛穴汚れを落とすには、単純に洗浄力を上げればよいという話ではないということをおわかりいただけましたでしょうか?

できるだけお肌への負担が少ないクレンジング料を使うことを基本に、その日のメイクの濃さや、肌状態などに合わせて、最適なクレンジング料を選ぶようにしましょう。

年齢を重ねるとお肌はしげきに弱くなっていきますので、場合によっては、メイク自体を見直すこともおすすめです。

この記事が、毛穴汚れを落とすクレンジング料選びのお役に立てれば幸いです。

Related Post

セラミド化粧水とは?セラミドの役割と正しい選び方セラミド化粧水とは?セラミドの役割と正しい選び方

セラミドは健やかな素肌づくりに欠かせない成分。セラミド化粧水の人気も高まっています。でも、セラミドがどうお肌に良いのかをご存知の方は、もしかしたらそんなに多くはないのかもしれません。 そこで、そもそもセラミドとはどんな成分なのか。また、セラミド化粧水とはどんなものなのか。セラミド化粧水の選び方に至るまでお伝えできればと思います。 セラミドってどんな成分? セラミドは、もともと私たちのお肌に存在する成分です。 皮膚は表皮・真皮・皮下脂肪からできていますが、セラミドは表皮の1番外側の角質層という部分にあります。 角質層にはたくさんの角質細胞があり、その細胞と細胞の間にセメントのようにびっしりと詰まっている角質細胞間脂質というものがあります。 セラミドは、この角質細胞間脂質50%以上を占めおり、細胞と細胞をつなぐとともに、スポンジのように水分や油分を抱え込んで、お肌の保湿を強力にサポートしています。 保湿成分には、 ・水分をはさみ込むタイプ ・水分を抱え込むタイプ ・水分を吸着するタイプ がありますが、なかでも、「水分をはさみ込むタイプ」の水分保持力は、最強といわれています。 セラミドは、この、水分をはさみ込むタイプの保湿成分になります。 セラミド化粧水とは? セラミド化粧水には、実は決まった定義はありません。 化粧品成分のセラミドを配合した化粧水のことを一般的にセラミド化粧水とよびます。 と言っても、必ずしもセラミドだけが配合されているわけではなく、他の成分も複数配合されているものがほとんどです。 先ほどもお伝えした通り、セラミドは健やかなお肌にとって必要不可欠な成分ですが、年齢とともに減少していきます。 そのため、セラミド化粧水などでセラミドを補うことは美肌のためにもエイジングケアのためにも有効な手段の一つになります。 セラミド化粧水の選び方 セラミドにはいろいろな種類があります。 その中で最もヒト型セラミドは、人のお肌にあるセラミドと同じ構造をしているため、浸透しやすく、高い保湿効果が期待できます。 セラミド配合化粧水を購入するときはヒト型セラミドが入ったものがおすすめです。 また、セラミドが少しでも配合されていたらセラミド化粧水と言うことができます。 ですが、ほんの少ししか入っていなければ、思うような効果が期待できないかもしれません。 そのため、まずはセラミドの配合量を確認しましょう。 また、今さらになるのですが、セラミドは水にも油にもなじみやすい成分ですが、基本的には脂溶性の要素が強いです。 なので、化粧水だけで補おうとせず、美容液や保湿クリームで補う方が効率的です。 このことを踏まえ、セラミド化粧水には水溶性の優秀な保湿成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。 具体的には、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどです。

エイジングケア美容液の選び方エイジングケア美容液の選び方

美容液の選び方ってむずかしい!? 美容液は、美肌のための大切なスキンケアアイテムですが、どのようにして選んでいますか? エイジングケアのために美容液を選ぼうと思っても、スキンケア化粧品、エイジングケア化粧品があふれる中、美容液もたくさんありすぎて、どれを選んだらよいのか迷ってしまいますね。 そんな時、つい頼ってしまいがちなのが、@コスメなどの美容液ランキングや美容液のオススメや口コミではないでしょうか? でも、美容液ランキング上位の美容液が、あなたのお肌にピッタリのものかどうかは別ですよね。 なぜなら、肌質や肌状態、肌悩み、年齢など、美容液を選ぶ上では、ランキングよりも大切なことがたくさんあるからです。 そこで、この記事では、「エイジングケア美容液の選び方」をテーマに、人気ランキングや口コミなどに頼らない美容液の選び方、ポイントについてご紹介します。 そもそも美容液とは? 美容液には明確な定義はありません。 美容液の基本的な成り立ちは、以下のような成分です。  水  水溶性の保湿成分やエイジングケア化粧品成分  油溶性の保湿成分やエイジングケア化粧品成分  界面活性剤  抽出溶媒や防腐剤などのその他の成分 これらは、化粧水や保湿クリームなどと同じです。 違うのは、配合の割合。 美容液は、化粧水よりは水溶性成分の割合が高く、保湿クリームよりは油溶性の割合が低いのが一般的です。 とはいっても、その配合濃度はさまざまです。また、乳化剤やゲル化剤などを使うケースもあります。 だから、テクスチャーも、さらっとしたものから乳液のようなもの、粘性の高いもの、ジェル状やゲル状のものまでさまざまなタイプがあります。 では、美容液はどのような順番で使うのでしょうか? 基本的に、美容液を使う順番は、「化粧水の後」、「乳液の前」です。 また、使い方としては、美容液をはじめ化粧品は適量を使うことが大切です。 美容液を顔の数箇所につけ、内から外へ、また、下から上へなじませます。気になる箇所がある場合は、重ねづけしましょう。 エイジングケア美容液とは?