敏感肌の改善方法

敏感肌に悩む女性の写真

敏感肌を改善するための対策とは?

あなたは敏感肌でお悩みでしょうか?

ちょっとした刺激でもお肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりする敏感肌。

もしそうなら、スキンケアやエイジングケアのアイテム選びには慎重になりますね。

そんな敏感肌は、なんとか改善したいですね。

では、そもそも敏感肌とはどんな状態をいうのか。

また、改善のためには、どのような対策をすれば良いのでしょうか。

そこで、この記事では、「敏感肌の改善方法」をテーマに、敏感肌の症状や原因をはじめ、予防や改善のためにはどのような方法があるのかを、エイジングケアの視点で詳しく解説します。

敏感肌の症状

そもそも、敏感肌とは、お肌のどんな症状のことをいうのでしょうか?

敏感肌とは、お肌のバリア機能が低下している状態のこと。

医学的に「敏感肌」という病名はありませんが、少しの刺激にも反応してヒリヒリしたり、かゆみを感じてしまう場合があります。

敏感肌の主な症状は次のとおりです。

 肌荒れしやすい(特に生理前など)

 大人ニキビになりやすい

 洗顔料で顔を洗うと赤くなる

 普通の化粧品を使っただけで、炎症が生じお肌がピリピリする

 タオルや衣類などでも、刺激を感じる場合がある

 季節の変わり目は、お肌の調子が悪く、普段使っている化粧品でも使えなくなる時がある

 お肌がカサついたり、ゴワついたりすることが多い

さらに、症状が酷くなると、乾燥によるかゆみなどの症状も現れます。

敏感肌の原因って?

敏感肌の主な原因は乾燥ですが、そのほかにも加齢によるお肌の水分量の低下や菲薄化、間違ったスキンケアなどいくつかの要因が考えられ、複数の原因が絡み合って症状が現れることもあります。

まず、敏感肌の原因のなかでも多いのがお肌の乾燥です。

乾燥によってお肌のバリア機能が低下し、お肌が敏感になっているのです。

お肌の乾燥は、外気の乾燥、急激な温度や湿度の変化、大気汚染、花粉などのアレルギー源の影響や、エイジング、体質、体調、病気などの影響で、次のいずれか、あるいはすべてが減少して、バランスが崩れることで起こります。

 表皮の皮脂膜

 角層の細胞内のNMF(天然保湿因子)

 角質細胞間脂質(セラミドなどの脂質)

その結果、お肌表面のバリア機能が乱れ、水分のバランスを保てない状態になってしまうのです。

このほか、加齢が乾燥をもたらすリスクを高め、年齢とともにお肌も薄くなっていくので、ちょっとした刺激にも弱くなっていきます。

また、過度なクレンジングや洗顔など、不適切なスキンケアもお肌を乾燥させ、敏感肌を引き起こします。

スキンケア以外では、バランスのよくない食生活や急激なダイエットもお肌の乾燥の原因になるので注意が必要です。

また、喫煙、過度の飲酒なども乾燥や肌荒れなどのお肌の不調を引き起こし、それが続けば敏感肌になってしまうこともあります。

敏感肌を改善するためには

敏感肌の原因の大きな要素を占めるのは乾燥なので、敏感肌を防ぐ基本は、乾燥対策、つまり保湿です。

そのためには、外側からの保湿を意識するのではなくて、からだ全体の保湿力を高めることが大切です。

つまり、乾燥、敏感肌、バリア機能、ターンオーバーを別々に考えるのではく、お肌の生まれ変わりのメカニズム全体を考えた対策が必要なのです。

その基本は、次の5つです。

1) 十分な保湿で敏感肌を改善

2) お肌を清潔に保って敏感肌を予防・改善

3) お肌への負担を少なくして敏感肌を改善

4) 食事に気を配り敏感肌を改善

5) ストレスマネジメントで敏感肌を改善

さらに、お肌が敏感だと感じている方は、お肌への負担がかからないスキンケア、エイジンケアを心掛けることが大切です。

自分に合わない化粧品を使っていないかどうかや、基本となるクレンジング・洗顔を見直してみましょう。

また、食生活を中心とした日常生活の見直しも大切です。

敏感肌を改善する化粧品の選び方

敏感肌の方は、適切にエイジングケア化粧品を選び、使うことで改善が可能です。

敏感肌の化粧品の選び方は、エイジングケア化粧品の選び方と相通じることが多いのです。

なぜなら、エイジングとともにお肌は刺激に弱くなっていくからです。

だからこそ、敏感肌の方もそうでない場合も、敏感肌のための化粧品を選ぶことで、改善と予防につながる可能性が高まります。

敏感肌の化粧品を選ぶポイントは、もちろん、「保湿」を重視することが第1ですが、刺激を避けることも同時に考えることが大切です。

次の7つのポイントを参考にしてください。

①無添加化粧品だからという理由だけで敏感肌化粧品を選ばない

②オーガニックコスメ、自然派化粧品という理由だけで敏感肌化粧品を選ばない

③アルコール、PG、合成着色料、合成香料配合の敏感肌化粧品を選ばない

④防腐剤、界面活性剤、合成ポリマーやシリコーンを必要以上に怖がらない

⑤敏感肌化粧品ランキングだけで選ばない

⑥たくさんの種類の化粧品を使う必要はなく、1つまたは2つで十分

⑦敏感肌では、化粧品を選ばない、使わないことも選択肢の1つ

まとめ

敏感肌の主な原因や症状、その改善の対策のポイントについて説明しました。

また、敏感肌化粧品の選び方のポイントもご紹介しました。

この記事「敏感肌の改善方法」を参考に、改善のための対策を実践し、またご自身にあった敏感肌化粧品をスキンケアに取り入れて、敏感肌の改善につとめていただければ幸いです。

Related Post

男性必見!目立つ毛穴トラブルを改善しよう男性必見!目立つ毛穴トラブルを改善しよう

男性でも肌悩みがある方は多いのではないでしょうか。そんな肌悩みの中で女性より男性の方が陥りやすいトラブルに、毛穴悩みがあります。 そこで今回は、男性の毛穴悩みの原因と種類、その対策についてご紹介します。 女性より男性の毛穴が目立つ原因 男性は、皮脂の分泌に影響を与える男性ホルモンがたくさん分泌されます。 そのため、通常、男性は女性よりも、皮脂腺からの皮脂の分泌量が多いのです。また、毛穴の大きさは遺伝的に、女性よりも男性のほうが大きい傾向にあるので、Tゾーンがテカリやすく毛穴も大きくなって目立ちやすいのです。 さらに、女性は30代以降、加齢とともに皮脂が減りますが、男性はそれほど減らないので、男性の肌質は脂性肌の傾向にあり、毛穴が目立ちやすいのです。 また、男性は女性よりも洗顔やスキンケアに無頓着な人も多く、知識が乏しかったり、誤った方法を行っている場合も多くあります。さらに、毛穴が目立つ原因の1つである紫外線の対策に関しても、女性に比べ男性の方があまり気を使わない場合が多いのではないかと考えられます。 ほかにも、飲酒や喫煙の習慣がある人や、仕事が忙しく偏食になりがちだったり、ストレスをため込んだり、睡眠不足になっている人も多いと思われます。 男性に多い毛穴悩みとその対策 毛穴悩みには大きく分けて、皮脂が原因になって目立つ毛穴、肌老化が原因のたるみ毛穴、乾燥が原因で目立つ毛穴、紫外線によって目立つメラニン毛穴の4つがあります。 このうち、皮脂や角質、汚れが混ざり角栓ができてしまった詰まり毛穴、毛穴の皮脂やメイクが酸化して茶色くなった状態で角栓に詰まっている黒ずみ毛穴、皮脂の分泌量が多く毛穴が丸く開いて目立ってしまう開き毛穴の3種類がある、皮脂が原因になって目立つ毛穴が、男性には多い毛穴悩みです。 このような男性に多いタイプの毛穴悩みの対策には、洗顔が大切です。 男性で脂性肌や普通肌の場合には、洗浄力が比較的高く、しっかりと皮脂を落とせる固形の石けんがおすすめです。 一方、男性でも敏感肌、インナードライ肌、乾燥肌の場合には、皮脂の取り過ぎがかえって目立つ毛穴の原因になるので、弱酸性の洗顔料やアミノ酸系界面活性剤配合の洗顔料がおすすめです。 また、しっかりと汚れを落としながらも、肌にダメージを与えにくい正しい洗顔を心がけましょう。清潔な手でしっかり泡立て、擦りすぎや時間のかけすぎをしないように気をつけ、ぬるま湯でしっかりすすぎ、清潔なタオルで優しく拭き取りましょう。 洗顔後は、グリセリン、BGなどの基本的な保湿成分に加え、保湿力の高いアミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどが配合された化粧水でしっかり保湿しましょう。 毛穴の黒ずみの原因の1つでもある過剰な皮脂をコントロールしたい場合は、ビタミンC誘導体化粧水がおすすめです。さらに、男性も30代以上なら、たるみ毛穴を意識して、エイジングケア化粧水を使うことをおすすめします。 スキンケア以外にも、たるみ毛穴の予防のために、良質のたんぱく質や抗酸化作用のあるビタミンACEやポリフェノールを含む食べ物を積極的に摂る、適度な運動する、質の高い睡眠をとるといった、アンチエイジングを意識した生活を心がけることが大切です。 まとめ 今回ご紹介した毛穴悩みだけでなく、シワやシミなど、男性でもさまざまな肌悩みが起こります。 最近では、男性でも美容に関心を持っている方も増えてきましたが、毛穴悩みをはじめ、健康な肌を保つには、スキンケアの正しい知識を持ち、アンチエイジングを意識した生活を心がけることが大切です。男性も毛穴の目立たない美肌を目指しましょう。

ほうれい線対策は年代別で違う!原因と対策を理解しようほうれい線対策は年代別で違う!原因と対策を理解しよう

ほうれい線はどの年代の女性にとっても嫌なエイジングサインの1つです。ほうれい線と言ってもその原因はさまざまあり、年代によっても違ってきます。 そこで今回は、年代別のほうれい線の原因や特徴、対策についてご紹介します。それぞれの年代の原因と特徴を理解して、あなたのほうれい線対策に役立ててください。 ほうれい線の原因 ほうれい線は、しわではなく、鼻の両脇から口元の部位に伸びる頬の境界線です。 ほうれい線が目立つ主な原因は、真皮の衰え、表情筋の衰え、皮下組織・皮下脂肪の衰えや肥大化の3つです。 加齢により、顔のたるみが進み、肌の老化の原因も複雑化するので、ほうれい線が目立ちやすくなり、改善が難しくなります。 ほかにも、乾燥、糖化、むくみ、無理なダイエット、悪い姿勢、歯並び、うまれつきの骨格なども原因になります。 また、年齢別で原因が異なる場合もあるので、若い時期から予防することや、年齢に応じて早く対策を行うことが大切です。 年代別のほうれい線の原因・特徴と対策 ①10代・20代 この年代では、顔のたるみが原因のほうれい線が目立つことはほぼなく、原因の多くは、肌の乾燥か、急激なダイエットです。ほかにも、紫外線による光老化、悪い姿勢、睡眠不足などもあります。 対策としては、保湿、紫外線対策、健康的な日常生活です。 ②30代 30代前半では、20代と同じような原因が主で、対策もほぼ同じです。しかし、30代半ばを過ぎると、セラミド、天然保湿因子、皮脂の量が減少し、肌は乾燥しやくなります。 さらに、コラーゲンやエラスチンも減少し、真皮の衰えが始まります。対策としては、30代前半のケアに加え、コラーゲンやエラスチンを増やすサポートをするエイジングケア化粧品を使いましょう。 ③40代 40代になると、顔のたるみが原因のほうれい線が目立ってきます。対策としては、保湿、紫外線対策に加えて、抗酸化作用やコラーゲン、エラスチンを増やすサポートをするエイジングケア化粧品を使いましょう。フェイスマスクや表情筋のエクササイズ、ツボ押しも取り入れるとよいでしょう。 ④50代以上 50代になると、顔のたるみもさらに進行し、肌や身体の機能も低下し、多くの方が閉経を迎えるので、ほうれい線の原因が複数である場合が多くなります。 ほうれい線はより深くなり、あごにまでシワやたるみが目立つようになってきます。対策としては、40代と同じエイジングケアに加え、口元専用のエイジングケア美容液などを使うこともおすすめです。 目立ってくるほうれい線を消す必要性を感じるなら、美容医療なども選択肢です。 ほうれい線対策の効果は? さまざまなほうれい線対策のためのエイジングケア化粧品がありますが、エイジングケア化粧品で改善できるのは乾燥が原因のほうれい線だけです。 ほうれい線対策のエイジングケア化粧品の目的は、ほうれい線の予防なので、早い時期からエイジングケアを開始しましょう。 化粧水では、ナールスゲンやプロテオグリカンなど、保湿力とエイジングケアを兼ね備えた成分配合のものがおすすめです。 美容液では、保湿力の高いヒト型セラミドを配合したものがおすすめです。乳液や保湿クリームでは、セラミドやシアバタなどの水分の蒸発を防ぐ成分、油溶性ビタミンC誘導体配合のものがおすすめです。 美顔器やイオン導入器、ベロ回し体操などの対策もありますが、あくまでほうれい線の予防や今以上に深くしない対策として考えましょう。 深いほうれい線の改善や解消は、トレチノインなどの医薬品や美容医療による治療が必要です。 また、アンチエイジングを意識した習慣で予防美容を行うことも大切です。 まとめ