敏感肌さん必見!敏感肌さんのための3つのエイジングケア基本対策

敏感肌さん必見!敏感肌さんのための3つのエイジングケア基本対策 post thumbnail image

年齢を重ねるにつれ、敏感肌になる方が多いってご存じでしたか?

だから、若い時に使ってきた化粧品を使い続けても、同じような効果を実感できなかったり、逆にお肌が荒れたりする方が多いんです。

私自身も、エイジングケア世代に近づき、より一層スキンケアについて気をつけるようになったので、インターネットやSNSで情報を調べています。

そこで今回、とても有益な美容情報を得ることができるサイトを見つけたので、そちらを参考にしながら敏感肌さんに向けたエイジングケア基本対策をご紹介していきます。

そのとても勉強になったのがエイジングケアアカデミーさんの“敏感肌対策の3つの基本対策のエイジングケアを3分動画でチェック!” です。こちらをもとにご紹介していきます。

敏感肌になる原因

まず、敏感肌になると、乾燥が進んでバリア機能が低下し、スキンケアをしても刺激を感じたり、赤くなったり、普段使っている化粧品が使えなくなってしまいます。

その敏感肌になる原因としては、外部からの原因と内部の原因があります。

外部の原因は、

・外気の乾燥や季節の変わり目などにおこる寒暖差

・紫外線によるダメージ

・エアコンによる乾燥

・花粉やPM2.5などによるバリア機能を低下

・喫煙習慣による肌ダメージ

・過度な飲酒

などがあげられます。

内部的な原因は、

・刺激や負担の大きいスキンケア

・遺伝やアトピー性皮膚炎などの病気

・偏った食生活

・睡眠不足

・女性ホルモンの乱れ

・運動不足

・冷え性

・ストレス

刺激や負担の大きいスキンケアとしては、クレンジングの際のフェイスマッサージ、脱脂力の強い界面活性剤、過度な回数の酵素洗顔やピーリングのことです。

私はたまにお肌が荒れるので、皮膚科に行くと、「よく寝て、野菜や果物たくさん食べて、適度な運動してください。また、甘いものはたくさん食べないで下さい。」とよく言われます。

なので、日頃しっかりとスキンケアを行っている敏感肌さんであれば、インナーケアや生活習慣にも気をつけてみることも大切かなと思います。(あくまで、個人的な見解です^^)

敏感肌さんのための3つの基本対策

みなさんは、どんな対策を行っていますか?スキンケアに気をつけたり、お肌に触れるものに気を配るなどを、されている方も多いかと思います。

エイジングケアアカデミーさんで紹介されていた3つの基本対策をご紹介します!

・刺激や負担の少ない洗顔やクレンジングで敏感肌対策

おすすめの洗浄成分は「アミノ酸系界面活性剤」などを配合した洗顔料です。洗浄力があまり強すぎると、必要以上にお肌の皮脂などを落としてしまうそうです。

洗浄剤に気を配られている方も多いですが、洗顔の際の洗い方も注意が必要です。あまり、ゴシゴシ洗うよりも洗浄剤で顔を洗うイメージがポイントです。また、フェイスマッサージもNGだそうです。

・優しい保湿ケアで敏感肌対策

セラミド(特にヒト型セラミド)は特に保湿力が高い成分なので、敏感肌さんにおすすめの保湿成分です。

避けたい成分は、アルコール(エタノール)です。敏感肌さんはノンアルコールやアルコールフリーと書かれた化粧品を選ぶのがおすすめです。

また、PGが化粧品の全成分表示に記載されている化粧品も避けた方が良いそうです。

・紫外線をブロックして敏感肌対策

意外と夏以外は対策をとらない人が多い「紫外線対策」。

日差しのジリジリ感が少なくなってくると日焼け止めを塗らなくなったり、日傘をささない人が多いのではないでしょうか。

でも、これはNGです。

冬になっても紫外線は降り注いでいるので、外出される際は必ず紫外線対策をしましょう。可能であれば、室内でも日焼け止めを塗ることをおすすめします!

まとめ

今回は敏感肌さんのための3つのエイジングケア基本対策についてご紹介しました。

エイジングケアアカデミーさんの“敏感肌対策の3つの基本対策のエイジングケアを3分動画でチェック!” では、敏感肌さんにおすすめのスキンケア用品もご紹介されているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

少しでも、皆さんのお役に立てていれば幸いです。美肌をゲットするためにも3つのエイジングケア基本対策を行っていきましょう。

Related Post

ほうれい線対策は年代別で違う!原因と対策を理解しようほうれい線対策は年代別で違う!原因と対策を理解しよう

ほうれい線はどの年代の女性にとっても嫌なエイジングサインの1つです。ほうれい線と言ってもその原因はさまざまあり、年代によっても違ってきます。 そこで今回は、年代別のほうれい線の原因や特徴、対策についてご紹介します。それぞれの年代の原因と特徴を理解して、あなたのほうれい線対策に役立ててください。 ほうれい線の原因 ほうれい線は、しわではなく、鼻の両脇から口元の部位に伸びる頬の境界線です。 ほうれい線が目立つ主な原因は、真皮の衰え、表情筋の衰え、皮下組織・皮下脂肪の衰えや肥大化の3つです。 加齢により、顔のたるみが進み、肌の老化の原因も複雑化するので、ほうれい線が目立ちやすくなり、改善が難しくなります。 ほかにも、乾燥、糖化、むくみ、無理なダイエット、悪い姿勢、歯並び、うまれつきの骨格なども原因になります。 また、年齢別で原因が異なる場合もあるので、若い時期から予防することや、年齢に応じて早く対策を行うことが大切です。 年代別のほうれい線の原因・特徴と対策 ①10代・20代 この年代では、顔のたるみが原因のほうれい線が目立つことはほぼなく、原因の多くは、肌の乾燥か、急激なダイエットです。ほかにも、紫外線による光老化、悪い姿勢、睡眠不足などもあります。 対策としては、保湿、紫外線対策、健康的な日常生活です。 ②30代 30代前半では、20代と同じような原因が主で、対策もほぼ同じです。しかし、30代半ばを過ぎると、セラミド、天然保湿因子、皮脂の量が減少し、肌は乾燥しやくなります。 さらに、コラーゲンやエラスチンも減少し、真皮の衰えが始まります。対策としては、30代前半のケアに加え、コラーゲンやエラスチンを増やすサポートをするエイジングケア化粧品を使いましょう。 ③40代 40代になると、顔のたるみが原因のほうれい線が目立ってきます。対策としては、保湿、紫外線対策に加えて、抗酸化作用やコラーゲン、エラスチンを増やすサポートをするエイジングケア化粧品を使いましょう。フェイスマスクや表情筋のエクササイズ、ツボ押しも取り入れるとよいでしょう。 ④50代以上 50代になると、顔のたるみもさらに進行し、肌や身体の機能も低下し、多くの方が閉経を迎えるので、ほうれい線の原因が複数である場合が多くなります。 ほうれい線はより深くなり、あごにまでシワやたるみが目立つようになってきます。対策としては、40代と同じエイジングケアに加え、口元専用のエイジングケア美容液などを使うこともおすすめです。 目立ってくるほうれい線を消す必要性を感じるなら、美容医療なども選択肢です。 ほうれい線対策の効果は? さまざまなほうれい線対策のためのエイジングケア化粧品がありますが、エイジングケア化粧品で改善できるのは乾燥が原因のほうれい線だけです。 ほうれい線対策のエイジングケア化粧品の目的は、ほうれい線の予防なので、早い時期からエイジングケアを開始しましょう。 化粧水では、ナールスゲンやプロテオグリカンなど、保湿力とエイジングケアを兼ね備えた成分配合のものがおすすめです。 美容液では、保湿力の高いヒト型セラミドを配合したものがおすすめです。乳液や保湿クリームでは、セラミドやシアバタなどの水分の蒸発を防ぐ成分、油溶性ビタミンC誘導体配合のものがおすすめです。 美顔器やイオン導入器、ベロ回し体操などの対策もありますが、あくまでほうれい線の予防や今以上に深くしない対策として考えましょう。 深いほうれい線の改善や解消は、トレチノインなどの医薬品や美容医療による治療が必要です。 また、アンチエイジングを意識した習慣で予防美容を行うことも大切です。 まとめ

50代におすすめの美容液ならマストで入っていてほしい成分50代におすすめの美容液ならマストで入っていてほしい成分

50代の女性は、それまでには無かったあることが影響して、肌トラブルが起こりやすくなります。 そのため、慎重に化粧品を選ぶ必要があります。 今日は、化粧品の中でも美容成分がたっぷり配合されている傾向にある美容液にフォーカスしてお伝えします。 この記事を読んでいただくことで、「50代におすすめの美容液ならどんな成分が入っているものが良いかをイメージできるようになると思います。 ぜひ続きを読み進めてみてください。 50代のお肌に影響をあたえる女性ホルモン 50代は単に年齢によるお肌の衰えだけではなく、女性ホルモンに関わる影響も加わり、非常にやっかいな年代といえます。 45歳から55歳前後の閉経を迎える前後5年間くらいが更年期と言われますが、この時期は美肌ホルモンと呼ばれる女性ホルモンの一種であるエストロゲンが激減します。 エストロゲンはコラーゲンを増やす働きがあります。 そのエストロゲンが激減することで、ハリや弾力が減少し、ほうれい線やマリオネットラインなどが目立つことが増えていきます。 また、エストロゲンは、骨の新陳代謝の際に骨からカルシウムが溶けだすのを抑制する働きがあります。そのため、エストロゲンの減少によって骨密度が低くなります。 骨というと、手足の骨をイメージするかもしれませんが、頭蓋骨も骨です。 頭蓋骨が痩せることで、その上にある皮膚が余り、結果お肌がたるみます。 これらの特徴に加えて、加齢による乾燥も加わりますので、50代の女性のお肌はいろんなエイジングサインが目立ってきやすい年代だと言えます。 50代におすすめの美容液ならどんな成分が必要 というわけで、50代になると、今まで以上にスキンケアに力を入れたくなるわけですが、どんな成分が入っているものが良いのでしょうか? 50代におすすめの美容液ならマストで入っていてほしい成分を、主な役割ごとにご紹介します。 ハリをサポートする成分 まずは、なんといってもハリや弾力をサポートする成分はマストです。 次のような成分がとくにおすすめです。 ・ナールスゲン ・ネオダーミル ・ビタミンA誘導体 抗酸化をサポートする成分 お肌の酸化は肌老化を進めます。そのため、抗酸化をサポートする成分が入っているものを選びましょう。 ・金コロイド ・フラーレン ・アスタキサンチン 高い保湿力をサポートする成分 お肌の乾燥はすべての肌悩みを加速させます。そのため、50代の美容液には保湿力が高い成分が入っているものが必須条件になります。美容液に配合するなら次のような成分がとくにおすすめです。