セラミドクリームはエイジングケアに効果的!その選び方は?

セラミドクリームはエイジングケアに効果的!その選び方は? post thumbnail image

セラミドクリームを上手に選ぼう!

エイジングケアの要といえば「保湿」。セラミドは、その保湿の重要な役割を担っている成分です。

中でも、セラミド配合の保湿クリームは、角質層の水分保持力やバリア機能を高め、お肌を健やかな状態に保ってくれます。

だから、セラミドクリームをスキンケアやエイジングケアに取り入れることは、いつまでも健やかで若々しい美肌づくりに役立ちます。

では、どのようなセラミドクリームを選べばより効果的なのでしょうか?

そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「おすすめのセラミドクリームとランキングに頼らない選び方」の記事を参考に、セラミド配合の保湿クリームの効果や選び方のポイントをご紹介します。

そもそも、セラミドのはたらきとは?

セラミドは、もともと私たちのお肌に存在する成分であり、化粧品成分としてもエイジングケアを考える上でも重要な成分です。

では、私たちが持っているセラミドはどこにあるのでしょうか?

皮膚は表皮・真皮・皮下脂肪からできているのですが、セラミドは表皮の1番外側の角質層という部分に含まれています。

角質層にはたくさんの角質細胞があり、その細胞と細胞の間には、角質細胞間脂質という物質がびっしりと詰まっています。

セラミドは、この角質層の角質細胞間脂質を構成する主成分。

角質細胞間脂質の50%以上を占めるといわれ、細胞と細胞をつなぐはたらきによって、お肌の保湿をサポートします。

このように、セラミドは表皮の角質層を構成する細胞間脂質の主成分として、健やかな角質層を形成するための重要な役割を担っています。

セラミドクリームの役割って?

まず、保湿クリームの役割としては、主に次の3つです。

 お肌の水分を保持してバリア機能を守る

 お肌に油分を与えて、水分の蒸散を防ぐ

 お肌を柔軟に保つ

こってりとしたテクスチャーで、加齢によって低下しがちなお肌の油分を補い、なめらかさを保ちます。

お肌が乾燥する冬場だけでなく、スキンケアやエイジングケアの基本として年間を通して意識しておきたいのが保湿ケア。

そのための頼もしいアイテムが、保湿成分セラミドを配合したクリームです。

30代くらいまでは、きちんとした保湿ケアができていれば油分の補給は必要ありませんが、年齢とともに水分、油分が低下。

自分のお肌のセラミドの量も減ってしまうため、セラミド配合の保湿クリームで補うことが大切です。

セラミドクリームの選び方のポイント

セラミドクリームは、価格も安いものから高級ブランドまでさまざまあり、また、無添加化粧品がいいのか医薬部外品がいいのかなど、選び方に悩みますね。

ネットの人気ランキング上位や口コミで評判のセラミドクリームが、自分のお肌に合うとは限りませんし、クリームに配合されるセラミドの種類によっても得られる保湿効果が違ってきます。

そこで、セラミドについての基本的な知識を整理するとともに、セラミド配合のクリームを選ぶ際のポイントをわかりやすく説明します。

1)ヒト型セラミドが配合されているか?

セラミドの中でも、ヒト型セラミドは人のお肌にあるセラミドと同じ構造をしているため、浸透しやすく、高い保湿効果が期待できます。

また、低刺激のため、敏感肌の方も使えるというメリットがあります。

パッケージの全成分表示欄を確認し、ヒト型セラミドが配合された保湿クリームを選ぶようにしましょう。

成分表示では、「セラミド1」や「セラミドNP」などのように、セラミドの後に番号かアルファベットが表記されています。

ヒト型セラミドが複数、配合されているフェイスクリームが特にオススメです。

2)セラミドの配合量はどうか?

セラミドの効果を実感するには、配合されているセラミドの種類だけではなく、どのくらいの濃度で配合されているかという、配合量も重要です。

化粧品には、全成分表示が義務付けられ、配合量の多いものから順に記載されています。(1%以下は順不同)

成分表示だけでは正確な量は把握できませんが、セラミドが上の方に記載されている製品は、比較的多く配合されているという目安になります。

3)ほかの保湿成分は配合されているか?

セラミドクリームを選ぶ際は、セラミドに加えて「水溶性の保湿成分」が配合されたものを選びましょう。

保湿成分にはそれぞれ特徴があるため、複数の成分を取り入れることで、よりうるおい効果を実感できます。

中でも、「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、「プロテオグリカン」などは、セラミドとは異なるタイプの保湿成分で、刺激もなくお肌へのなじみがよいので、セラミドとの相乗効果も期待できます。

4)エイジングケア化粧品成分が配合されているか?

セラミドはその保湿力では大きな期待が持てる成分ですが、エイジングケアには、抗酸化作用があったりコラーゲンやエラスチンにアプローチするエイジングケア化粧品成分が一緒に配合されているものが一層、オススメです。

抗酸化作用のある成分としては、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体、フラーレン、アスタキサンチン、コエンザイムQ10、プラセンタなどです。

コラーゲンやエラスチンにアプローチする成分としては、ナールスゲンやネオダーミルです。

5)お肌への刺激は少ないか?

セラミドクリームは、乾燥したお肌に使用する場合が多いのではないでしょうか。

乾燥が進んだお肌は、少しの刺激にも弱く、化粧品によってはヒリヒリしたり、赤くなったりすることも。

お肌への刺激となるアルコール(エタノール)やPG、合成着色料、合成香料が不使用か、あるいは極力少ないものを選ぶようにしましょう。

防腐剤も刺激を与えますが、これが無添加である場合はほとんどありませんし、化粧品の清潔性や品質管理上は必要な成分です。

また、配合濃度は低く必要最小限なので、防腐剤無添加に過度にこだわる必要はありません。

6)1日あたりの経済性(コスパ)

セラミドクリームは、できれば長く使えることも大切です。その要素はセラミドクリームの価格、つまりお値段です。

ただ、ここでいうお値段は、単に価格のことではなくコストパフォーマンスです。基本的には、価格を容量で割れば、1g当たりのお値段がわかるのでそれをチェックしましょう。

もう1つは、テクスチャーで同じ1回あたりに必要な用量が異なることです。伸びのよいセラミドクリームなら同じ容量でも長く使えるので、1箱でどれくらいの期間が使えるかのほうが大切です。

7)お試し・初回価格などがあるか?

どんな化粧品もやはり試してみないと実際のところはわかりませんね。

セラミドクリームも同じです。

無料サンプル、トライアルキット、初回価格、あるいは返品保証・返金保証などの有無もチェックしてセラミドクリームを選びましょう。

まとめ

ナールスエイジングケアアカデミーの「おすすめのセラミドクリームとランキングに頼らない選び方」の記事を参考にして、セラミドについての基礎知識やセラミド配合保湿クリームの選び方のポイントをご紹介しました。

この記事をもとに、エイジングケアにとって大切な保湿アイテムとして、ご自身にあったセラミドクリームを選んでいただければ幸いです。

Related Post

私もインナードライ肌?症状や原因をチェックしよう!私もインナードライ肌?症状や原因をチェックしよう!

肌はテカテカしているのに、洗顔後ツッパリを感じる・・・など、自分はもしかしてインナードライ肌なのかも、と感じている方も多いと思います。では、インナードライ肌とは具体的にどんな肌なのでしょうか? そこで今回は、インナードライ肌の症状や原因、インナードライ肌を進行させる要因についてご紹介します。 インナードライ肌の症状 インナードライ肌とは、肌の表面は皮脂が多くテカテカして、一見、脂性肌と感じてしまうような状態ですが、肌の内側は水分不足で乾燥している状態の肌のことです。 肌のテカリが気になる、肌が乾燥している気がするのにニキビができる、皮脂が多いのに肌にツッパリを感じるといった症状が典型的なインナードライ肌の例です。 さらに、インナードライ肌はターンオーバーが乱れているため、吹き出物ができやすくなる、毛穴の黒ずみや開きが目立つ、シミが増える、肌がごわつく、肌がくすみがちでメイクのノリが悪いといった症状が出ることもあります。 インナードライ肌の原因 インナードライ肌の1番の原因は、肌の乾燥です。肌が乾燥する要因には、加齢、乱れた食生活、病気、間違った洗顔、刺激の強いクレンジング料の使用、誤った化粧品の使い方、不十分な紫外線ケアなどがあります。 今挙げたような何らかの原因で肌が乾燥すると、保湿がうまくいかず乾燥が進みます。そうすると、バリア機能も低下するので、さらに乾燥が進みます。 そして、肌が危険を察知し、これ以上水分が蒸発してはいけないと感じて、肌表面で蒸発を防ぐために、皮脂が過剰にできます。 このとき、肌の中ではバリア機能の低下により、天然保湿因子やセラミドなどが減っています。また、ターンオーバーが加速して、未成熟な角質がどんどん表皮の上まで上がってきているのです。これが、インナードライ肌が進行するプロセスです。 そのため、インナードライ肌を改善するためには、プロセスの最初の段階で、ひどくなる前に対策を実施することが大切なのです。 インナードライ肌を進行させるスキンケア インナードライ肌は脂性肌とは違い、肌の内側は乾燥しているので、脂性肌のためのスキンケアや無理に皮脂を取るためのスキンケアをしてはいけません。 なぜなら、この状態で無理に皮脂を落としても、また、皮脂を分泌するように肌が作用すると同時に、乾燥がさらに進んでしまい、ターンオーバーも乱れることになり、その結果、改善するどころか、肌が刺激に弱い「敏感肌」になってしまうこともあるからです。 やってはいけないスキンケアは、まず、あぶら紙やティッシュなどで過剰に皮脂を拭き取ってしまうことです。 これは、肌からの水分の蒸発を促進するので逆効果です。 そして、強いクレンジング料の使用もやめましょう。肌に負担が少ない、クリームタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプや、アミノ酸系界面活性剤のクレンジングジェルがおすすめです。 同じように、刺激の強い洗顔料の使用もやめましょう。擦りすぎや回数の多い洗顔もやってはいけません。ダブル洗顔や酵素洗顔も避けましょう。 さらに、皮脂の分泌を抑える成分が入っている収れん化粧水、汚れや皮脂を洗浄するためのふき取り化粧水、アルコール配合の化粧水の使用は避けましょう。 スキンケアは保湿化粧水だけでなく、保湿力の高い美容液や保湿クリームも使いましょう。しかし、過度な美容オイルや油溶性成分の使用は、大人ニキビや肌荒れの原因になってしまうので注意しましょう。 まとめ 肌の悩みとしてよく聞くようになった、インナードライ肌の症状や原因についてご紹介しました。 インナードライ肌は、見た目はテカテカしていますが、その本質は乾燥肌であることがお分かりいただけたと思います。 そのため、インナードライ肌の改善には、乾燥肌のための対策、つまり保湿を行うことが大切なのです。

マスクが原因でシミができる!しっかりと予防しようマスクが原因でシミができる!しっかりと予防しよう

新型コロナウイルス感染予防の対策として、マスク生活が当たり前になっています。そのマスクが原因のシミに悩んでいる方もいるのでは? そこで今回は、マスクジミの原因と予防の対策をご紹介します。 マスクジミの原因 マスクの摩擦は肌への刺激になり、炎症が起こります。 そして、肌を守るためにメラニンの分泌が増え、色素沈着が起こる、炎症性色素沈着になります。 マスクがこすれやすい目の下から頬骨の上にかけては、リスクが高くなります。毛穴に炎症が起こると、ニキビが悪化し、ニキビ跡の色素沈着でシミになってしまうこともあります。 また、マスクによるバリア機能の低下で、肌荒れやターンオーバーの乱れが起き、シミが目立ちやすくなります。 さらに、マスクでカバーしているパーツにUV化粧下地や日焼け止めを塗り忘れることで、焼けむらになったり、日焼けをしてシミが目立つ老人性色素斑が生じます。 マスク生活による精神的なストレスは、女性ホルモンのバランスの乱れの原因になり、活性酸素が増えて酸化の原因にもなります。 酸化によって、メラノサイトが刺激されて、黒色メラニンの生成を促しシミができることもあります。 マスクジミの予防の対策 マスクをしていても紫外線対策は必要です。特に夏は10時から14時の外出を避ける、帽子や日傘などでも紫外線対策を行う、できるだけ日陰を歩くなど、物理的な紫外線予防の対策を行いましょう。 その上で、マスクで隠れているパーツにも日焼け止めを使いましょう。特にシミやシワ、たるみを招くUVAカットの指標のPAをチェックし、夏場なら、PA+++以上のものを選びましょう。 肌に優しく、光劣化しないノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄を配合すれば、シミの原因になるブルーライトもカットすることができます。適切な使用量をしっかりムラなく塗り、1日に何度か塗り直すことも必要です。 さらに、メラニンの生成を抑えるはたらきのあるビタミンC誘導体やプラセンタエキス、アルブチン、トラネキサム酸、ナイアシンアミドなどが配合された美白化粧品を使うこともおすすめです。 また、バリア機能を守り、肌のターンオーバーを正常化するために、保湿ケアをしっかり行うことが、シミ予防には大切です。 おすすめの保湿成分は、水分を挟み込む成分のセラミド、水分を吸着する成分のグリセリンやアミノ酸、水分を抱え込む成分のヒアルロン酸やプロテオグリカン、コラーゲン、エラスチンなどです。 そして、しっかりと汚れを落としながらも優しい洗顔やクレンジングを行いましょう。 乾燥肌や敏感肌でも安心して使えるクレンジング料がおすすめです。 ほかにも、ターンオーバーが遅くて、肌がゴワゴワしている場合には、メラニンの排出を促すために、ピーリングや酵素洗顔での適度な角質オフのケアもよいでしょう。 シミ予防ができるビタミンABCEを食べ物で摂って、からだの内側から予防することも大切です。 これらの栄養素を食べ物から十分に摂れない場合は、サプリメントで補うのもよいでしょう。 まとめ スキンケアや食べ物でのマスクジミの予防の対策をご紹介しました。 ほかにも、摩擦が軽減される素材やサイズのマスクを選ぶこと、マスクにガーゼを挟んだり、長時間の着用を避ける工夫をすることも大切です。 まだまだマスク着用が必須である生活が続くので、しっかりシミ予防を行いましょう。