自分に合った毛穴悩みの治療法を知ろう!

自分に合った毛穴悩みの治療法を知ろう! post thumbnail image

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の

「毛穴の開き・黒ずみ・たるみの治療!費用と美容クリニックの選び方」を参考に、毛穴の開き・黒ずみの治療の種類や費用、クリニックの選び方をご紹介します。

「毛穴治療にはどんな種類があるの?」

「毛穴治療のクリニックの選び方は?」

など、気になる方はぜひご覧ください。

治療法の種類と費用

毛穴治療には2種類あり、毛穴の開き・黒ずみの原因が、ニキビや湿疹などの皮膚の病気であった場合は健康保険適応の皮膚科治療となり、明確に原因となる皮膚病がない場合は自費による美容治療となります。

美容医療による治療法には次のようなものがあります。

①イオン導入

高濃度のビタミンC誘導体や毛穴収縮作用のあるグリシルグリシンをお肌の奥に浸透させる治療法で、費用は1万円前後です。

②エレクトロポーション導入

電気の力で細胞膜に一時的に微細な穴をあけてプラセンタエキスやAPPSなどのビタミンC誘導体、トラネキサム酸、グリシルグリシンを肌の奥に浸透させる治療法で、費用は1万5000円から2万円程度です。

③ケミカルピーリング

皮膚にグリコール酸やサリチル酸などの薬品を塗り、不要な角質や老廃物や汚れなどを除去する治療法で、費用は6000円~7000円位です。

④フラクショナルレーザー

肌のハリを保つ真皮層のコラーゲンを増やすために刺激を与えるレーザーを照射する治療法で、1回の料金は7,000円~20,000円程度です。

⑤フォトフェイシャル

広範囲の光を照射することで毛穴を引き締める治療法で、1回の料金は15,000円程度です。

⑥高周波治療

RFという肌に安全な電磁波を用いる治療法で、費用は100,000円~300,000円程度です。

⑦ポラリス

RFとダイオードレーザーを組み合わせた治療法で、1回の料金は15,000円程度です。

⑧ダーマペン

11本の超微細な針で肌に高密度の穴を開けてコラーゲンを増やし、EGFやFGFなどの成長因子、ヒアルロン酸などを直接注入する治療法で、費用は1回20000円程度です。

⑨HIFU

高密度焦点式超音波をピンポイントで肌悩みのあるパーツへ当てる治療法で、費用は1回40000円~50000円程度です。

⑩角栓除去

専用の溶剤を角栓に塗布した後に、スチーマーで蒸気をあてながら、複数本の吸引管を使って角栓を取り除く治療法で、費用は1回1か所6000円程度です。

美容クリニック・美容皮膚科の選び方

毛穴治療の美容医療に限らず、皮膚科、美容クリニック・美容皮膚科の選び方には次の5つのポイントがあります。

・医師の技能が高く経験が豊富である

・自分の目的にあった治療メニューがある

・公開されている情報が分かりやすい

・知識や対応などスタッフの質が高い

・ホスピタリティを意識したコミュニケーションを心がけている

毛穴悩みのセルフケア

開き毛穴や黒ずみ毛穴の原因となる皮脂や汚れをしっかり落とす洗顔やクレンジングを心がけましょう。

ただし肌の擦りすぎはお肌を傷つけ皮脂の酸化や角栓を引き起こす可能性が高くなるので注意しましょう。洗顔やクレンジング後はしっかりと保湿しましょう。

ピンセットでの角栓除去、過度な毛穴パックやピーリングなどの間違った毛穴ケアはやめましょう。

さらに、毛穴トラブルのない美肌を育むためには、アンチエイジングを意識した規則正しい生活習慣もポイントとなります。バランスのよい食生活や質の高い十分な睡眠、適度な運動やストレスを溜めないことが大切です。

まとめ

毛穴の開き・黒ずみの治療の種類や費用、クリニックの選び方をご紹介しました。

毛穴悩みは、正しいセルフケアで改善できればよいですが、ひどくなると医療機関で適切な治療を受けることも選択肢です。

この記事を参考に、毛穴治療の種類やリスクなどをきちんと理解し、毛穴悩みを改善しましょう。

Related Post

光老化の対策光老化の対策

光老化を予防しましょう! お肌の老化と密接に関わっている紫外線。紫外線によるお肌の老化は、「光老化」と呼ばれます。 光老化によるダメージの主な原因である紫外線A波(UVA)は、紫外線B波(UVB)と比べると、季節にも天候にもあまり左右されず、年間を通じて降り注いでいます。 また、紫外線A波は、窓ガラスを透過する力もあります。 だから、毎日、スキンケアしていても、紫外線対策を怠っていると、知らず知らずのうちにお肌の老化を進めてしまうことになってしまうのです。 そこで、この記事では、「光老化の対策」をテーマに、光老化のメカニズムや肌への影響をはじめ、予防のための対策について幅広くご紹介します。 光老化の原因とは? 紫外線を長年浴び続けることで、シミや深いシワ、たるみなどお肌の老化を引き起こします。 もちろん、たるみが原因でおこるほうれい線、たるみ毛穴、ゴルゴラインやマリオネットライン、目の下の黒くまなども紫外線による長年のダメージが原因となります。 これを「光老化」といいます。 光老化の原因になるのはUVAとUVBですが、お肌に与えるダメージはUVAとUVBで異なります。 UVAは、紫外線A波、または生活紫外線とも呼ばれます。 中でも、波長が340〜400nmの長波長のUVAはロングUVAとも呼ばれています。 皮膚が黒くなる日焼けをサンタンといいますが、これは主にUVAのしわざです。 また、地表に届く紫外線のうち大部分を占めるのがUVAです。 UVBはレジャー紫外線とも呼ばれ、日光浴でお肌が赤くなったりする日焼け(サンバーン)はUVBが原因です。 UVBは、全紫外線の約5%程度を占めます。 UVBは肌表皮に影響を与え、ターンオーバーを乱したり、バリア機能を低下させ、乾燥肌の原因になります。 光老化のお肌への影響は? このようにUVAとUVBは、その性質は違うものの、皮膚が老化する大きな原因であることには違いありません。 最近では、加齢よりも光老化のほうが、皮膚の老化の大きな要因だともいわれ、米国皮膚科学会(American Academy of Dermatology=AAD)では、老化の約80%が、加齢以外の紫外線による光老化など外部環境が影響していると発表しています。 年齢を経て老化するだけのお肌は、次の特徴があります。  皮膚が薄くなる  皮膚の色も薄くなる 一方、光老化の場合は、その逆に次の特徴があります。

毛穴ケアのポイントは?ナールスエイジングケアアカデミーでチェック!毛穴ケアのポイントは?ナールスエイジングケアアカデミーでチェック!

年代性別関係なく、顔や鼻で目立つ毛穴に悩む方が多いと思います。毛穴トラブルには種類があり、原因も異なります。そこで、ナールスエイジングケアアカデミーでは、目立つ毛穴のケアに役立つ情報をご紹介しています。 毛穴トラブルの原因 毛穴トラブルの原因は大きく4つに分かれます。また、いくつかの原因が重なってトラブルになることもあります。 まず、皮脂が原因の毛穴トラブルです。皮脂、角質、汚れが混ざり、角栓ができてしまった詰まり毛穴や、クレンジングや洗顔が不十分で、皮脂やメイクが酸化して、茶色くなった状態で角栓に詰まる黒ずみ毛穴、皮脂の分泌量が多く、毛穴が丸く開いて目立ってしまう開き毛穴がこれにあたります。 つぎに、加齢が原因の毛穴トラブルです。紫外線や加齢で真皮のコラーゲンやエラスチンが減って、毛穴がゆるんで広がったたるみ毛穴がこれにあたります。たるみ毛穴が進展し、毛穴と毛穴がつながった状態になったものは、帯状毛穴と呼ばれます。 つぎに、乾燥が原因の毛穴トラブルです。乾燥によって、キメが乱れたことによって目立つ乾燥毛穴がこれにあたります。 そして、紫外線が原因の毛穴トラブルです。紫外線ダメージにより、ターンオーバーが乱れ、メラニンが蓄積して毛穴の周りに滞ったメラニン毛穴がこれにあたります。さらに、紫外線は、メラニン毛穴だけでなく、開き毛穴や黒ずみ毛穴などほとんどの毛穴の悩みの原因となります。 毛穴トラブルの種類別の対策 皮脂が原因の毛穴対策の基本は、洗顔やクレンジングを見直して、皮脂の過剰分泌や古い角質や角栓が肌にとどまる原因を取り除くことです。スキンケアには、クレイなど毛穴の汚れを吸着する成分、アーチチョーク葉エキスなど毛穴のトラブルを改善する成分、皮脂をコントロールする成分などが配合された化粧品がおすすめです。 加齢が原因の毛穴は、肌の老化によって毛穴の広がりが進んだものなので、ネオダーミル、ナールスゲンなどのコラーゲンを増やす成分を配合した化粧品を使って、早めのケアを心がけましょう。 乾燥が原因の毛穴対策の基本は、保湿です。セラミド、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、NMFの元であるアミノ酸成分など保湿力の高い成分を配合したスキンケアアイテムがおすすめです。 紫外線が原因の毛穴対策は、徹底した紫外線対策が重要です。日焼け止めやファッションを活用した紫外線対策を行い、ターンオーバーを促進して、メラニンの排出を促す酵素洗顔をしたり、ビタミンA誘導体やビタミンC誘導体などが入った美白化粧品や美白化粧水を使うこともおすすめです。 まとめ どんなタイプの毛穴もケアの基本は、洗顔やクレンジングで清潔を保つこと、エイジングケア化粧品でしっかり保湿すること、紫外線対策を怠らないことです。ナールスエイジングケアアカデミーでは、毛穴の種類別の対策や毛穴ケアにおすすめのクレンジング料や化粧水などをご紹介しています。ぜひ、毛穴ケアの参考にしてください。

20代からのほうれい線対策で30代以降も若々しい肌に20代からのほうれい線対策で30代以降も若々しい肌に

20代はお肌のハリ・ツヤで輝いていて、たるみやほうれい線などとは無縁に思えますよね? でも、目に見える変化はなくても、20代のお肌の内側では確実に老化が進んでいます。 そこで今日は、ナールスエイジングケアアカデミーの 「20代のほうれい線予防|30代以降の美肌キープのコツ!」を参考に、30代以降にほうれい線で悩まないために、20代からできる予防と対策をご紹介します。 20代のほうれい線予防の基本 ほうれい線ができる原因は、「顔のたるみ」です。だから、20代のお肌でほうれい線が目立つという人は少ないはずです。 でも、もしあなたが20代で、ほうれい線が目立っているなら、その原因は、お肌の乾燥や頬杖をつくなどの姿勢の悪さ、急激なダイエットなど日常生活や食生活によるものがほとんどです。 だから、「バランスのよい食事と摂り方」「十分な睡眠をとる」「適度な運動」「正しい姿勢を意識する」ということが、20代のほうれい線予防ではとても大切です。 食生活で気をつけるポイント ポテトチップスや唐揚げ、とんかつなど揚げ物ってホント美味しいですよね。 油を使った料理を食べる時は、「良い油」で「作りたて」のものを「適度」に食べるようにしましょう 古い油だったり、調理後長い時間が経っているものは、酸化していることがあります。酸化した物質はからだの中の活性酸素を増やす原因なので、お肌にあるコラーゲンやエラスチンがダメージを受けるリスクが高くなります。 また、油ものには動物性脂肪や、たんぱく質と糖が加熱されてできるAGEs(終末糖化産物)が多く含まれています。AGEsはからだの「糖化」を招きます。糖化もお肌を老化させる原因の一つです。 つまり、お肌が酸化や糖化しないよう気をつけることが、ほうれい線の予防につながります。 甘いものを食べ過ぎず、肉・魚・大豆食品をバランスよくとって、ビタミンA、C、E、B群などのビタミン類もしっかり摂りましょう。 特にオススメなのが、オメガ3脂肪酸を含む食べ物です。イワシ、サバ、ウナギ、マグロなど手軽に食べられる食材に豊富ですよ。 もし食べ物から摂るのが難しければ、サプリメントで上手く取り入れるのもよい方法です。 質の良い睡眠をとるポイント 美肌をキープするためには、お肌のターンオーバーが正しいサイクルで働いていることが大切です。 20代のターンオーバーは約28日と言われていて、30~40代の約45日と比べて早い傾向にあります。 日中受けたお肌のダメージを回復するには、成長ホルモンが必要です。この美肌とも関係する成長ホルモンは、「眠りはじめの最初の90分」でもっとも多く分泌されます。 この睡眠が深くなる最初の90分できちんと眠れていなければ、成長ホルモンの分泌が不十分になってしまい、ターンオーバーの乱れにつながります。 そうなると、肌荒れやお肌の乾燥、お肌のハリ・ツヤに関わる真皮の栄養不足などを招きます。 最初の90分をしっかりと寝るために、就寝前は自分にあった方法でリラックスしたり、寝る1時間前にお風呂に入ったりストレッチするなどして体温を上げておけば、熱の放出で体温が下がっていき、眠りのスイッチが入りやすくなります。 正しい姿勢をキープする 長い時間デスクワークなどで、脚を組んだり、背中を丸めて座り続けていると血行不良を起こす原因となります。特に猫背は、頭の重力で顔が下に引っ張られるので、顔のたるみの現認となります。 その他にも頬杖をついたり、スマホを見続けてずっと下を向いた姿勢になっていたり、無表情で過ごすのもよくありません。 20代のうちから表情筋のエクササイズを取り入れて鍛えることで、ほうれい線の解消対策をしましょう。 適度な運動を日常に取り入れる 運動不足の人は、全身の血流も悪くなってしまい、老廃物もたまりやすくなります。

敏感肌さん必見!敏感肌さんのための3つのエイジングケア基本対策敏感肌さん必見!敏感肌さんのための3つのエイジングケア基本対策

年齢を重ねるにつれ、敏感肌になる方が多いってご存じでしたか? だから、若い時に使ってきた化粧品を使い続けても、同じような効果を実感できなかったり、逆にお肌が荒れたりする方が多いんです。 私自身も、エイジングケア世代に近づき、より一層スキンケアについて気をつけるようになったので、インターネットやSNSで情報を調べています。 そこで今回、とても有益な美容情報を得ることができるサイトを見つけたので、そちらを参考にしながら敏感肌さんに向けたエイジングケア基本対策をご紹介していきます。 そのとても勉強になったのがエイジングケアアカデミーさんの“敏感肌対策の3つの基本対策のエイジングケアを3分動画でチェック!” です。こちらをもとにご紹介していきます。 敏感肌になる原因 まず、敏感肌になると、乾燥が進んでバリア機能が低下し、スキンケアをしても刺激を感じたり、赤くなったり、普段使っている化粧品が使えなくなってしまいます。 その敏感肌になる原因としては、外部からの原因と内部の原因があります。 外部の原因は、 ・外気の乾燥や季節の変わり目などにおこる寒暖差 ・紫外線によるダメージ ・エアコンによる乾燥 ・花粉やPM2.5などによるバリア機能を低下 ・喫煙習慣による肌ダメージ ・過度な飲酒 などがあげられます。 内部的な原因は、 ・刺激や負担の大きいスキンケア ・遺伝やアトピー性皮膚炎などの病気 ・偏った食生活 ・睡眠不足 ・女性ホルモンの乱れ ・運動不足 ・冷え性 ・ストレス 刺激や負担の大きいスキンケアとしては、クレンジングの際のフェイスマッサージ、脱脂力の強い界面活性剤、過度な回数の酵素洗顔やピーリングのことです。 私はたまにお肌が荒れるので、皮膚科に行くと、「よく寝て、野菜や果物たくさん食べて、適度な運動してください。また、甘いものはたくさん食べないで下さい。」とよく言われます。 なので、日頃しっかりとスキンケアを行っている敏感肌さんであれば、インナーケアや生活習慣にも気をつけてみることも大切かなと思います。(あくまで、個人的な見解です^^) 敏感肌さんのための3つの基本対策