美肌に導く皮膚常在菌を育てよう!

美肌に導く皮膚常在菌を育てよう! post thumbnail image

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の

「発見!季節や年齢肌で皮膚常在菌に違い。お肌でどんな変化が起こってる?」を参考に、季節や年齢による皮膚常在菌の変化についての研究結果と、美肌に導く皮膚常在菌の育て方をご紹介します。

季節と年齢で変わる皮膚常在菌の研究結果

桃谷順天館と一丸ファルコスが共同で、四季にあわせて年4回、皮膚パラメータ(水分量、皮脂量、弾力など)を測定し、季節や年齢による変化と皮膚パラメータの関連を検討しました。被験者はそれぞれ、冬(82名)、春(74名)、夏(79名)、秋(74名)で、冬と夏の測定時には皮膚常在菌層も採取しています。

その結果、次のことが分かりました。

・お肌の水分量は春夏にかけて高く、秋冬は低い。水分蒸散量は夏に低く、秋冬に高い。メラニン量は夏が高く、肌の弾力は年齢とともに低下がみられた。

・皮膚常在菌叢は、夏の方が多様な種類の細菌が存在している。

・冬の測定時には、実年齢より加齢した肌の特徴を持つ人(Agingグループ)、年齢相当の肌の特徴を持つ人(Normalグループ)、実年齢より若い肌の特徴を持つ人(Youngerグループ)では、年齢平均値は差がなかったが、肌の明るさ、赤み、シミ、ヘモグロビン値、水分蒸散量について、AgingグループとYoungerグループで有意差がみられた。

・AgingグループとYoungerグループの皮膚常在菌叢を見ると、AgingグループではXanthomonas(キサントモナス)属、Acinetobacter(アシネトバクター)属の細菌が存在している比率が有意に多い。Xanthomonas属は、グラム陰性の極鞭毛を持つ好気性桿菌。Acinetobacter属は、グラム陰性桿菌の真正細菌。

美肌に導く皮膚常在菌とは?

皮膚常在菌は善玉菌、日和見菌、悪玉菌の3つのタイプに分かれ、その中の善玉菌である「表皮ブドウ球菌」が美肌を維持する「美肌菌」と言われています。

表皮ブドウ球菌は、肌を弱酸性に維持しながら雑菌や悪玉菌が増殖するのを防ぐ脂肪酸やグリセリンを生成し、肌のバリア機能を高める役割を担っています。

さらに、表皮ブドウ球菌が分解した成分と皮脂、汗が混ざり合って、肌表面に潤いをあたえるNMFを作ります。このNMFが角質層の水分を守っている保湿成分の1つで、肌の保湿やバリア機能維持しています。

また、資生堂が発表した研究結果によると、美肌菌が少ないと、敏感肌の症状である水分量の低下によるバリア機能低下や肌の赤みの一因となっている可能性が考えられます。

美肌菌を育てるには?

美肌菌を育てるためには次のような食べ物を摂ることが大切です。

・たんぱく質豊富な食材

たんぱく質はアミノ酸でできている血液や筋肉、肌や髪、ホルモンの主原料で、たんぱく質が分解されるとアミノ酸になり、肌のハリや弾力に欠かせないコラーゲンやエラスチン、NMFを作ります。たんぱく質が豊富な肉や魚をしっかり摂りましょう。

・抗酸化作用の高い食材

抗酸化作用を持つ食材は、紫外線ダメージによる肌の酸化、光老化やストレスによる肌荒れを防ぐはたらきがあります。βカロテン、アントシアニン、ビタミンACE、ポリフェノールを多く含む食材を積極的に摂りましょう。

・肌水分量をアップする食材

お肌の水分を保持するのをサポートする、コラーゲンやセラミドが豊富なものを摂りましょう。セラミドを含む食べ物を摂る時は、セラミドを生成するナイアシンを一緒に摂ると効果的です。

さらに、肌と同じく腸内に棲んでいる腸内細菌のバランスを良くキープすることが大切です。せっかく美肌に役立つ食べ物を摂っても、腸内の環境が良くなければ、栄養素をしっかりと吸収することができません。腸内の善玉菌を活発に活動させるために、善玉菌がたっぷりの食事をしましょう。

まとめ

季節や年齢による皮膚常在菌の変化についての研究結果と、美肌に導く皮膚常在菌の育て方をご紹介しました。

季節や年齢で皮膚常在菌が変化していることが分かりました。

この記事を参考に、日頃から皮膚常在菌のバランスを一定に保ち続けるための食事や生活を心がけて、美肌をキープしましょう。

Related Post

毛穴ケアのポイントは?ナールスエイジングケアアカデミーでチェック!毛穴ケアのポイントは?ナールスエイジングケアアカデミーでチェック!

年代性別関係なく、顔や鼻で目立つ毛穴に悩む方が多いと思います。毛穴トラブルには種類があり、原因も異なります。そこで、ナールスエイジングケアアカデミーでは、目立つ毛穴のケアに役立つ情報をご紹介しています。 毛穴トラブルの原因 毛穴トラブルの原因は大きく4つに分かれます。また、いくつかの原因が重なってトラブルになることもあります。 まず、皮脂が原因の毛穴トラブルです。皮脂、角質、汚れが混ざり、角栓ができてしまった詰まり毛穴や、クレンジングや洗顔が不十分で、皮脂やメイクが酸化して、茶色くなった状態で角栓に詰まる黒ずみ毛穴、皮脂の分泌量が多く、毛穴が丸く開いて目立ってしまう開き毛穴がこれにあたります。 つぎに、加齢が原因の毛穴トラブルです。紫外線や加齢で真皮のコラーゲンやエラスチンが減って、毛穴がゆるんで広がったたるみ毛穴がこれにあたります。たるみ毛穴が進展し、毛穴と毛穴がつながった状態になったものは、帯状毛穴と呼ばれます。 つぎに、乾燥が原因の毛穴トラブルです。乾燥によって、キメが乱れたことによって目立つ乾燥毛穴がこれにあたります。 そして、紫外線が原因の毛穴トラブルです。紫外線ダメージにより、ターンオーバーが乱れ、メラニンが蓄積して毛穴の周りに滞ったメラニン毛穴がこれにあたります。さらに、紫外線は、メラニン毛穴だけでなく、開き毛穴や黒ずみ毛穴などほとんどの毛穴の悩みの原因となります。 毛穴トラブルの種類別の対策 皮脂が原因の毛穴対策の基本は、洗顔やクレンジングを見直して、皮脂の過剰分泌や古い角質や角栓が肌にとどまる原因を取り除くことです。スキンケアには、クレイなど毛穴の汚れを吸着する成分、アーチチョーク葉エキスなど毛穴のトラブルを改善する成分、皮脂をコントロールする成分などが配合された化粧品がおすすめです。 加齢が原因の毛穴は、肌の老化によって毛穴の広がりが進んだものなので、ネオダーミル、ナールスゲンなどのコラーゲンを増やす成分を配合した化粧品を使って、早めのケアを心がけましょう。 乾燥が原因の毛穴対策の基本は、保湿です。セラミド、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、NMFの元であるアミノ酸成分など保湿力の高い成分を配合したスキンケアアイテムがおすすめです。 紫外線が原因の毛穴対策は、徹底した紫外線対策が重要です。日焼け止めやファッションを活用した紫外線対策を行い、ターンオーバーを促進して、メラニンの排出を促す酵素洗顔をしたり、ビタミンA誘導体やビタミンC誘導体などが入った美白化粧品や美白化粧水を使うこともおすすめです。 まとめ どんなタイプの毛穴もケアの基本は、洗顔やクレンジングで清潔を保つこと、エイジングケア化粧品でしっかり保湿すること、紫外線対策を怠らないことです。ナールスエイジングケアアカデミーでは、毛穴の種類別の対策や毛穴ケアにおすすめのクレンジング料や化粧水などをご紹介しています。ぜひ、毛穴ケアの参考にしてください。