男性必見!目立つ毛穴トラブルを改善しよう

男性必見!目立つ毛穴トラブルを改善しよう post thumbnail image

男性でも肌悩みがある方は多いのではないでしょうか。そんな肌悩みの中で女性より男性の方が陥りやすいトラブルに、毛穴悩みがあります。

そこで今回は、男性の毛穴悩みの原因と種類、その対策についてご紹介します。

女性より男性の毛穴が目立つ原因

男性は、皮脂の分泌に影響を与える男性ホルモンがたくさん分泌されます。

そのため、通常、男性は女性よりも、皮脂腺からの皮脂の分泌量が多いのです。また、毛穴の大きさは遺伝的に、女性よりも男性のほうが大きい傾向にあるので、Tゾーンがテカリやすく毛穴も大きくなって目立ちやすいのです。

さらに、女性は30代以降、加齢とともに皮脂が減りますが、男性はそれほど減らないので、男性の肌質は脂性肌の傾向にあり、毛穴が目立ちやすいのです。

また、男性は女性よりも洗顔やスキンケアに無頓着な人も多く、知識が乏しかったり、誤った方法を行っている場合も多くあります。さらに、毛穴が目立つ原因の1つである紫外線の対策に関しても、女性に比べ男性の方があまり気を使わない場合が多いのではないかと考えられます。

ほかにも、飲酒や喫煙の習慣がある人や、仕事が忙しく偏食になりがちだったり、ストレスをため込んだり、睡眠不足になっている人も多いと思われます。

男性に多い毛穴悩みとその対策

毛穴悩みには大きく分けて、皮脂が原因になって目立つ毛穴、肌老化が原因のたるみ毛穴、乾燥が原因で目立つ毛穴、紫外線によって目立つメラニン毛穴の4つがあります。

このうち、皮脂や角質、汚れが混ざり角栓ができてしまった詰まり毛穴、毛穴の皮脂やメイクが酸化して茶色くなった状態で角栓に詰まっている黒ずみ毛穴、皮脂の分泌量が多く毛穴が丸く開いて目立ってしまう開き毛穴の3種類がある、皮脂が原因になって目立つ毛穴が、男性には多い毛穴悩みです。

このような男性に多いタイプの毛穴悩みの対策には、洗顔が大切です。

男性で脂性肌や普通肌の場合には、洗浄力が比較的高く、しっかりと皮脂を落とせる固形の石けんがおすすめです。

一方、男性でも敏感肌、インナードライ肌、乾燥肌の場合には、皮脂の取り過ぎがかえって目立つ毛穴の原因になるので、弱酸性の洗顔料やアミノ酸系界面活性剤配合の洗顔料がおすすめです。

また、しっかりと汚れを落としながらも、肌にダメージを与えにくい正しい洗顔を心がけましょう。清潔な手でしっかり泡立て、擦りすぎや時間のかけすぎをしないように気をつけ、ぬるま湯でしっかりすすぎ、清潔なタオルで優しく拭き取りましょう。

洗顔後は、グリセリン、BGなどの基本的な保湿成分に加え、保湿力の高いアミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどが配合された化粧水でしっかり保湿しましょう。

毛穴の黒ずみの原因の1つでもある過剰な皮脂をコントロールしたい場合は、ビタミンC誘導体化粧水がおすすめです。さらに、男性も30代以上なら、たるみ毛穴を意識して、エイジングケア化粧水を使うことをおすすめします。

スキンケア以外にも、たるみ毛穴の予防のために、良質のたんぱく質や抗酸化作用のあるビタミンACEやポリフェノールを含む食べ物を積極的に摂る、適度な運動する、質の高い睡眠をとるといった、アンチエイジングを意識した生活を心がけることが大切です。

まとめ

今回ご紹介した毛穴悩みだけでなく、シワやシミなど、男性でもさまざまな肌悩みが起こります。

最近では、男性でも美容に関心を持っている方も増えてきましたが、毛穴悩みをはじめ、健康な肌を保つには、スキンケアの正しい知識を持ち、アンチエイジングを意識した生活を心がけることが大切です。男性も毛穴の目立たない美肌を目指しましょう。

Related Post

乾皮症とは?乾皮症とは?

乾皮症や皮脂欠乏症湿疹という皮膚の病気を知っているだろうか。 乾皮症や皮脂欠乏性湿疹は、基本的には高齢の方に多い皮膚の病気だが、最近では若い方でもこの病気になる方もいるという。 そこで今回は、乾皮症とは?について、皮脂欠乏症湿疹になりやすい人の傾向や乾皮症・皮脂欠乏性湿疹の医薬的措置を、述べていく。 乾皮症になりやすい人 乾皮症は、角質層の水分が減少し、皮膚が乾燥した状態で乾燥肌の医学的な呼び方である。ドライスキンと呼ぶこともある。 皮脂欠乏性湿疹とは、乾皮症の症状がある上に、お肌に何らかの刺激物が接触することで、刺激性接触皮膚炎などが加わって、湿疹を生じた状態のことを指す。 皮脂欠乏性湿疹の特徴として、中高年者の手足、特にすねの外側に痒みを感じる方が多いようだ。 高齢になると誰でも皮脂の分泌量は減るため、乾燥肌になりやすい傾向がある。 しかし最近では、若い方でも洗剤や化学成分をよく使う美容師などには乾皮症、皮脂欠乏症湿疹は見られる。 若い人は、皮脂分泌も多いので、健康な方ならそのリスクは低いと言われているが、皮脂欠乏性湿疹は、近年、子どもや若い世代にも増えてきている。 たとえば、アトピー素因のある子ども、潔癖症でからだを強く洗う人もリスクが高くなる。 そういう点では、「皮脂欠乏性湿疹は、若くてもなる可能性があるもの」というのが、正しい認識であると言える。 また、2020年から続く新型コロナウイルス感染予防のために、過度に手やからだを洗うことも乾皮症や皮脂欠乏症湿疹になるリスクが高まる。 とは言え、ウイルス対策は必須と言える昨今では、自分の体調や症状、手のザラつきなどとよく向き合い、管理していく必要があるだろう。 乾皮症の医薬的措置 乾皮症や皮脂欠乏症湿疹にはさまざまな対処法がある。 衣服や保湿、生活習慣の見直しなど、自力で対処できる方は身近なところから試していくのが良い。 身近な対処をしても治らない、もしくはかゆみが酷いといった場合は、医療機関を受診することをお勧めする。 皮膚科で処方されるのは、大きくは「保湿剤」「ステロイド外用薬」「抗ヒスタミン薬」の3種だ。 皮膚科では、保湿剤の有効成分としてヘパリン類似物質を含んだヒルドイド軟膏やローション、スプレーなどが処方される。また、尿素を含んだケラチナミンクリームも処方されることがある。 ヘパリン類似物質は、ヒルドイド0.3%製剤として有名で、表皮の基底層まで浸透して保湿し、炎症を抑えるはたらきや血行を促進させる効果もある。 季節によって使い分けることが可能なため、例えば夏はヒルドイドローションやスプレーを処方されることがある。 ステロイド外用薬とは、皮膚外用合成副腎皮質ホルモンで炎症を抑える塗り薬である。 皮脂欠乏性湿疹の根本的な治癒の前に、炎症を抑えることで痒みを緩和することが目的の医薬品だが、長期間使用し続けると、皮膚が薄くなるというリスクもあるため、注意が必要である。 抗ヒスタミン剤とは、痒みを抑える飲み薬である。この薬も皮脂欠乏性湿疹の根本的な治癒のためのものではなく、かゆみを起こす原因であるヒスタミンが肥満細胞から出るのを抑えたり、ヒスタミンの作用をブロックするはたらきのある治療薬である。 副作用としては、眠気、のどや口の渇き、便秘などがある。 そのほか、かゆみが強い場合は抗アレルギー剤の飲み薬を処方されたり、漢方薬を処方されるケースもあるが、皮膚科でもらった薬だけでは皮膚の疾患は完治しづらく、何度でも繰り返してしまうこともある。 そのため、皮膚科のお薬と日常の生活習慣改善を意識して、並行して皮脂欠乏性湿疹の完治を目指すことが大切だ。 まとめ ここまで、乾皮症になりやすい人やその対策である医療的ケアについて取り上げた。日常生活の改善や、身近にできる対策から始めてみることが良いだろう。

ビタミンC誘導体美容液の美肌効果と選び方のポイントビタミンC誘導体美容液の美肌効果と選び方のポイント

ビタミンC誘導体美容液を上手に選ぼう! ビタミンC誘導体配合の美容液は、人気の高いエイジングケア化粧品です。 ビタミンCは、「美肌のビタミン」とも呼ばれ、エイジングケアにとってウレシイ効果が期待できる成分。 だから、ビタミンC誘導体は美容液だけではなくエイジングケア化粧水やさまざまなエイジングケア化粧品に配合されています。 また、最近ではさまざまなビタミンC誘導体が開発されていて種類も増えています。 そんな中で、ビタミンC誘導体美容液といっても多種多様で、選ぶのが大変になってきているのです。 そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「ビタミンC誘導体美容液のランキングに頼らない選び方」の記事を参考に、ビタミンC誘導体美容液の選び方や使い方をご紹介します。 ビタミンC誘導体の成分特徴や種類について理解を深め、ランキングに頼らない上手な選び方のポイントを身につけましょう。 ビタミンCとビタミンC誘導体のおさらい まず、ビタミンCとビタミンC誘導体の特徴についておさらいしておきましょう。 ビタミンCは、抗酸化作用があり、コラーゲンの生成のサポート、活性酸素の除去、チロシナーゼ阻害や還元作用による美白作用など、エイジングケアやアンチエイジングにとって、次のような幅広いはたらきがあります。 一方、ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを化粧品に配合するのにふさわしい形になるよう、化学的に少し加工したものです。 ビタミンCは、「還元作用」があり酸化されやすく、安定性が低いため、お肌に浸透されない段階ですぐに酸化して壊れてしまいます。 そのため、ビタミンCをビタミンC誘導体にすることで、皮膚の中にも誘導体のままで浸透して、体内に入ると酵素によってビタミンCに戻り、次のような効果が期待できます。  美白効果によるシミやくすみの改善  抗炎症作用によるニキビの予防・改善効果、ニキビ跡ケア効果  皮脂のコントロールによる毛穴の引き締め・詰まりの改善  抗酸化作用によるお肌の紫外線ダメージなどのケア  血行促進によってお肌のターンオーバーを正常にする効果  肌のコラーゲンを増やす作用による小じわの改善 また、ビタミンC誘導体には、水溶性ビタミンC誘導体、油溶性ビタミンC誘導体、両親媒性ビタミンC誘導体があります。 ビタミンC誘導体美容液って? 美容液には大きく、3つの種類があります。 

Immune Health and COVID-19Immune Health and COVID-19

Using COVID-19 as a biomarker for COVID-19 vulnerability may open up new opportunities for immune health ingredients. Its use in healthcare products and food could provide consumers with important information