男性必見!目立つ毛穴トラブルを改善しよう

男性必見!目立つ毛穴トラブルを改善しよう post thumbnail image

男性でも肌悩みがある方は多いのではないでしょうか。そんな肌悩みの中で女性より男性の方が陥りやすいトラブルに、毛穴悩みがあります。

そこで今回は、男性の毛穴悩みの原因と種類、その対策についてご紹介します。

女性より男性の毛穴が目立つ原因

男性は、皮脂の分泌に影響を与える男性ホルモンがたくさん分泌されます。

そのため、通常、男性は女性よりも、皮脂腺からの皮脂の分泌量が多いのです。また、毛穴の大きさは遺伝的に、女性よりも男性のほうが大きい傾向にあるので、Tゾーンがテカリやすく毛穴も大きくなって目立ちやすいのです。

さらに、女性は30代以降、加齢とともに皮脂が減りますが、男性はそれほど減らないので、男性の肌質は脂性肌の傾向にあり、毛穴が目立ちやすいのです。

また、男性は女性よりも洗顔やスキンケアに無頓着な人も多く、知識が乏しかったり、誤った方法を行っている場合も多くあります。さらに、毛穴が目立つ原因の1つである紫外線の対策に関しても、女性に比べ男性の方があまり気を使わない場合が多いのではないかと考えられます。

ほかにも、飲酒や喫煙の習慣がある人や、仕事が忙しく偏食になりがちだったり、ストレスをため込んだり、睡眠不足になっている人も多いと思われます。

男性に多い毛穴悩みとその対策

毛穴悩みには大きく分けて、皮脂が原因になって目立つ毛穴、肌老化が原因のたるみ毛穴、乾燥が原因で目立つ毛穴、紫外線によって目立つメラニン毛穴の4つがあります。

このうち、皮脂や角質、汚れが混ざり角栓ができてしまった詰まり毛穴、毛穴の皮脂やメイクが酸化して茶色くなった状態で角栓に詰まっている黒ずみ毛穴、皮脂の分泌量が多く毛穴が丸く開いて目立ってしまう開き毛穴の3種類がある、皮脂が原因になって目立つ毛穴が、男性には多い毛穴悩みです。

このような男性に多いタイプの毛穴悩みの対策には、洗顔が大切です。

男性で脂性肌や普通肌の場合には、洗浄力が比較的高く、しっかりと皮脂を落とせる固形の石けんがおすすめです。

一方、男性でも敏感肌、インナードライ肌、乾燥肌の場合には、皮脂の取り過ぎがかえって目立つ毛穴の原因になるので、弱酸性の洗顔料やアミノ酸系界面活性剤配合の洗顔料がおすすめです。

また、しっかりと汚れを落としながらも、肌にダメージを与えにくい正しい洗顔を心がけましょう。清潔な手でしっかり泡立て、擦りすぎや時間のかけすぎをしないように気をつけ、ぬるま湯でしっかりすすぎ、清潔なタオルで優しく拭き取りましょう。

洗顔後は、グリセリン、BGなどの基本的な保湿成分に加え、保湿力の高いアミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどが配合された化粧水でしっかり保湿しましょう。

毛穴の黒ずみの原因の1つでもある過剰な皮脂をコントロールしたい場合は、ビタミンC誘導体化粧水がおすすめです。さらに、男性も30代以上なら、たるみ毛穴を意識して、エイジングケア化粧水を使うことをおすすめします。

スキンケア以外にも、たるみ毛穴の予防のために、良質のたんぱく質や抗酸化作用のあるビタミンACEやポリフェノールを含む食べ物を積極的に摂る、適度な運動する、質の高い睡眠をとるといった、アンチエイジングを意識した生活を心がけることが大切です。

まとめ

今回ご紹介した毛穴悩みだけでなく、シワやシミなど、男性でもさまざまな肌悩みが起こります。

最近では、男性でも美容に関心を持っている方も増えてきましたが、毛穴悩みをはじめ、健康な肌を保つには、スキンケアの正しい知識を持ち、アンチエイジングを意識した生活を心がけることが大切です。男性も毛穴の目立たない美肌を目指しましょう。

Related Post

Immune Health and COVID-19Immune Health and COVID-19

Using COVID-19 as a biomarker for COVID-19 vulnerability may open up new opportunities for immune health ingredients. Its use in healthcare products and food could provide consumers with important information

乾燥肌対策におすすめの美容液とは?乾燥肌対策におすすめの美容液とは?

加齢やライフスタイルなどの内部的な要因、紫外線ダメージや外気の乾燥などの外部的な要因によって乾燥肌は生じます。乾燥肌の予防や改善のためには、「肌の水分を保持する」はたらきを十分に発揮してくれる、美容液を活用することが大切になります。 そこで今回は、乾燥肌におすすめの美容液についてご紹介します。 乾燥肌対策の美容液の選び方 乾燥肌対策の美容液で重要視するポイントは、保湿力と安全性です。 乾燥肌には、保湿力の高い処方の美容液を選ぶことはもちろん、バリア機能が低下して刺激に弱くなっているので、低刺激で安全なものを選びましょう。 おすすめの保湿成分としては、まず、ヒト型セラミドがあげられます。 セラミドは、保湿成分の代表格であり、とても高い保湿効果があることで有名ですが、なかでもヒト型セラミドは、もともと人が持っているセラミドに近い構造でできており、肌のラメラ構造を形成するサポートをします。 低刺激なのでバリア機能が低下した乾燥肌や敏感肌、インナードライ肌の方にもおすすめです。 また、スフィンゴシン、コレステロール、水添レシチンなどはセラミドに近い成分で、水溶性のセラミドとしてグルコシルセラミドやユズセラミドがあります。 ヒアルロン酸と同等あるいはそれ以上の保湿力があることで知られているプロテオグリカンもおすすめです。 I型コラーゲンとヒアルロン酸を増やすデータなどが基礎試験で示されており、保湿だけではなくエイジングケア効果も期待できます。 ほかにも、表皮で水分を抱え込むタイプの保湿成分であるヒアルロン酸やコラーゲン、水分を吸着する保湿成分のグリセリンやアミノ酸もおすすめです。 一方、保湿剤として美容液に配合されることがあるPGは、刺激が比較的強い成分です。 アルコールは、刺激が強めで、蒸発するときに水分も一緒に持っていってしまう特徴があります。 合成香料や合成着色料の中には、刺激性のある成分もあります。オーガニック成分や植物由来の成分は、植物本来の力が強ければ刺激性も高くなります。 また、美容液に配合されているフェノキシエタノールやパラベンなどの防腐剤は安全性が高く、美容液の品質保持のために最低限の濃度しか配合されていませんが、乾燥肌にとっては刺激になってしまう可能性があります。 これらの成分が配合された美容液は、乾燥肌の方は避けた方がよいでしょう。 乾燥肌対策におすすめの美容液 乾燥肌対策におすすめの美容液は、「ナールス ネオ」です。特に、肌が薄いため乾燥しやすく刺激に弱い、目元や口元に使う美容液としておすすめです。 保湿成分では、プロテオグリカン、6種のヒト型セラミド、9種のアミノ酸を配合しています。保湿成分に加え、ナールスゲン、ネオダーミル、2種のビタミンC誘導体、複数の抗酸化成分などのエイジングケア化粧品成分も配合しています。 さらに、レスベラトロール、ブドウ葉/種子/皮エキス、アセチルデカペプチド-3の3つの成分を追加し、抗酸化と抗シワが強化されました。 一方、無香料・無着色、旧指定成分は配合しておらず、パラベンフリー、フェノキシエタノールフリーに加え、アルコール性防腐剤無添加で、アルコールフリー化粧品です。 まとめ 乾燥肌対策において、保湿成分が凝縮された美容液はとても重要なアイテムなので、配合成分をしっかりチェックして選びましょう。 また、美容液でスキンケアをしながら、同時に食事や運動など身体の内側からも乾燥肌対策のサポートをして、総合的にケアしていくことも大切です。

エイジングケアは早めがおすすめエイジングケアは早めがおすすめ

エイジングケアっていつから始める? みなさんは、すでにエイジングケアを始めていますか? それとも、まだ若いので必要ないと思っていますか? 「エイジングケアって何歳から始めればいいのか」は、20代後半〜30代前半くらいの女性にとっては大きな関心事ではないでしょうか。 また、始めようと思い立っても、どんなエイジングケア化粧品を選べばいいのか、迷ってしまいますね。 そこで、この記事では、「エイジングケアは早めがおすすめ」というテーマで、エイジングケアはいつから始めれば良いのか、エイジングケア化粧品の選び方、また効果的な進め方などを幅広くご紹介します。 エイジングケアの定義とは? 「エイジングケア(Aging Care)」は、一般的な意味・定義では、「年齢に応じたお肌のお手入れ」のことをいいます。 男性であれ女性であれ、からだやお肌は年齢とともに衰えます。 これが老化ですが、お肌では30代前後からシワやシミをはじめ、ほうれい線、毛穴のたるみや開き、くすみなどが目立ち始めます。 エイジングケアとは、加齢にともなう肌老化を意識して行うスキンケアや化粧品によるケアのことです。 ただし、エイジングケアを「スキンケア」の範囲だけの言葉としてとらえると、お肌が健やかで若々しい状態でいることについての情報の範囲が狭まってしまいます。 なぜなら、お肌もからだの一部である以上、化粧品やスキンケアだけで老化を予防することはできないからです。 エイジングケアとは、単なる「化粧品によるケア」だけではなく、それ以外の心身のケアを含めた広い範囲で考え、「ゆっくりと健やかに歳をとれるように、からだやお肌のことを考えた生活を続けること」ととらえるといいでしょう。 始めるタイミングは? 「最近、どうも “しわ” が目立ってきたのでは・・・?」 「去年はなかった “しみ” が、今年は気になる・・・」 こんな経験は多くの女性にあるでしょうし、目で見て気になることがあってから、エイジングケアを考える方も多いのではないでしょうか? しかし、こうしたエイジングサインの前兆は、自分で気付く前から始まっています。 日々の生活習慣や誤ったスキンケアが原因で、知らず知らずのうちに、エイジングを進行させてしまっているケースがあるのです。 エイジングケアのポイントは、それを意識するかどうかは別として、年齢に関係なく、正しい生活習慣や正しいスキンケアを実践し続けることです。 もし、悪い生活習慣があるなら、今すぐやめるべきですし、間違ったスキンケアに気付いたら、すぐに改めるべきですね? だから、「エイジングケアを始めるタイミングは?」といえば、答えは「今」。 つまり、その必要性を感じた時が、エイジングケアを始めるタイミングなのです。 すでにしわやしみが目立ってしまっていても、「もう遅い」とあきらめるより、前向きに考えてエイジングケアに取り組むことは、心身の健康にもお肌にもよいことです。