ビタミンC誘導体美容液の美肌効果と選び方のポイント

ビタミンC誘導体美容液の美肌効果と選び方のポイント post thumbnail image

ビタミンC誘導体美容液を上手に選ぼう!

ビタミンC誘導体配合の美容液は、人気の高いエイジングケア化粧品です。

ビタミンCは、「美肌のビタミン」とも呼ばれ、エイジングケアにとってウレシイ効果が期待できる成分。

だから、ビタミンC誘導体は美容液だけではなくエイジングケア化粧水やさまざまなエイジングケア化粧品に配合されています。

また、最近ではさまざまなビタミンC誘導体が開発されていて種類も増えています。

そんな中で、ビタミンC誘導体美容液といっても多種多様で、選ぶのが大変になってきているのです。

そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「ビタミンC誘導体美容液のランキングに頼らない選び方」の記事を参考に、ビタミンC誘導体美容液の選び方や使い方をご紹介します。

ビタミンC誘導体の成分特徴や種類について理解を深め、ランキングに頼らない上手な選び方のポイントを身につけましょう。

ビタミンCとビタミンC誘導体のおさらい

まず、ビタミンCとビタミンC誘導体の特徴についておさらいしておきましょう。

ビタミンCは、抗酸化作用があり、コラーゲンの生成のサポート、活性酸素の除去、チロシナーゼ阻害や還元作用による美白作用など、エイジングケアやアンチエイジングにとって、次のような幅広いはたらきがあります。

一方、ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを化粧品に配合するのにふさわしい形になるよう、化学的に少し加工したものです。

ビタミンCは、「還元作用」があり酸化されやすく、安定性が低いため、お肌に浸透されない段階ですぐに酸化して壊れてしまいます。

そのため、ビタミンCをビタミンC誘導体にすることで、皮膚の中にも誘導体のままで浸透して、体内に入ると酵素によってビタミンCに戻り、次のような効果が期待できます。

 美白効果によるシミやくすみの改善

 抗炎症作用によるニキビの予防・改善効果、ニキビ跡ケア効果

 皮脂のコントロールによる毛穴の引き締め・詰まりの改善

 抗酸化作用によるお肌の紫外線ダメージなどのケア

 血行促進によってお肌のターンオーバーを正常にする効果

 肌のコラーゲンを増やす作用による小じわの改善

また、ビタミンC誘導体には、水溶性ビタミンC誘導体、油溶性ビタミンC誘導体、両親媒性ビタミンC誘導体があります。

ビタミンC誘導体美容液って?

美容液には大きく、3つの種類があります。

 1つ目が保湿効果の高い成分が配合されている保湿美容液

 2つ目は美白効果を期待できる成分が配合されている美白美容液

 3つ目が、エイジングケアに有効な成分が配合されているエイジングケア美容液

ビタミンC誘導体美容液は、美白美容液またはエイジングケア美容液にあたります。

ビタミンC誘導体は、厚生労働省の認可を受けた美白成分の1つです。製造段階で美白化粧品として医薬部外品(薬用化粧品)の認可を受けたビタミンC誘導体美容液は、シミやそばかすを予防するための美白美容液です。

一方、ビタミンC誘導体は医薬部外品だけでなく、一般的な化粧品にも使えます。

だから、エイジングケア美容液の1つでもあるのです。

ビタミンC誘導体美容液の選び方

1)肌質や年齢を考えて美容液を選ぶ

ビタミンCには、刺激性があります。

だからビタミンC誘導体美容液は肌質や肌状態によっては、おすすめできない場合があります。

また、ビタミンC誘導体には、皮脂の分泌を抑制するはたらきがあることから、乾燥肌を進ませてしまうリスクがあることを理解しておきましょう。

たとえば、乾燥肌の場合でもビタミンC誘導体美容液を使うことは可能ですが、少なくともビタミンC誘導体の配合濃度が高い美容液を使うことは避けた方が無難です

2)保湿成分にも着目する

ビタミンCには多岐にわたる優れた効果がありますが、保湿効果はほとんど期待できません。

そのため、セラミドやプロテオグリカン、ヒアルロン酸などの保湿に優れた成分が一緒に配合されているビタミンC誘導体美容液がよりオススメできます。

3)エイジングケア化粧品成分もチェックする

ビタミンC誘導体以外のエイジングケア化粧品成分も配合されているビタミンC誘導体美容液は、よりエイジングケアにおすすめです。

代表的なエイジングケア化粧品成分は、ナールスゲンやネオダーミル、ビタミンA誘導体、ビタミンE誘導体、プラセンタエキスなどです。

中でもビタミンEは、効果を発揮すると酸化してしまいエネルギーを失ってしまいますが、ビタミンCは酸化してしまったビタミンEに電子を与え、抗酸化作用を再生させるはたらきを持っています。

だから、ビタミンE誘導体とビタミンC誘導体が両方配合されている美容液はエイジングケアにおすすめです。

4)美容液ランキングや口コミも参考にする

美容液ランキングには頼らないといっても、ランキングや口コミも参考にはなります。

ビタミンC誘導体美容液のランキングで上位にランクインしているものは、多くの人がよいと感じているアイテムです。

必ずしも、ランキングの成績がよいから、あなたのお肌に合っているとは言い切れませんが、迷った時に使ってみるのも選択肢の1つです。

5)価格や企業姿勢なども参考にする

美容液は、短期的に用いるものではなく、毎日のお手入れに長期的に使用するものです。

あまり値段が高すぎるものは、負担になってしまうので続けにくいでしょう。

コストパフォーマンスがよく、自分の経済状態にあったものを選ぶことがポイントです。

使い続けることで、ビタミンC誘導体美容液の真価が発揮されます。

信頼できる企業を選ぶことも美容液を選ぶ際のポイントです。

まずは、トライアルキットや無料サンプル、返品・返金保障のあるものを選びましょう。

また、有名ブランドのネームバリューなどに惑わされることなく、情報提供の姿勢などを冷静に検証しましょう。

企業のホームページなどは、一度見ておくことをオススメします。

まとめ

ナールスエイジングケアアカデミーの「ビタミンC誘導体美容液のランキングに頼らない選び方」の記事を参考にして、ビタミンC誘導体美容液の美肌効果をはじめ、ビタミンC誘導体配合の美容液の選び方のポイントをご紹介しました。

この記事をもとに、ビタミンC誘導体の成分特性を理解するとともに、ビタミンC誘導体美容液をエイジングケアに上手に取り入れていただければ幸いです。

Related Post

私もインナードライ肌?症状や原因をチェックしよう!私もインナードライ肌?症状や原因をチェックしよう!

肌はテカテカしているのに、洗顔後ツッパリを感じる・・・など、自分はもしかしてインナードライ肌なのかも、と感じている方も多いと思います。では、インナードライ肌とは具体的にどんな肌なのでしょうか? そこで今回は、インナードライ肌の症状や原因、インナードライ肌を進行させる要因についてご紹介します。 インナードライ肌の症状 インナードライ肌とは、肌の表面は皮脂が多くテカテカして、一見、脂性肌と感じてしまうような状態ですが、肌の内側は水分不足で乾燥している状態の肌のことです。 肌のテカリが気になる、肌が乾燥している気がするのにニキビができる、皮脂が多いのに肌にツッパリを感じるといった症状が典型的なインナードライ肌の例です。 さらに、インナードライ肌はターンオーバーが乱れているため、吹き出物ができやすくなる、毛穴の黒ずみや開きが目立つ、シミが増える、肌がごわつく、肌がくすみがちでメイクのノリが悪いといった症状が出ることもあります。 インナードライ肌の原因 インナードライ肌の1番の原因は、肌の乾燥です。肌が乾燥する要因には、加齢、乱れた食生活、病気、間違った洗顔、刺激の強いクレンジング料の使用、誤った化粧品の使い方、不十分な紫外線ケアなどがあります。 今挙げたような何らかの原因で肌が乾燥すると、保湿がうまくいかず乾燥が進みます。そうすると、バリア機能も低下するので、さらに乾燥が進みます。 そして、肌が危険を察知し、これ以上水分が蒸発してはいけないと感じて、肌表面で蒸発を防ぐために、皮脂が過剰にできます。 このとき、肌の中ではバリア機能の低下により、天然保湿因子やセラミドなどが減っています。また、ターンオーバーが加速して、未成熟な角質がどんどん表皮の上まで上がってきているのです。これが、インナードライ肌が進行するプロセスです。 そのため、インナードライ肌を改善するためには、プロセスの最初の段階で、ひどくなる前に対策を実施することが大切なのです。 インナードライ肌を進行させるスキンケア インナードライ肌は脂性肌とは違い、肌の内側は乾燥しているので、脂性肌のためのスキンケアや無理に皮脂を取るためのスキンケアをしてはいけません。 なぜなら、この状態で無理に皮脂を落としても、また、皮脂を分泌するように肌が作用すると同時に、乾燥がさらに進んでしまい、ターンオーバーも乱れることになり、その結果、改善するどころか、肌が刺激に弱い「敏感肌」になってしまうこともあるからです。 やってはいけないスキンケアは、まず、あぶら紙やティッシュなどで過剰に皮脂を拭き取ってしまうことです。 これは、肌からの水分の蒸発を促進するので逆効果です。 そして、強いクレンジング料の使用もやめましょう。肌に負担が少ない、クリームタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプや、アミノ酸系界面活性剤のクレンジングジェルがおすすめです。 同じように、刺激の強い洗顔料の使用もやめましょう。擦りすぎや回数の多い洗顔もやってはいけません。ダブル洗顔や酵素洗顔も避けましょう。 さらに、皮脂の分泌を抑える成分が入っている収れん化粧水、汚れや皮脂を洗浄するためのふき取り化粧水、アルコール配合の化粧水の使用は避けましょう。 スキンケアは保湿化粧水だけでなく、保湿力の高い美容液や保湿クリームも使いましょう。しかし、過度な美容オイルや油溶性成分の使用は、大人ニキビや肌荒れの原因になってしまうので注意しましょう。 まとめ 肌の悩みとしてよく聞くようになった、インナードライ肌の症状や原因についてご紹介しました。 インナードライ肌は、見た目はテカテカしていますが、その本質は乾燥肌であることがお分かりいただけたと思います。 そのため、インナードライ肌の改善には、乾燥肌のための対策、つまり保湿を行うことが大切なのです。