たるみ予防のための食事やエイジングケア

たるみ予防のための食事やエイジングケア post thumbnail image

顔のたるみの主な原因は、肌の弾力の低下、肌の筋力の低下、皮下脂肪の衰え・肥大化、身体全体の姿勢の影響の4つです。

他でも、骨の減少、むくみ、睡眠不足、過度なストレス、偏った食事、紫外線ダメージ、乾燥肌、誤ったスキンケアなどもたるみを進行させる原因となります。

たるみ予防の基本は、これらの原因をなくすことです。例えば、表情筋を鍛える、骨を守る、体温を下げない、紫外線対策、乾燥対策、正しいスキンケア、バランスのよい食事、十分な睡眠、ストレスを避けるなどです。

そこで今回は、食事とエイジングケア化粧品に着目して、たるみ予防の対策をご紹介します。

食事によるたるみ予防

たるみ予防のための食事では、筋肉や骨をつくる栄養素を積極的に摂ることを心がけましょう。

①筋肉をつくる栄養素

・たんぱく質

3大栄養素の1つで、筋肉にも肌にも重要です。肉、魚、卵などの動物性たんぱく質と豆類などの植物性たんぱく質をバランスよく摂りましょう。また、アミノ酸スコアの高いチーズやヨーグルトもたるみ予防にオススメです。

・ビタミンB6

たんぱく質の分解や合成を担います。にんにく、レバー、かつお、まぐろ、赤ピーマン、バナナなどのフルーツに含まれます。

・ミネラル全般(鉄・亜鉛・カリウム・カルシウムなど)

たんぱく質や糖分のはたらきをサポートします。魚介類や海藻類、レバー、豆類、野菜、きのこ類などに含まれます。

②骨をつくる栄養素

・カルシウム

骨の材料となります。乳製品、海藻類、小魚、大豆製品、緑黄色野菜などに含まれます。

・ビタミンD

カルシウムの吸収を助け、骨をつくるサポートをします。魚、きのこ類などに含まれます。

・ビタミンK

たんぱく質のはたらきを高め、カルシウムが定着するのをサポートします。納豆、青菜類、ひじきに含まれます。

・マグネシム、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸など

小魚類、魚類、貝類、青菜類に含まれます。

さまざまな食べ物を偏りなく摂取し、バランスのよい食事を心掛ければ、たるみの予防になります。

エイジングケア化粧品によるたるみ予防

エイジングケア化粧品に期待できることは、たるみをなくすことではなく、たるみをもたらす原因の1つである乾燥を防ぐことがその中心となります。加齢により、肌は乾燥しやすくなるので、年齢とともに保湿力の高いものを選びましょう。

保湿成分としては、グリセリン、プロテオグリカン、コラーゲン、ヒアルロン酸などの水溶性成分、セラミド、シアバター、スクワラン、ホホバオイルなどの油溶性成分が代表的です。

たるみの長期的な予防を考えた場合、保湿力が高くバリア機能の正常化をサポートする力のあるセラミド、中でもヒト型セラミドがおすすめです。セラミドは油溶性なので、セラミド配合の美容液やクリームを選びましょう。

また、機能性の高いエイジングケア化粧品成分を使うことも、たるみ予防には効果的です。コラーゲンやエラスチンを増やすはたらきがある、ナールスゲン、ネオダーミル、EGF、FGF、アセチルデカペプチド-3などのエイジングケア化粧品成分などがおすすめです。

他にも、プラセンタエキス、フラーレン、コエンザイムQ10、アスタキサンチン、レスベラトロール、金コロイド、ブドウエキスなど、抗酸化作用のあるエイジングケア化粧品成分もおすすめです。

保湿力の高い成分とエイジングケア化粧品成分が凝縮されて配合されているエイジングケア美容液は、たるみ予防に使いたいアイテムです。

まとめ

たるみ予防の対策として、食事とエイジングケア化粧品に着目してご紹介しました。

食事などアンチエイジングを意識した生活やエイジングケア化粧品でのケアで、たるみが気になる前に予防することを心がけましょう。

Related Post