ためしてガッテンで放送された目の下のたるみ解消法

ためしてガッテンで放送された目の下のたるみ解消法 post thumbnail image

何とかしたい!目の下のたるみ

年齢を重ねると誰でもお肌はたるみがちがちになり、老け顔に…。

中でも、目の下のたるみは、顔のたるみの中でもエイジングケア世代に多い肌悩みの一つです。

目の下のたるみや下まぶたのたるみ、目袋があると、表情はより老けた印象になりますね。

そんな目の下のたるみは、早く改善または解消したいものです。

そこで、この記事では、「ためしてガッテンで放送された目の下のたるみ解消法」のテーマで、目の下のたるみの予防や改善、解消のための対策まで、幅広くご紹介します。

目のまわりの皮膚の特徴とは?

顔の皮膚の構造は、どのパーツでも基本的に同じです。

しかし、目の下をはじめ、目のまわりの皮膚は薄いことが大きな特徴です。そのため、さまざまな刺激に弱いのです。

そもそも、目のまわりは、お肌の乾燥、お肌を擦るなどの刺激、紫外線の影響を受けやすく、しわや小じわ、たるみが目立ちやすいのです。

だから、目のまわりはスキンケアなどでしっかり保護することが必要です。

また、目のまわりには眼輪筋(がんりんきん)と呼ばれる表情筋があるほか、眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる脂肪があります。

眼窩とは、眼球(目の玉)の入る骨の凹みのことで、眼窩脂肪は、この中に眼球を守るように入っています。

眼窩脂肪は、年齢を重ねると衰えてしまいます。

目の下のたるみは、こうした目のまわりのお肌や筋肉、皮下脂肪などが老化などによって複雑に絡み合いながら、その機能が低下することで目立ってくるのです。

目の下がたるむのは何が原因?

たるみをはじめお肌悩みの多くは、お肌の老化のさまざまな原因が絡み合っています。

目の下のたるみの原因は、目のまわりの機能で考えれば、大きく3つに分けることができます。

目の下のたるみの原因の1つ目は、目の下の皮膚、中でも真皮の衰えです。

目の下のたるみの原因の2つ目は、眼窩脂肪の突出です。

そして、最後、3つ目の原因が、目の下の表情筋である眼輪筋の衰えです。

さらに、目の下のたるみを促進する要素もたくさんあります。

目の下のたるみを促進する要素としては、目元の乾燥をはじめ、目を酷使したりすることや睡眠不足、光老化、誤ったクレンジングや洗顔などです。

また、たるみが原因の肌老化といえば、ほうれい線やゴルゴライン、マリオネットライン、たるみ毛穴などですが、目の下のたるみも基本的には同じです。

こうしたエイジングサインは、簡単に取ることはできません。

目の下のたるみを予防するには

目の下のたるみの予防法は、原因に対する対策と促進の要因を未然に防ぐことになります。

1)お肌の乾燥対策

保湿は、スキンケア、エイジングケアの基本で、目の下のたるみの予防のためにも大切です。つまり乾燥肌の対策が、目の下のたるみの予防につながります。

だから、まず、乾燥肌の原因をできるだけ避けるように注意しましょう。

2)目を酷使しない

目の酷使を避けることも目の下のたるみの予防になります。パソコンでの作業は、1時間に1回は休憩することを心がけましょう。

また、就寝2時間前はスマートフォンを見ないなど目を休ませ、疲れを取るようにしましょう。

3)紫外線対策でたるみ予防

紫外線は、「紫外線の量 × 紫外線を浴びる時間」で受けるダメージが決まります。冬場のUVAは夏のピーク時の1/3、冬場のUVBは夏のピーク時の1/4程度です。

だから、冬場でも長い時間(例えば、夏の3倍)外出して紫外線を浴びれば、受けるダメージは夏と同じになります。だから、冬場も紫外線対策が必要です。

また、夏だけでなく、陽射しが強い場合や外出時間が長い場合は、季節を問わず、日焼け止め、帽子、日傘などでたるみ予防の対策をしましょう。

4)正しい洗顔とクレンジング

洗顔で不要な皮脂を落とすこと、クレンジングでメイクをしっかり落とすことは、酸化を防ぐことになります。

一方、目をきつくこすったり、強い洗浄剤は、乾燥肌を助長し、目の下のたるみの原因になってしまいます。

目のまわりの擦りすぎや強い刺激もよくないので、特に意識して、やさしいクレンジング、やさしい洗顔を心掛けましょう。

また、使用するクレンジング料や、洗顔料もお肌にやさしいものを選びましょう。

5)バランスのよい日常生活でたるみ予防

質の高い睡眠やバランスのよい食生活も目の下のたるみ予防には大切です。たんぱく質やビタミン類、ミネラルを含む食品をしっかり摂りましょう。

お肌全体のたるみ予防にもつながります。

もし、食べ物だけで不足を感じるなら、サプリメントを摂ることも1つの方法です。

目の下のたるみの解消法は?

たるみが進んでしまうと、予防法だけで解消したり、大きな改善につなげることは難しくなります。そのため、改善度で考えれば、外科的な手術、美容医療、美容整形に頼ることが最も近道です。

それ以外でも、さまざまな手段を組み合わせて、目の下のたるみの改善に長期的に取り組むことが大切です。

目の下のたるみの改善・解消方法としては、ツボ押しマッサージや表情筋のエクササイズ&トレーニング、たるみ対策の美顔器などがあります。

このほか、目の下のたるみを今以上に進まないようにするためには、エイジングケア化粧品も活用しましょう。

その場合、目の下もお肌の一部ですから、たるみの予防のためのエイジングケア化粧品は、次の3つを意識して選ぶことが大切です。

 保湿

 抗酸化対策

 コラーゲンやエラスチンへのアプローチ

目の下のたるみをエイジングケア化粧品でケアするには、何といっても、しっかりと目の下の水分を保持する保湿成分を補うことがポイントです。

まとめ

目の下のたるみを改善するため、目のまわりの皮膚の特徴をはじめ、たるみの原因や予防法、効果的なエイジングケア方法などを幅広くご紹介しました。

この記事「ためしてガッテンで放送された目の下のたるみ解消法」を参考に、ご自身にあった目の下のたるみ対策を見つけ、少しでも改善していただければ幸いです。

Related Post

人気のプロテオグリカンってどんな成分?人気のプロテオグリカンってどんな成分?

最近、プロテオグリカン配合の化粧水や美容液をよく見かけますが、プロテオグリカンとはそもそもどんな成分なのかご存じですか? そこで今回は、プロテオグリカンとはどんな成分なのかご紹介します。 プロテオグリカンとは? プロテオグリカンは、1970年に多糖類であるグリコサミノグリカンの研究中に発見された、たんぱく質と糖が結合してできた成分です。 ある特定のたんぱく質に何本かの糖鎖であるグリコサミノグリカンが結合しているものの総称を「プロテオグリカン」と呼んでいます。そのため、グリコサミノグリカンを構成している糖鎖の種類によって、プロテオグリカンもいくつかのタイプに分類されます。 プロテオグリカンは、脳、皮膚、臓器などを身体全体の組織中にあり、軟骨の主成分でもあります。 真皮では、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどと一緒に、肌のハリや弾力のもとになる細胞外マトリクスを形成しています。 細胞外マトリクスは、細胞と細胞の間を埋めて皮膚の構造を支えたり、毛細血管から出た酸素や栄養素、ホルモンなどを一旦保持して、必要なものが必要な場所に移動できるようにはたらいたりしていますが、肌老化により細胞外マトリクスが衰えると、この機能も低下します。 そのため、細胞外マトリクスであるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸とともに、プロテオグリカンは、エイジングケアにとって大切なのです。 プロテオグリカンのはたらき プロテオグリカンは、単体としても、肌のエイジングケアや身体のアンチエイジングにとって重要な役割を担っています。 まず、グリコサミノグリカンが水分を吸収することで、ヒアルロン酸と同等か、それ以上の高い保湿効果を発揮します。 また、コラーゲンとヒアルロン酸を増やすはたらきもあります。コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンは真皮にあって、肌のハリやツヤ、弾力を維持するために異なるはたらきがあるので、どれも大切な成分です。 そのため、プロテオグリカンの、コラーゲンとヒアルロン酸を増やすはたらきは、エイジングケアにとって重要です。 さらに、細胞の成長促進をつかさどる因子であるEGFの様にはたらく、EGF様作用という機能があります。EGFが20代後半から急激に減少すると、ターンオーバーが遅くなって、肌老化をもたらす一因になりますが、プロテオグリカンがEGFの様にはたらくことで、アンチエイジングの効果が期待できるのです。 ほかにも、ひざなどの関節では、軟骨にあるプロテオグリカンは、外からかかる力を緩衝するクッションとしてのはたらきや、骨と骨の間の潤滑油的なはたらきがあります。また、抗酸化作用や、体内で炎症を起こす細胞の生成を抑える炎症抑制作用があることもわかっています。 まとめ エイジングケア化粧品成分として人気のプロテオグリカンが、肌のハリツヤ、弾力をキープするために大切な成分であることがお分かりいただけたと思います。 乾燥肌対策やエイジングケアにプロテオグリカン配合の化粧品を取り入れて、美肌づくりをしましょう。

おすすめのクレンジングジェルって?種類や選ぶポイントは?おすすめのクレンジングジェルって?種類や選ぶポイントは?

みなさまはどんなクレンジングを使っていますか? いまは様々な種類のクレンジング料が発売されていますが、オイルに次いで人気が高いのがジェルタイプ。 よくお肌が弱い友人からおすすめのクレンジングジェルって?どんなものがいいの?」という質問を受けることがあります。 そこで、クレンジングジェルの種類や、お肌が敏感な方がクレンジングジェルを選ぶ際のポイントについて分かりやすくお伝えします。 クレンジングジェルの種類は主に3つ ひとくちにクレンジングジェルといっても、種類があることをご存知でしょうか? まずは、クレンジングジェルの3つの種類について、それぞれ特徴をご紹介します。 1.油性クレンジングジェル 油性クレンジングジェルは、主成分のオイルをジェル状にしたクレンジング料です。 界面活性剤の配合比率が少ないのが特徴です。 オイルが入っているので、洗浄力は比較的高めで、ウォータープルーフのメイクが落ちるのがメリット。テクスチャーは硬めです。 油性タイプのクレンジングジェルは、脱脂力が強めなので、お肌が乾燥しやすい方や、敏感肌の方は注意が必要です。 2.オイルイン水性クレンジングジェル オイルイン水性クレンジングジェルは、界面活性剤に加えて、油分も少量含まれています。 オイルフリータイプよりも洗浄力は強めです。 また、伸びがよいこともメリットです。 洗い上がりはさっぱりで、ベタつき感は気にならないと思います。 少量の油分が加わっていることで、洗浄力と洗い上がりのよさのバランスがよくなっているといえます。 界面活性剤のタイプによっては、お肌への刺激が強くなることもありますので、成分をチェックして選びましょう。 3.オイルフリー水性クレンジングジェル オイルフリー水性クレンジングジェルは、その名のとおりオイルが入っていません。 洗い上がりがさっぱりとしており、ナチュラルメイクの方に適しています。 油分が入っていないので界面活性剤でメイクを落とします。 そのため、メイクの落ち具合や肌への優しさは界面活性剤の種類に大きく左右されます。 ただ、使用されている界面活性剤は低刺激なものが使われているケースが多いので、洗浄力は低めですが、お肌への負担は少ないものが多いです。 ただし、メイクが濃い方では落としきれない場合があります。 エイジングケア世代なら水性クレンジングジェルがおすすめ 年齢を重ねると、だれしもお肌が乾燥に傾き、敏感になっていきます。 お肌の乾燥や刺激が気になる方の場合、クレンジング選びは注意が必要です。 クレンジングジェルの3つのタイプの中では、基本は水性クレンジングジェルがおすすめですが、他のタイプでも、優しいタイプの界面活性剤を配合していて、かつ、お肌の刺激になる成分が配合されていないか、少ないものを選ぶのがポイントになります。

自分に合った毛穴悩みの治療法を知ろう!自分に合った毛穴悩みの治療法を知ろう!

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の 「毛穴の開き・黒ずみ・たるみの治療!費用と美容クリニックの選び方」を参考に、毛穴の開き・黒ずみの治療の種類や費用、クリニックの選び方をご紹介します。 「毛穴治療にはどんな種類があるの?」 「毛穴治療のクリニックの選び方は?」 など、気になる方はぜひご覧ください。 治療法の種類と費用 毛穴治療には2種類あり、毛穴の開き・黒ずみの原因が、ニキビや湿疹などの皮膚の病気であった場合は健康保険適応の皮膚科治療となり、明確に原因となる皮膚病がない場合は自費による美容治療となります。 美容医療による治療法には次のようなものがあります。 ①イオン導入 高濃度のビタミンC誘導体や毛穴収縮作用のあるグリシルグリシンをお肌の奥に浸透させる治療法で、費用は1万円前後です。 ②エレクトロポーション導入 電気の力で細胞膜に一時的に微細な穴をあけてプラセンタエキスやAPPSなどのビタミンC誘導体、トラネキサム酸、グリシルグリシンを肌の奥に浸透させる治療法で、費用は1万5000円から2万円程度です。 ③ケミカルピーリング 皮膚にグリコール酸やサリチル酸などの薬品を塗り、不要な角質や老廃物や汚れなどを除去する治療法で、費用は6000円~7000円位です。 ④フラクショナルレーザー 肌のハリを保つ真皮層のコラーゲンを増やすために刺激を与えるレーザーを照射する治療法で、1回の料金は7,000円~20,000円程度です。 ⑤フォトフェイシャル 広範囲の光を照射することで毛穴を引き締める治療法で、1回の料金は15,000円程度です。 ⑥高周波治療 RFという肌に安全な電磁波を用いる治療法で、費用は100,000円~300,000円程度です。 ⑦ポラリス RFとダイオードレーザーを組み合わせた治療法で、1回の料金は15,000円程度です。 ⑧ダーマペン 11本の超微細な針で肌に高密度の穴を開けてコラーゲンを増やし、EGFやFGFなどの成長因子、ヒアルロン酸などを直接注入する治療法で、費用は1回20000円程度です。 ⑨HIFU 高密度焦点式超音波をピンポイントで肌悩みのあるパーツへ当てる治療法で、費用は1回40000円~50000円程度です。 ⑩角栓除去 専用の溶剤を角栓に塗布した後に、スチーマーで蒸気をあてながら、複数本の吸引管を使って角栓を取り除く治療法で、費用は1回1か所6000円程度です。 美容クリニック・美容皮膚科の選び方 毛穴治療の美容医療に限らず、皮膚科、美容クリニック・美容皮膚科の選び方には次の5つのポイントがあります。