ためしてガッテンで放送された目の下のたるみ解消法

ためしてガッテンで放送された目の下のたるみ解消法 post thumbnail image

何とかしたい!目の下のたるみ

年齢を重ねると誰でもお肌はたるみがちがちになり、老け顔に…。

中でも、目の下のたるみは、顔のたるみの中でもエイジングケア世代に多い肌悩みの一つです。

目の下のたるみや下まぶたのたるみ、目袋があると、表情はより老けた印象になりますね。

そんな目の下のたるみは、早く改善または解消したいものです。

そこで、この記事では、「ためしてガッテンで放送された目の下のたるみ解消法」のテーマで、目の下のたるみの予防や改善、解消のための対策まで、幅広くご紹介します。

目のまわりの皮膚の特徴とは?

顔の皮膚の構造は、どのパーツでも基本的に同じです。

しかし、目の下をはじめ、目のまわりの皮膚は薄いことが大きな特徴です。そのため、さまざまな刺激に弱いのです。

そもそも、目のまわりは、お肌の乾燥、お肌を擦るなどの刺激、紫外線の影響を受けやすく、しわや小じわ、たるみが目立ちやすいのです。

だから、目のまわりはスキンケアなどでしっかり保護することが必要です。

また、目のまわりには眼輪筋(がんりんきん)と呼ばれる表情筋があるほか、眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる脂肪があります。

眼窩とは、眼球(目の玉)の入る骨の凹みのことで、眼窩脂肪は、この中に眼球を守るように入っています。

眼窩脂肪は、年齢を重ねると衰えてしまいます。

目の下のたるみは、こうした目のまわりのお肌や筋肉、皮下脂肪などが老化などによって複雑に絡み合いながら、その機能が低下することで目立ってくるのです。

目の下がたるむのは何が原因?

たるみをはじめお肌悩みの多くは、お肌の老化のさまざまな原因が絡み合っています。

目の下のたるみの原因は、目のまわりの機能で考えれば、大きく3つに分けることができます。

目の下のたるみの原因の1つ目は、目の下の皮膚、中でも真皮の衰えです。

目の下のたるみの原因の2つ目は、眼窩脂肪の突出です。

そして、最後、3つ目の原因が、目の下の表情筋である眼輪筋の衰えです。

さらに、目の下のたるみを促進する要素もたくさんあります。

目の下のたるみを促進する要素としては、目元の乾燥をはじめ、目を酷使したりすることや睡眠不足、光老化、誤ったクレンジングや洗顔などです。

また、たるみが原因の肌老化といえば、ほうれい線やゴルゴライン、マリオネットライン、たるみ毛穴などですが、目の下のたるみも基本的には同じです。

こうしたエイジングサインは、簡単に取ることはできません。

目の下のたるみを予防するには

目の下のたるみの予防法は、原因に対する対策と促進の要因を未然に防ぐことになります。

1)お肌の乾燥対策

保湿は、スキンケア、エイジングケアの基本で、目の下のたるみの予防のためにも大切です。つまり乾燥肌の対策が、目の下のたるみの予防につながります。

だから、まず、乾燥肌の原因をできるだけ避けるように注意しましょう。

2)目を酷使しない

目の酷使を避けることも目の下のたるみの予防になります。パソコンでの作業は、1時間に1回は休憩することを心がけましょう。

また、就寝2時間前はスマートフォンを見ないなど目を休ませ、疲れを取るようにしましょう。

3)紫外線対策でたるみ予防

紫外線は、「紫外線の量 × 紫外線を浴びる時間」で受けるダメージが決まります。冬場のUVAは夏のピーク時の1/3、冬場のUVBは夏のピーク時の1/4程度です。

だから、冬場でも長い時間(例えば、夏の3倍)外出して紫外線を浴びれば、受けるダメージは夏と同じになります。だから、冬場も紫外線対策が必要です。

また、夏だけでなく、陽射しが強い場合や外出時間が長い場合は、季節を問わず、日焼け止め、帽子、日傘などでたるみ予防の対策をしましょう。

4)正しい洗顔とクレンジング

洗顔で不要な皮脂を落とすこと、クレンジングでメイクをしっかり落とすことは、酸化を防ぐことになります。

一方、目をきつくこすったり、強い洗浄剤は、乾燥肌を助長し、目の下のたるみの原因になってしまいます。

目のまわりの擦りすぎや強い刺激もよくないので、特に意識して、やさしいクレンジング、やさしい洗顔を心掛けましょう。

また、使用するクレンジング料や、洗顔料もお肌にやさしいものを選びましょう。

5)バランスのよい日常生活でたるみ予防

質の高い睡眠やバランスのよい食生活も目の下のたるみ予防には大切です。たんぱく質やビタミン類、ミネラルを含む食品をしっかり摂りましょう。

お肌全体のたるみ予防にもつながります。

もし、食べ物だけで不足を感じるなら、サプリメントを摂ることも1つの方法です。

目の下のたるみの解消法は?

たるみが進んでしまうと、予防法だけで解消したり、大きな改善につなげることは難しくなります。そのため、改善度で考えれば、外科的な手術、美容医療、美容整形に頼ることが最も近道です。

それ以外でも、さまざまな手段を組み合わせて、目の下のたるみの改善に長期的に取り組むことが大切です。

目の下のたるみの改善・解消方法としては、ツボ押しマッサージや表情筋のエクササイズ&トレーニング、たるみ対策の美顔器などがあります。

このほか、目の下のたるみを今以上に進まないようにするためには、エイジングケア化粧品も活用しましょう。

その場合、目の下もお肌の一部ですから、たるみの予防のためのエイジングケア化粧品は、次の3つを意識して選ぶことが大切です。

 保湿

 抗酸化対策

 コラーゲンやエラスチンへのアプローチ

目の下のたるみをエイジングケア化粧品でケアするには、何といっても、しっかりと目の下の水分を保持する保湿成分を補うことがポイントです。

まとめ

目の下のたるみを改善するため、目のまわりの皮膚の特徴をはじめ、たるみの原因や予防法、効果的なエイジングケア方法などを幅広くご紹介しました。

この記事「ためしてガッテンで放送された目の下のたるみ解消法」を参考に、ご自身にあった目の下のたるみ対策を見つけ、少しでも改善していただければ幸いです。

Related Post

Finding a New DentistFinding a New Dentist

Have you been scared of the dentist? Do you see closing your visit days before, or not arriving at all? Do you are feeling dependent and uncomfortable in the cleaning

シミのない美肌のために隠れシミさえつくらない!シミのない美肌のために隠れシミさえつくらない!

隠れシミとは、まだ肌表面で目立たない、表皮の内部にとどまっている、シミの予備軍のことです。だから、シミ予防のためには、隠れシミをつくらないことが、大切です。 そこで今回は、隠れシミの対策についてご紹介します。 スキンケアやエイジングケアでの隠れシミ対策 隠れシミの原因には、加齢、紫外線ダメージ、物理的な肌へのダメージなどがあります。 そのため、スキンケアやエイジングケアでの対策として、紫外線対策、保湿、正しい洗顔を心がけましょう。 隠れシミの予防で、最も大切なことは紫外線対策です。冬でも夏の1/3〜/1/4程度の紫外線が降り注いでいるので、さまざまな手段で1年中紫外線対策をすることが大切です。 エイジングケア世代なら、肌に優しいノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。目から入った紫外線もシミの原因になるので、UVカット機能のついたサングラスなどもかけましょう。 そして、肌のターンオーバーを正常な状態にキープすることやバリア機能を整えるためにも、紫外線を浴びた日はもちろん、日々のスキンケアで保湿をしっかり行うことは大切です。セラミドやヒアルロン酸、プロテオグリカンなど、高保湿成分を配合したエイジングケア化粧品でしっかり保湿しましょう。 また、メイクや皮脂が残ったままだと、肌表面で過酸化脂質が発生し、隠れシミや肌荒れなどの原因になります。だから、適切な洗顔やクレンジングでメイク、皮脂、汚れを落として、ターンオーバーを活性化させ、隠れシミの予防をしましょう。 さらに、美白化粧品や美白化粧水などを取り入れたスキンケアも隠れシミの予防に有効です。美白化成分としては、m-トラネキサム酸、プラセンタエキス、カモミラET、ビタミンCエチルほかビタミンC誘導体、ナイアシンミド、4MSK、アルブチンなどがあります。 日焼けをしてしまったら、アフターケアで炎症を鎮めることが大切です。炎症を早く鎮めれば、メラニンの生成も少なくなるので、結果的に隠れシミの予防ができます。 抗炎症成分としては、グリチルレチン酸ステアリル、グリチルリチン酸2K、アラントインなどがあり、肝斑の内服治療に使うm-トラネキサム酸にも炎症を鎮める作用があります。さらに、ビタミンEやトコフェリルリン酸Naは、血行を促進することで、紫外線による炎症や肌荒れを改善するのを助けます。 日常生活での隠れシミ対策 隠れシミの原因には、女性ホルモンの乱れ、活性酸素が増える生活などもあります。そのため、日常生活でも隠れシミ対策を心がけることが大切です。 まず、抗酸化を意識した栄養素を摂りましょう。特に、シミの原因となる活性酸素に効果的なβカロテンやコラーゲンを増やすビタミンCを積極的に摂りましょう。 また、ターンオーバーの正常化には、亜鉛や鉄、銅などのミネラルも大切です。 さらに、コーヒーに含まれるクロロゲン酸、緑茶に含まれるカテキンといったとポリフェノールは、酸化を防ぐことで、隠れシミの予防や改善に効果が期待されます。ただし、コーヒーや緑茶はカフェインを含むので、摂りすぎは要注意です。 ほかには、女性ホルモンのバランスを整える食べ物もおすすめです。 また、コラーゲンペプチドを摂取すると隠れシミが改善したという研究結果があるので、コラーゲンペプチドを摂るのもよいでしょう。 食生活に加えて、質が高い睡眠やストレスを減らす工夫をして、アンチエイジングや健康を意識した生活習慣を心がけましょう。 まとめ シミが肌表面に目立ち始めてからでは、改善は難しくなります。そのため、目立たない段階で予防・改善することが大切なのです。 スキンケアやエイジングケアでの対策と、アンチエイジングを意識した生活習慣で、隠れシミの段階での予防・改善を心がけましょう。