肌悩みの要因が多い春におすすめのクレンジング料

肌悩みの要因が多い春におすすめのクレンジング料 post thumbnail image

春は、花粉や寒暖差など、季節的な特徴が肌に影響を与えることが多い時期です。そのため、春の季節に合わせたクレンジング料を選ぶことが大切になってきます。そこで今回は、春特有の肌悩みの原因と春におすすめのクレンジング料をご紹介します。

春の季節的な特徴と肌悩みの関係

春はスギやヒノキの花粉が飛散することで、花粉症の方は花粉皮膚炎になることがあります。

また、春一番などで埃が舞い、黄砂などがやってくるので、これらがアレルゲンになって肌荒れになったり、バリア機能が低下して乾燥肌になることもあります。

また、春は就職や異動など、環境が変わることも多くなります。

新生活でストレスが溜まると自律神経が乱れて女性ホルモンのバランスが崩れやすくなり、一時的な敏感肌であるゆらぎ肌になることもあります。

さらに、春になると紫外線量が急に増え、紫外線ダメージが、乾燥肌、シワやたるみ、ほうれい線の原因になることがあります。

ほかにも、3月や4月初旬の、日々の寒暖差の大きさに肌がついていけなくなり、油分と水分のバランスが崩れて肌荒れや乾燥肌になるリスクが高くなります。

冬の乾燥の季節の影響が春になって、肌に現れることもあります。

春におすすめのクレンジング料のタイプ

春は、ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下が起こりやすいので、摩擦を起こしにくいタイプや、刺激の少ない界面活性剤が使われているものを選ぶことがポイントです。

ジェルタイプは、なめらかなテクスチャーで、摩擦による肌の負担が少ないので、春におすすめです。

ジェルタイプには、水性と油性の2つのタイプがあり、さらに、水性タイプにはオイルインとオイルフリーの2種類があります。水性のオイルフリータイプが最も肌への負担が小さいのでおすすめです。

クリームタイプは、肌に密着しやすく洗い上がりがしっとりします。摩擦も少なく低刺激なので、春におすすめです。

ミルクタイプは刺激が小さく、しっとりした洗い上がりなので、春でも使いやすいクレンジング料です。

バームタイプは、クリームタイプとオイルタイプのメリットを活かしているので、肌への摩擦が少なく、春に向いているクレンジング料です。

ここまで紹介したクレンジング料の洗浄成分は界面活性剤です。おすすめのタイプの中でも、ラウロイルグルタミン酸Naなどの、肌に優しいアミノ酸系界面活性剤が主な洗浄成分のものを選びましょう。

オイルタイプのクレンジング料では、アルガンオイルやコメヌカオイルなど、油脂系のクレンジングオイルなら春にもおすすめです。

まとめ

ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下が起きやすい春は、肌に優しいクレンジングが大切です。

配合成分をしっかりチェックして優しいクレンジング料を選び、春の美肌のためのクレンジングを行いましょう。

Related Post

Viking Crossed AxesViking Crossed Axes

In the Viking age, the cross symbol was a sign of status. A cross-shaped axe, with a hardwood shaft and tempered steel head, was a popular weapon for hunters and