人気のプロテオグリカンってどんな成分?

人気のプロテオグリカンってどんな成分? post thumbnail image

最近、プロテオグリカン配合の化粧水や美容液をよく見かけますが、プロテオグリカンとはそもそもどんな成分なのかご存じですか?

そこで今回は、プロテオグリカンとはどんな成分なのかご紹介します。

プロテオグリカンとは?

プロテオグリカンは、1970年に多糖類であるグリコサミノグリカンの研究中に発見された、たんぱく質と糖が結合してできた成分です。

ある特定のたんぱく質に何本かの糖鎖であるグリコサミノグリカンが結合しているものの総称を「プロテオグリカン」と呼んでいます。そのため、グリコサミノグリカンを構成している糖鎖の種類によって、プロテオグリカンもいくつかのタイプに分類されます。

プロテオグリカンは、脳、皮膚、臓器などを身体全体の組織中にあり、軟骨の主成分でもあります。

真皮では、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどと一緒に、肌のハリや弾力のもとになる細胞外マトリクスを形成しています。

細胞外マトリクスは、細胞と細胞の間を埋めて皮膚の構造を支えたり、毛細血管から出た酸素や栄養素、ホルモンなどを一旦保持して、必要なものが必要な場所に移動できるようにはたらいたりしていますが、肌老化により細胞外マトリクスが衰えると、この機能も低下します。

そのため、細胞外マトリクスであるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸とともに、プロテオグリカンは、エイジングケアにとって大切なのです。

プロテオグリカンのはたらき

プロテオグリカンは、単体としても、肌のエイジングケアや身体のアンチエイジングにとって重要な役割を担っています。

まず、グリコサミノグリカンが水分を吸収することで、ヒアルロン酸と同等か、それ以上の高い保湿効果を発揮します。

また、コラーゲンとヒアルロン酸を増やすはたらきもあります。コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンは真皮にあって、肌のハリやツヤ、弾力を維持するために異なるはたらきがあるので、どれも大切な成分です。

そのため、プロテオグリカンの、コラーゲンとヒアルロン酸を増やすはたらきは、エイジングケアにとって重要です。

さらに、細胞の成長促進をつかさどる因子であるEGFの様にはたらく、EGF様作用という機能があります。EGFが20代後半から急激に減少すると、ターンオーバーが遅くなって、肌老化をもたらす一因になりますが、プロテオグリカンがEGFの様にはたらくことで、アンチエイジングの効果が期待できるのです。

ほかにも、ひざなどの関節では、軟骨にあるプロテオグリカンは、外からかかる力を緩衝するクッションとしてのはたらきや、骨と骨の間の潤滑油的なはたらきがあります。また、抗酸化作用や、体内で炎症を起こす細胞の生成を抑える炎症抑制作用があることもわかっています。

まとめ

エイジングケア化粧品成分として人気のプロテオグリカンが、肌のハリツヤ、弾力をキープするために大切な成分であることがお分かりいただけたと思います。

乾燥肌対策やエイジングケアにプロテオグリカン配合の化粧品を取り入れて、美肌づくりをしましょう。

Related Post

光老化の対策光老化の対策

光老化を予防しましょう! お肌の老化と密接に関わっている紫外線。紫外線によるお肌の老化は、「光老化」と呼ばれます。 光老化によるダメージの主な原因である紫外線A波(UVA)は、紫外線B波(UVB)と比べると、季節にも天候にもあまり左右されず、年間を通じて降り注いでいます。 また、紫外線A波は、窓ガラスを透過する力もあります。 だから、毎日、スキンケアしていても、紫外線対策を怠っていると、知らず知らずのうちにお肌の老化を進めてしまうことになってしまうのです。 そこで、この記事では、「光老化の対策」をテーマに、光老化のメカニズムや肌への影響をはじめ、予防のための対策について幅広くご紹介します。 光老化の原因とは? 紫外線を長年浴び続けることで、シミや深いシワ、たるみなどお肌の老化を引き起こします。 もちろん、たるみが原因でおこるほうれい線、たるみ毛穴、ゴルゴラインやマリオネットライン、目の下の黒くまなども紫外線による長年のダメージが原因となります。 これを「光老化」といいます。 光老化の原因になるのはUVAとUVBですが、お肌に与えるダメージはUVAとUVBで異なります。 UVAは、紫外線A波、または生活紫外線とも呼ばれます。 中でも、波長が340〜400nmの長波長のUVAはロングUVAとも呼ばれています。 皮膚が黒くなる日焼けをサンタンといいますが、これは主にUVAのしわざです。 また、地表に届く紫外線のうち大部分を占めるのがUVAです。 UVBはレジャー紫外線とも呼ばれ、日光浴でお肌が赤くなったりする日焼け(サンバーン)はUVBが原因です。 UVBは、全紫外線の約5%程度を占めます。 UVBは肌表皮に影響を与え、ターンオーバーを乱したり、バリア機能を低下させ、乾燥肌の原因になります。 光老化のお肌への影響は? このようにUVAとUVBは、その性質は違うものの、皮膚が老化する大きな原因であることには違いありません。 最近では、加齢よりも光老化のほうが、皮膚の老化の大きな要因だともいわれ、米国皮膚科学会(American Academy of Dermatology=AAD)では、老化の約80%が、加齢以外の紫外線による光老化など外部環境が影響していると発表しています。 年齢を経て老化するだけのお肌は、次の特徴があります。  皮膚が薄くなる  皮膚の色も薄くなる 一方、光老化の場合は、その逆に次の特徴があります。

私もインナードライ肌?症状や原因をチェックしよう!私もインナードライ肌?症状や原因をチェックしよう!

肌はテカテカしているのに、洗顔後ツッパリを感じる・・・など、自分はもしかしてインナードライ肌なのかも、と感じている方も多いと思います。では、インナードライ肌とは具体的にどんな肌なのでしょうか? そこで今回は、インナードライ肌の症状や原因、インナードライ肌を進行させる要因についてご紹介します。 インナードライ肌の症状 インナードライ肌とは、肌の表面は皮脂が多くテカテカして、一見、脂性肌と感じてしまうような状態ですが、肌の内側は水分不足で乾燥している状態の肌のことです。 肌のテカリが気になる、肌が乾燥している気がするのにニキビができる、皮脂が多いのに肌にツッパリを感じるといった症状が典型的なインナードライ肌の例です。 さらに、インナードライ肌はターンオーバーが乱れているため、吹き出物ができやすくなる、毛穴の黒ずみや開きが目立つ、シミが増える、肌がごわつく、肌がくすみがちでメイクのノリが悪いといった症状が出ることもあります。 インナードライ肌の原因 インナードライ肌の1番の原因は、肌の乾燥です。肌が乾燥する要因には、加齢、乱れた食生活、病気、間違った洗顔、刺激の強いクレンジング料の使用、誤った化粧品の使い方、不十分な紫外線ケアなどがあります。 今挙げたような何らかの原因で肌が乾燥すると、保湿がうまくいかず乾燥が進みます。そうすると、バリア機能も低下するので、さらに乾燥が進みます。 そして、肌が危険を察知し、これ以上水分が蒸発してはいけないと感じて、肌表面で蒸発を防ぐために、皮脂が過剰にできます。 このとき、肌の中ではバリア機能の低下により、天然保湿因子やセラミドなどが減っています。また、ターンオーバーが加速して、未成熟な角質がどんどん表皮の上まで上がってきているのです。これが、インナードライ肌が進行するプロセスです。 そのため、インナードライ肌を改善するためには、プロセスの最初の段階で、ひどくなる前に対策を実施することが大切なのです。 インナードライ肌を進行させるスキンケア インナードライ肌は脂性肌とは違い、肌の内側は乾燥しているので、脂性肌のためのスキンケアや無理に皮脂を取るためのスキンケアをしてはいけません。 なぜなら、この状態で無理に皮脂を落としても、また、皮脂を分泌するように肌が作用すると同時に、乾燥がさらに進んでしまい、ターンオーバーも乱れることになり、その結果、改善するどころか、肌が刺激に弱い「敏感肌」になってしまうこともあるからです。 やってはいけないスキンケアは、まず、あぶら紙やティッシュなどで過剰に皮脂を拭き取ってしまうことです。 これは、肌からの水分の蒸発を促進するので逆効果です。 そして、強いクレンジング料の使用もやめましょう。肌に負担が少ない、クリームタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプや、アミノ酸系界面活性剤のクレンジングジェルがおすすめです。 同じように、刺激の強い洗顔料の使用もやめましょう。擦りすぎや回数の多い洗顔もやってはいけません。ダブル洗顔や酵素洗顔も避けましょう。 さらに、皮脂の分泌を抑える成分が入っている収れん化粧水、汚れや皮脂を洗浄するためのふき取り化粧水、アルコール配合の化粧水の使用は避けましょう。 スキンケアは保湿化粧水だけでなく、保湿力の高い美容液や保湿クリームも使いましょう。しかし、過度な美容オイルや油溶性成分の使用は、大人ニキビや肌荒れの原因になってしまうので注意しましょう。 まとめ 肌の悩みとしてよく聞くようになった、インナードライ肌の症状や原因についてご紹介しました。 インナードライ肌は、見た目はテカテカしていますが、その本質は乾燥肌であることがお分かりいただけたと思います。 そのため、インナードライ肌の改善には、乾燥肌のための対策、つまり保湿を行うことが大切なのです。

ビタミンC誘導体美容液の美肌効果と選び方のポイントビタミンC誘導体美容液の美肌効果と選び方のポイント

ビタミンC誘導体美容液を上手に選ぼう! ビタミンC誘導体配合の美容液は、人気の高いエイジングケア化粧品です。 ビタミンCは、「美肌のビタミン」とも呼ばれ、エイジングケアにとってウレシイ効果が期待できる成分。 だから、ビタミンC誘導体は美容液だけではなくエイジングケア化粧水やさまざまなエイジングケア化粧品に配合されています。 また、最近ではさまざまなビタミンC誘導体が開発されていて種類も増えています。 そんな中で、ビタミンC誘導体美容液といっても多種多様で、選ぶのが大変になってきているのです。 そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「ビタミンC誘導体美容液のランキングに頼らない選び方」の記事を参考に、ビタミンC誘導体美容液の選び方や使い方をご紹介します。 ビタミンC誘導体の成分特徴や種類について理解を深め、ランキングに頼らない上手な選び方のポイントを身につけましょう。 ビタミンCとビタミンC誘導体のおさらい まず、ビタミンCとビタミンC誘導体の特徴についておさらいしておきましょう。 ビタミンCは、抗酸化作用があり、コラーゲンの生成のサポート、活性酸素の除去、チロシナーゼ阻害や還元作用による美白作用など、エイジングケアやアンチエイジングにとって、次のような幅広いはたらきがあります。 一方、ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを化粧品に配合するのにふさわしい形になるよう、化学的に少し加工したものです。 ビタミンCは、「還元作用」があり酸化されやすく、安定性が低いため、お肌に浸透されない段階ですぐに酸化して壊れてしまいます。 そのため、ビタミンCをビタミンC誘導体にすることで、皮膚の中にも誘導体のままで浸透して、体内に入ると酵素によってビタミンCに戻り、次のような効果が期待できます。  美白効果によるシミやくすみの改善  抗炎症作用によるニキビの予防・改善効果、ニキビ跡ケア効果  皮脂のコントロールによる毛穴の引き締め・詰まりの改善  抗酸化作用によるお肌の紫外線ダメージなどのケア  血行促進によってお肌のターンオーバーを正常にする効果  肌のコラーゲンを増やす作用による小じわの改善 また、ビタミンC誘導体には、水溶性ビタミンC誘導体、油溶性ビタミンC誘導体、両親媒性ビタミンC誘導体があります。 ビタミンC誘導体美容液って? 美容液には大きく、3つの種類があります。 