メンズにおすすめの化粧水は?

メンズにおすすめの化粧水は? post thumbnail image

最近では、多くの男性がスキンケアやエイジングケアを意識しており、化粧水を使っている方も増えてきています。

そこで今回は、メンズ化粧水のおすすめの配合成分とメンズにおすすめの化粧水をご紹介します。口コミやランキングだけに頼るのではなく、自分に合った化粧水を選びましょう。

メンズ化粧水のおすすめの配合成分

メンズであっても肌悩みや肌質、年齢や肌老化の状態を考えて化粧水を選ぶことが大切です。

乾燥肌対策におすすめの保湿成分は、セラミドです。セラミドは油溶性の成分のため、化粧水にはあまり高濃度で配合されることはありませんが、ユズセラミドやグルコシルセラミドは水溶性なので化粧水とも相性のよい成分です。

それ以外のおすすめの保湿成分は、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどです。

皮脂対策におすすめのエイジングケア化粧品成分は、ビタミンC誘導体です。皮脂の分泌をコントロールし、抗酸化やコラーゲンの生成を促すなど、さまざまな作用を持っています。

ビタミンC誘導体の中で、最近、注目されているのが両親媒性ビタミンC誘導体APPSです。従来のビタミンC誘導体よりも浸透力が増し、エイジングケアへの効果が高まっています。

さらに、セラミドを増やす3-ラウリルグリセリルアスコルビンもおすすめです。この成分は敏感肌でも使えます。ただし、ビタミンC誘導体は刺激があるので、敏感肌や乾燥がきつい場合は避けたほうがよいでしょう。

メンズのエイジングケアにおすすめの成分は、水溶性のアミノ酸誘導体のナールスゲンです。コラーゲン、エラスチン、HSP47の生成をサポートするエイジングケア化粧品成分です。

さらに、表皮の角質層で抗酸化成分グルタチオンを増やすはたらき、紫外線によるダメージから線維芽細胞を守り光老化を抑制するはたらき、シミを防ぐヒートショックプロテイン70やヒアルロン酸の産生を増やすはたらきもあります。

刺激性もなく、化粧水となじみがよいのも特徴です。ほかにも、化粧水と相性のよいエイジングケア化粧品成分には、ナイアシンアミド、フラーレン、アスタキサンチン、プラセンタエキス、ビタミンE誘導体などがあります。

メンズにおすすめのエイジングケア化粧水

エイジングケアを考えるメンズ向けの化粧水を選ぶポイントは、エイジングケアに有用な成分が含まれていること、水分を保持することができる保湿成分が含まれていること、刺激の強い成分や余計な成分が極力含まれていないこと、乾燥肌をはじめとするさまざまな肌悩みや肌老化に使いやすいことです。

そこで、おすすめの化粧水が、「ナールスピュア」です。メンズ化粧水ではなくエイジングケアを考える方なら、どなたでも使っていただける化粧水タイプのローションです。

ナールスゲン、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体、プロテオグリカンを配合し、アルコールフリー、界面活性剤完全フリーで、香料・着色料・鉱物油などエイジングケアに不要な成分は配合していません。

さらに、両親媒性ビタミンC誘導体の3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸、ナイアシンアミド、PCA-Naを新たに配合しました。乾燥肌だけではく、しわやほうれい線、たるみ毛穴などエイジングサインの予防対策にピッタリなエイジングケアローションです。

まとめ

メンズの化粧水選びにおすすめの成分やおすすめの化粧水をご紹介しましたが、化粧水を選ぶにはまず、肌についての知識と化粧水の知識を身につけることが大切です。

男性でもスキンケアやエイジングケアを意識するのが当たり前の時代だからこそ、自分に合った化粧水をきちんと選んで、健やかな肌を保ちましょう。

Related Post

エイジングケアを始めるのは今!エイジングケアを始めるのは今!

多くの場合、30代前後から、たるみ、ほうれい線、毛穴、しみ、しわなどのエイジングサインが気になってきます。 では、このようなエイジングサインが気になってからエイジングケアを始めればよいのでしょうか? また、肌老化が進行してからエイジングケアをしても意味がないのでしょうか?そこで今回は、エイジングケアを始めるタイミングについてご紹介します。 エイジングケアを始めるタイミング エイジングサインの前兆は、自分で気付く前から始まっています。 日々の生活習慣や誤ったスキンケアが原因で、知らず知らずのうちに、エイジングを進行させてしまっているケースがあるのです。 肌の内部では、エイジングサインが目に見える前から老化が始まり、肌のハリやツヤ、キメや透明感をキープするために必要な成分が減り始めています。 25歳になるとセラミド、コラーゲン、エラスチンなどが少しずつ減りはじめ、30歳ではコラーゲン、エラスチンの減少は顕著になり、肌の水分量や皮脂量も減ってきます。 だから、一般的な目安としては、30歳前後でエイジングケアを始めるのがよいのではないでしょうか。 一方、すでにしわやしみが目立ってしまってからでも、エイジングケアを始めるのに遅いことはありません。 なぜなら、肌の老化を遅らせたり、エイジングサインを目立たないようにしたりすることは可能だからです。 エイジングケアのポイントは、年齢に関係なく、正しい生活習慣や正しいスキンケアを実践し続けることです。 したがって、エイジングケアを始める時期は、自分がそれを意識した瞬間なのです。 エイジングケア化粧品を使うメリット 肌の老化の状況は人それぞれなので、エイジングケア化粧品を使い始める年齢に決まりはありません。 また、洗顔、紫外線対策、保湿が十分で、肌が健やかな状態をキープできていても、エイジングケア化粧品を使う意義はあります。 1つには、エイジングサインが目立つ前からエイジングケア化粧品を使うことで、よりエイジングケアを意識することができるから。 もう1つは、エイジングケア化粧品には、機能性の高い成分が配合されるケースが多く、それが肌悩みの予防や改善に期待できるからです。 エイジングケア化粧品は、ターンオーバーの正常化に役立つ、バリア機能の維持に役立つ、抗酸化に役立つ、コラーゲンやエラスチンなどのサポートに役立つ、刺激が少ないということを意識して選ぶのがポイントです。 これらの効果が期待できるおすすめのエイジングケア化粧品成分は、ナールスゲン、ビタミンC誘導体、プロテオグリカン、ヒト型セラミド、ヒアルロン酸、シアバター、スクワランです。 まとめ エイジングケアを始めるタイミングは「今」です。 おすすめの成分が配合された化粧品でエイジングケアするだけでなく、スキンケアの基本である、清潔・保湿・紫外線対策や、美肌のための食生活など正しい生活習慣も心がけて、いつまでも健やかで美しい肌をキープしましょう。

おすすめのクレンジングジェルって?種類や選ぶポイントは?おすすめのクレンジングジェルって?種類や選ぶポイントは?

みなさまはどんなクレンジングを使っていますか? いまは様々な種類のクレンジング料が発売されていますが、オイルに次いで人気が高いのがジェルタイプ。 よくお肌が弱い友人からおすすめのクレンジングジェルって?どんなものがいいの?」という質問を受けることがあります。 そこで、クレンジングジェルの種類や、お肌が敏感な方がクレンジングジェルを選ぶ際のポイントについて分かりやすくお伝えします。 クレンジングジェルの種類は主に3つ ひとくちにクレンジングジェルといっても、種類があることをご存知でしょうか? まずは、クレンジングジェルの3つの種類について、それぞれ特徴をご紹介します。 1.油性クレンジングジェル 油性クレンジングジェルは、主成分のオイルをジェル状にしたクレンジング料です。 界面活性剤の配合比率が少ないのが特徴です。 オイルが入っているので、洗浄力は比較的高めで、ウォータープルーフのメイクが落ちるのがメリット。テクスチャーは硬めです。 油性タイプのクレンジングジェルは、脱脂力が強めなので、お肌が乾燥しやすい方や、敏感肌の方は注意が必要です。 2.オイルイン水性クレンジングジェル オイルイン水性クレンジングジェルは、界面活性剤に加えて、油分も少量含まれています。 オイルフリータイプよりも洗浄力は強めです。 また、伸びがよいこともメリットです。 洗い上がりはさっぱりで、ベタつき感は気にならないと思います。 少量の油分が加わっていることで、洗浄力と洗い上がりのよさのバランスがよくなっているといえます。 界面活性剤のタイプによっては、お肌への刺激が強くなることもありますので、成分をチェックして選びましょう。 3.オイルフリー水性クレンジングジェル オイルフリー水性クレンジングジェルは、その名のとおりオイルが入っていません。 洗い上がりがさっぱりとしており、ナチュラルメイクの方に適しています。 油分が入っていないので界面活性剤でメイクを落とします。 そのため、メイクの落ち具合や肌への優しさは界面活性剤の種類に大きく左右されます。 ただ、使用されている界面活性剤は低刺激なものが使われているケースが多いので、洗浄力は低めですが、お肌への負担は少ないものが多いです。 ただし、メイクが濃い方では落としきれない場合があります。 エイジングケア世代なら水性クレンジングジェルがおすすめ 年齢を重ねると、だれしもお肌が乾燥に傾き、敏感になっていきます。 お肌の乾燥や刺激が気になる方の場合、クレンジング選びは注意が必要です。 クレンジングジェルの3つのタイプの中では、基本は水性クレンジングジェルがおすすめですが、他のタイプでも、優しいタイプの界面活性剤を配合していて、かつ、お肌の刺激になる成分が配合されていないか、少ないものを選ぶのがポイントになります。